効率的に学習するテクニック

最強の暗記ノートの作り方 暗記用ノートはルーズリーフにまとめるのがおすすめ

 

暗記効率を上げる暗記ノートの作り方さえマスターすれば、あなたの勉強スピードは一気に加速します。なぜなら、暗記ノートは覚えるべきことが全て詰まっているノートだから。

少しでも多くの情報をインプットして、効率よく暗記する力があれば、他の勉強に費やす時間を多く確保することができますよね?

 

試験というのは、暗記した情報をどれだけ効率よく思い出し、アウトプットできるかがポイント。アウトプットができなければ、試験には合格できません。

暗記した情報をスムーズにアウトプットするにはコツがあり、この力はトレーニングすることで鍛えることができます。暗記に多くの時間を使っていてはもったいない!

 

暗記する技術を身につけると同時に、暗記効率を上げるアイテムを有効活用するのも、試験に勝つための絶対条件。いいものは全て取り入れ、暗記以外の勉強に全力投球できる体制を整えましょう。

さて、今回の記事で取り上げる暗記ノートは、その名の通り効率よく暗記するためのノートですが、ノートの作り方にもちょっとしたテクニックが必要です。

 

それでは、暗記効率を上げる最強の暗記ノートの作り方をご紹介していきましょう。

暗記ノートとは?なぜ暗記ノートが必要?

 

作り方をお伝えする前に、暗記ノートとは何なのかをお伝えしておきましょう。
結論から言ってしまうと、暗記ノートとは、

短時間で暗記効率を上げることのできる最強のノートのこと

 

目的によってノートの作り方は異なりますが、暗記ノートに関しては、作る目的はただ一つ。それは、効率よく暗記できるノートにすることです。

暗記ノートの作り方の一番のポイントは、何冊もノートを作らず、暗記したいことだけを書いた1冊のノートを作ること。これが、あなたの暗記力を高める最強の暗記ノートとなるのです。

 

1冊のノートに全てが詰まっていれば、持ち歩く時にも少ない荷物で済み、覚えるべきことのみが書かれているので、移動時間などを利用して復習する時などには大活躍!

参考書にはたくさんの情報が詰まっており、一言一句全て覚えようする人も多いと思いますが、丸暗記をしたとしても、暗記した内容全てが試験に出るわけではありません。

 

暗記ノートに暗記したいことだけを書いておけば、余計な情報を除き、効率よく暗記ができるので、最強のノートということができるでしょう。

また、赤や緑の暗記シートを使って暗記ができるように、ノートを作る時には、必要に応じてペンの色を変え、色分けしておくことをお勧めします。

 

では、具体的にどのように暗記ノートを作っていくのか、その作り方をご紹介していきましょう。

暗記ノートを作る時は、きれいに書くことをやめる

 

1つ目の暗記ノートの作り方のポイントは、ノートをきれいに書くことをやめること。授業中、先生が黒板に書いたことを丁寧にノートに書き写した経験はありませんか?

書いてあることをそのままノートに写すと、先生の話よりもノートにまとめることに集中してしまい、先生が大事なことを言っていても聞き逃している可能性があります。

 

ノートに書く前に、まず先生の話をしっかり聞くことが重要。その中で、これは絶対に暗記しておかなければならないということだけをノートに書いておくといいでしょう。

大事なことと分かればいいので、きれいにまとめる必要はありません。誰かに見せてと言われた時に汚いノートだと恥ずかしいから・・・なんて思わなくていいんです。

 

あなたが書いたノートは、あなたの暗記を手助けするものなので、あなたが読める字でまとまっていれば何の問題もありません。

ノートがきれいだからと言って、暗記しやすいノートとは限らないので、ノートをとる意味をしっかり理解しておきましょう。

暗記ノートには、間違えたことを書くページを作る

 

2つ目の暗記ノートの作り方のポイントは、間違えたところだけを書くページを作るということ。間違えた情報は、次にまた間違えないようにしっかり覚えておく必要があります。

既に理解できていることは、時間をかけて復習する必要はありませんよね?自分が間違ったところのみがノートにまとまっていれば、効率よく復習することができるでしょう。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

集中力が続かない人に朗報!

 

覚えなければならないことがたくさんあるのに、集中力が続かないのは致命的な問題ですよね。

言うまでもなく、試験までの時間をどう使うか、どれだけ勉強したことを記憶に残せるかによって、あなたの将来は決まってしまうわけです。

 

でも、そんな当たり前のことはわかっているけれど、なかなか集中できないという悩みを抱えてはいませんか?

 

効率よく知識を頭に入れる勉強をするための条件とは、

✅ ストレスなく
✅ 認知能力を高め
✅ 注意力を活性化させて
✅ 作業効率を上げること

 

この4つのポイントを押さえることが、必要不可欠なんですよね。そして、限りある時間を有効活用するには、集中力を高めて時間で力をつけること。

 

集中力を高めるための研究は世界各地で行われているのですが、ドイツの研究チームが「注意力と記憶力」に着目した成分の抽出に成功し、この度「アドラーフォー」というサプリメントとなって、日本に初上陸しました。

 

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

 

植物由来の成分から作られたサプリメントなので、副作用の心配もありません。今なら15日間1980円でお試しができて、定期購入の回数制限もないので、集中力を高めて勉強のパフォーマンスを上げたいなら、試してみる価値は十分ありそうです。

 

メディアからも注目されているアドラーフォーを、是非一度体感してみてください。

 

→【お試し価格1980円】高次元集中力が手に入る「アドラーフォー」の公式サイトはこちらをクリック

 

暗記ノートのまとめ方

 

暗記ノートを作る時には、ルーズリーフに書くのがおすすめです。というのも、ルーズリーフに書いておけばノートの順番を入れ替えることが可能であるため、学習状況に応じてノートを整理しやすいから。

また、小さい文字で書くと読みづらいため、ノートに書く文字はできるだけ大きい文字で書くのがいいでしょう。大きい文字は印象にも残りやすいので、どこに書いてあったか思い出す時に役に立ちます。

 

覚えるべき難しい図や表がある時は、書き写すために時間を使わずに、コピーをしてノートに貼ることがポイント。

わざわざ時間をかけて書き写す必要はありません。参考書等に資料がまとまっているようなら、迷わずコピーをとってノートに貼っておきましょう。

 

「時間をかけて勉強しても、全然頭に入ってこないし覚えられられない・・・。」

「こんなに詰め込んで勉強しても、試験本番で思い出せるか不安だ・・・。」

同じように勉強していても、記憶力にも理解力にも差が出るのは、やはり頭の良さが関係しているのでしょうか。

 

実はまだあまり知られていませんが、

特別な才能がなくても、記憶と理解のスピードが驚くほど早くなる頭の良くなる勉強法」があるんです。

 

たくさんの知識を短時間で脳にインプットして、忘れない覚え方。

それが、速読」

 

速読は、今注目の勉強法なのです。

 

多くの人が勘違いしてるのは、速読とは早く読むだけの技術と思っていること。

 

こちらでご紹介されている速読法は、頭の中で情報を整理しながら早く読むテクニックが鍛えられるため、脳が情報をぐんぐん吸収。

さらに、早く読めるだけでなく、理解しながら読めて忘れない速読法は、今、最も画期的な勉強法として注目されているのです。

 

 

大学受験や難関と言われる法律系の資格試験だけでなく、TOEICなどの英語の試験にも応用できるこの速読法は、あなたの勉強のスピードを一気に加速させるもの。

具体的なノウハウが詰まったこちらの教材で、他の速読教材にはない「試験向け」の速読力を手に入れることが可能です。

 

数多くの資格を保有する名門学習塾指導者秘伝の、早く正確に覚えられて忘れない速読勉強法を、今すぐこちらからご確認ください。今なら試験に役立つ豪華特典が付いてきます。

>>ライバルに差をつける!】注試験向け速読勉強法は、こちらをクリックして今すぐ確認!

 

 

暗記ノートを作り終えたらやるべきこと

 

暗記効率を上げることができる暗記ノートの作り方のポイントをお伝えしてきましたが、作り方が分かったら時間をかけず、一気に作ってしまいましょう。

というのも、暗記ノートを作ることは、勉強のスタート地点に立っただけのことだから。

 

限られた時間をどう使うかが、勝負の決め手!あなたが次にやるべきこと。それは、

速読力をつけること。

 

「ん?早く読めるようになれば勉強ができるようになるって、ちょっと違うんじゃないの?」

こう思う人がほとんどなのではないでしょうか。

 

実はあまり知られていませんが、本当の速読力とは、早く読めるようになるだけではなく、早く読むのと同時に、1回で理解する力のことを言うんです。

確かに、難しい文章を覚えるときには、丸暗記ではなく内容を理解しながら読もうとするので、時間がかかってしまいますよね。

 

でも、理解しながら読むことができたらどうでしょうか。習時間を大幅に短縮できて、他の科目に充てられる勉強時間が増えますよね?

試験直前になって範囲が終わっていないという状況を避けられるばかりか、繰り返し勉強できる時間が増えて、内容を完璧に頭に入れることができるようになるのです。

 

読み方を少し変えるだけの速読は、きっとあなたの武器となることでしょう。具体的な速読のやり方については、こちらからチェックしてみてくださいね。
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

まとめ



























暗記ノートの作り方のポイント

・暗記ノートの作り方のポイントその1 暗記することだけを1冊のノートにまとめる      ・暗記ノートの作り方のポイントその2 きれいに書くことをやめる ・暗記ノートの作り方のポイントその3 間違えたところをまとめるページを作る

 

いかがでしたか?

暗記ノートを作っただけで満足してはいけません。暗記しやすいノートを作ったら、何度も見たり読んだりすることを繰り返し、インプットした情報を定着させることがポイントです。

自分だけの最強の暗記ノートを作って、暗記のスピードを上げていきましょう!

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です