効率的に学習するテクニック

一回見ただけで覚える瞬間記憶の方法 完全記憶を習得する記憶術

 

一回見ただけで覚えることができたら、勉強もはかどりますよね。瞬間的な暗記が得意な人は、やはり学習能力も高いと思わざるを得ません。

ところで、シャーロック・ホームズをご存知ですか?一回見ただけで細部まで覚えることができる彼の記憶力は、本を読んだことがある人ならだれでも圧倒されたのではないでしょうか。

 

瞬間的に記憶する能力を持つ彼の名言に、こんな言葉があります。

君はただ眼で見るだけで、観察ということをしない。見るのと観察するのとでは大違いなんだ。
『ボヘミアの醜聞』(1891年)より

 

シャーロック・ホームズのように、一回見ただけで瞬間的に記憶する能力を持つ人は、カメラアイと言われ、見ただけで対象を画像としてとらえ、覚えることのできる能力を持っています。

しかし、見ただけで覚えられるカメラアイ先天的なものであり、残念ながら後からカメラアイの能力を習得することはできないとのこと。本当にそうでしょうか。

 

実際のところ、シャーロック・ホームズが先天的なカメラアイの能力を持っていたかどうかは定かではありませんが、一回見ただけで覚える能力を持つ彼の言葉なら、この言葉の中に瞬間的に記憶するヒントが隠されているかもしれません。

また、12年分の教育をたった5分で習得することができるという、天才的な記憶力を持つイドリズ・ズガイ氏は、トレーニングすることで記憶力を伸ばすことができると言っています。

 

12年分を5分で覚えるなんて、確実に一回見ただけで覚えていそうですよね?しかも、トレーニングすることで彼のように記憶力を伸ばすことができるのであれば、やらない手はありません。

今回は、この天才的な記憶力を持つ二人から、一回見ただけで覚えられる方法である、瞬間的な記憶術を習得していきましょう。

イドリズ・ズガイ氏の、見ただけで楽しく覚える方法

 

 

 

 

 

 

 

イドリズ・ズガイ氏は記憶アスリートとして、世界記憶力大会で活躍する暗記のプロです。

ズガイ氏の提唱する覚え方のトレーニング方法は実にユニークなので、瞬間的に覚える事を意識しなくてもイメージ力を働かせながら楽しく覚えることができるでしょう。

記憶するために脳を楽しませ、見たものを瞬間的にアニメ化する

 

 

 

 

 

 

画像参照元:https://logmi.jp/14618

結論から言うと、ズガイ氏の提唱する記憶術は、

「脳を楽しませて覚える」

という方法。

 

例えば何の共通点もない2つの絵の組み合わせを覚える時、ズガイ氏は、すべての視覚や触覚などの感覚を使い、楽しく、色鮮やかな3Dアニメーションを作るのだそうです。そして自分でストーリーを考え、想像力を使って絵を動かす。おもしろいですね。

上の段の絵を私なりに覚えてみると、「誰かがドアからカタツムリを投げた~!」と、「フラミンゴがすまし顔でレンガの壁をチラ見して歩いて行った」といった感じでしょうか。

 

下の段も同じように、象は重い、キリンの首からスキーでジャンプ、へびはおひさまが大好き・・・と言ったように楽しく覚える事がポイントとのこと。

組み合わせが欠けているものは、どんな覚え方をしたかを思い出せばわかりますよね。そしてこれらのイメージを膨らませる時に、私たちは集中して脳にこれは覚えるべきことだと命令しただけ。

これは絵の組み合わせを見ただけで覚える例ですが、、数式や英単語等が書かれた絵を準備すれば、イメージ力を使って簡単楽しくに覚える事ができるはず。

 

脳が楽しいと感じる状態で覚えるべき情報を集めれば、努力しなくても勝手に記憶されていきます。これを応用すれば、五感を使ってイメージ力を働かせてストーリーを作り、見ただけ、聞いただけ、触っただけで、瞬間的に記憶することができるでしょう。

 

参考:英単語を確実に暗記できる時間帯 勉強に集中できる時間帯を教えよう

シャーロック・ホームズのように見ただけ覚える秘策

名言からも読み取れる通り、シャーロック・ホームズの記憶力に長けていたのは、ただ見るのではなく、優れた観察力があったからではないでしょうか。

瞬間的に見たものから、いかに多くの情報を得ることができるのかを考えることそして何としても覚えるという感情が情報とつながり、見ただけで覚えるという能力が身につくと言えるでしょう。

絶対覚えるという意思と集中力が、瞬間的に覚えるコツ

シャーロック・ホームズ的思考で瞬間記憶を習得するには、

「ただ見るのではなく観察する」

と意識すること。

 

絶対に覚えるんだという意思を持って覚えようとしなければ、脳は情報を記憶してくれいません。なぜなら、見ただけの情報は映像に過ぎず、目的意識をもって見なければ記憶には残らないから。

なぜシャーロックホームズが優れた探偵だったのか。それは、なんとしても事件を解決するという強い意志を持ち、些細なことでも注意深く観察したことで、見ただけで覚えられる記憶力を身につけたから言っていいでしょう。

一回見ただけの記憶を、何度も思い出して覚える

一回見ただけで覚えるコツをお伝えしてきましたが、それは短期的な記憶でしかないということも忘れてはいけません。というのも、簡単に覚えられたという満足感から、脳に定着せず忘れてしまうこともあるから。

 

暗記のプロであるズガイ氏でさえ、覚えるためのトレーニングをしています。

関連付けて覚えた記憶は脳内に残りやすいので、覚えたことを脳が完全に忘れてしまう前に、どのような方法で覚えたのかを思い出し、長期的な記憶にするトレーニングをすれば、短期記憶を長期記憶へと変えていくことができるでしょう。

「時間をかけて勉強しても、全然頭に入ってこないし覚えられられない・・・。」

「こんなに詰め込んで勉強しても、試験本番で思い出せるか不安だ・・・。」

同じように勉強していても、記憶力にも理解力にも差が出るのは、やはり頭の良さが関係しているのでしょうか。

 

実はまだあまり知られていませんが、

特別な才能がなくても、記憶と理解のスピードが驚くほど早くなる頭の良くなる勉強法」があるんです。

 

たくさんの知識を短時間で脳にインプットして、忘れない覚え方。

それが、速読」

 

速読は、今注目の勉強法なのです。

 

多くの人が勘違いしてるのは、速読とは早く読むだけの技術と思っていること。

 

こちらでご紹介されている速読法は、頭の中で情報を整理しながら早く読むテクニックが鍛えられるため、脳が情報をぐんぐん吸収。

さらに、早く読めるだけでなく、理解しながら読めて忘れない速読法は、今、最も画期的な勉強法として注目されているのです。

 

 

大学受験や難関と言われる法律系の資格試験だけでなく、TOEICなどの英語の試験にも応用できるこの速読法は、あなたの勉強のスピードを一気に加速させるもの。

具体的なノウハウが詰まったこちらの教材で、他の速読教材にはない「試験向け」の速読力を手に入れることが可能です。

 

数多くの資格を保有する名門学習塾指導者秘伝の、早く正確に覚えられて忘れない速読勉強法を、今すぐこちらからご確認ください。今なら試験に役立つ豪華特典が付いてきます。

>>ライバルに差をつける!】注試験向け速読勉強法は、こちらをクリックして今すぐ確認!

 

一回見ただけの記憶を確実に思い出す勉強法

 

一回見ただけの記憶を長期間維持するには、やはりトレーニングすることが第一。しかし、覚えるためのトレーニングに時間をかけていては、試験範囲の勉強を全て終わらせることはできません。

では、どうすればいいのか。スムーズに勉強が進むのか・・・。

 

結論から言ってしまうと、

速読力を身につけることができれば、勉強のスピードを一気に加速させ、早く正確に覚えることが可能になるのです。

 

速読は早く読むだけの力と思われがちですが、実は、早く読む力と早く理解する力の両方を同時に身につけることができるのが速読力なのです。

早く読めて理解力も高めることができるなんて、最高の勉強法ですよね!勉強時間の確保にも大いに役立つスキルである速読は、関試験に一発で合格している人たちが実践している勉強法だったのです。

 

詳しい方法については、こちらを確認してみてくださいね。
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

まとめ



























見ただけで覚える瞬間記憶の方法

・見ただけで覚えるコツその1 イメージ力を使って楽しく覚える ・見ただけで覚えるコツその2 目的意識を持って対象をよく観察する ・見ただけで覚えるコツその3 何度も繰り返しトレーニングする

 

いかがでしたか。

イメージ力を働かせるトレーニングをしながら、何としても覚えるんだという意識を持ち続け、見ただけで覚える記憶術を楽しく身につけていきましょう!

 

参考:忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です