効率的に学習するテクニック

文章が記憶できない人のための暗記方法 大量の情報を記憶するコツはこれだ!

 

長文を覚えなければ答えられない試験科目がある人は、文章が記憶できないと問題を解くことができません。

専門分野の試験となると、覚えなくてはいけない文章も難しい文章が多く、覚える以前に内容を理解するのも苦労しているのではないでしょうか。

 

しかし、一つ確実に言えるのは、覚えるコツさえつかんでしまえば、長い文章もしっかり記憶に残す力を身につけることができるのです。

勉強に苦手意識があっては、脳もやる気を出して覚えようとしてくれません。試験に合格した後の自分の姿を思い浮かべ、「自分なら絶対できる」という意識を持ってトレーニングを積んでいけば、文章を記憶する力もつけることができるのです。

今回の記事では、文章が記憶できない人のために、大量の情報を暗記するコツについてご紹介していきましょう。

文章が記憶できない人がやりがちな勉強とは?

 

文書が記憶できない人がやりがちな勉強は、覚えられないからと言って、長い時間をかけてずっと覚えようとしてしまう勉強。

確かに、覚えられないから時間がかかってしまうのですが、ただがむしゃらに覚えようとしても覚えることはできません。

 

結論から言ってしまうと、効率よく文章を暗記するためのコツは、ポイントを絞って覚える訓練をすること。

 

長い文章を覚えるときにそのまま覚えようとしても、時間ばかりかかってしまって全体を完璧に覚えることはできません。

まずは覚えるポイントを絞り、文章をいくつかのパーツに分けて覚えるようにするといいでしょう。大切なことは、いきなり文章として覚えようとしないこと。

 

文章の中には重要なキーワードが出てくるはずなので、文章を覚える前の下準備として、どんな意味なのか理解していないキーワードは、先にその意味を調べておきましょう。

というのも、キーワードの意味が分からなければ、どんな内容の文章なのかを理解するのに時間がかかってしまうから。

 

キーワードの意味は、一度調べてどんなものか分かれば、何度も見る必要はありません。あとは文章と一緒に覚えればいいので、分からないキーワードは分からないままにせずに、しっかり意味を調べる習慣をつけましょう。

文章を図式化すると記憶に残りやすい

 

文章が覚えられないなら、その文章を分解して考えると記憶に残りやすくなります。というのも、脳は文章をそのまま覚えるよりも、視覚から得た情報の方が記憶しやすいから。

覚えることは、できるだけシンプルな形にした方が記憶に残りやすいのです。文章から重要なキーワードを抜き出して図や表にして覚えると、情報が整理されて効率よく記憶することができます。

 

また、その図や表を見ながらどんな文章だったのかを思い出すと、文章の内容もしっかり頭の中に入れることができるでしょう。

さらに、脳に刺激を与えて覚える方法を実践するのも効果的。える文章を替え歌にして覚えれば、記憶に残しやすくなるでしょう。

 

歌にまでしなくても、文章を声に出して読んでいると、耳から文章を覚えることが可能です。ポイントは、棒読みで読むのではなく、重要なところは声のトーンを変えたり、声の大きさを変えたりして脳を刺激すること。

 

脳が重要な情報と判断すると、記憶に残りやすいので、脳を刺激することを意識した覚え方を試すのはおすすめの方法。いろんなやり方を試してみるといいでしょう。

参考:1日で覚える方法 テスト直前!一夜漬けでも確実に暗記する方法を教えよう

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

 

アウトプット不足が文章を記憶できない理由

 

文章が記憶できない人は、アウトプットの回数が足りていないかもしれません。というのも、脳に必要な情報と判断してもらうには、何度も繰り返して脳に情報を認識させることが必要だから。

インプットした情報は、何もしなければ時間の経過とともに忘れてしまうもの。エビングハウスの忘却曲線からもわかるとおり、人間は忘れていく生き物なので、長く記憶しておくためには脳に必要な情報と判断させる必要があるのです。

 

脳に必要な情報と判断させる効果的な方法が、アウトプットすること。アウトプットするということは、インプットした情報を思い出す作業なので、アウトプットの回数=思い出した回数になり、回数が多いほど情報が記憶に定着しやすくなるのです。

おすすめのアウトプットの方法は、誰かに説明すること。文章を丸暗記する必要がなければ、自分の言葉で置き換えて説明できるようになるのが理想的なアウトプットの仕方。

 

アウトプットすることで、自分の理解力も確かめることができるので、自分の言葉で声に出して確認する時間を作ると、効率よく文章を記憶に残すことができるのです。

説明する人がいなければ、ブツブツつぶやくだけでも効果を実感できるので、1回でも多くアウトプットすることを心がけましょう。

 

この方法を繰り返しトレーニングしていけば、大量の情報であってもしっかり記憶に残すことができるようになるのです。

参考:記憶の定着にはアウトプットが重要 暗記効率を上げる勉強法はこれだ!

まとめ


























文章を記憶するために必要なこと

・文章が記憶できない人がやるべきことその1 一気に覚えようとしない ・文章が記憶できない人がやるべきことその2 始めにキーワードの意味を調べる ・文章が記憶できない人がやるべきことその3 アウトプットの回数を増やす


いかがでしたか?

文章を覚えるにもコツを知っているのと知らないのでは、覚えるスピードも変わってきます。貴重な時間を有効活用するためにも、記憶のテクニックを少しずつ鍛えていきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です