効率的に学習するテクニック

記憶力を高める習慣はこれだ!記憶力がアップする勉強方法を教えよう

 

記憶力を高めるには、生活習慣から見直す必要があります。何の努力もしていないのに、記憶力がいい人っていますよね?

努力せずに覚えることのできる人は、記憶力を高める習慣が自然とできているのです。毎日の習慣って、努力してやらなくてもやるのが当たり前になっていませんか?

 

習慣にするには、体に覚えさせるのが一番いい方法です。例えば、気持ちよく一日をスタートさせるために、毎日朝ご飯を食べる、コーヒーを飲んでから出勤するといったことが習慣になっている人は多いのではないでしょうか?

今回の記事では、記憶力を高める生活習慣と、記憶力をアップさせる勉強方法についてご紹介していきましょう。

効果的に記憶力を高める習慣とは?

 

結論から言ってしまうと、効果的に記憶力を高める習慣とは、

睡眠をしっかりとること。

 

人間には、大きく分けると「短期記憶」と「長期記憶」という2種類の記憶があり、脳はこの2つの記憶の仕分けをしています。

短期記憶は一時的な記憶で、時間が経つと忘れていく記憶であるのに対し、長期記憶は長い期間脳に定着させておける記憶のこと。

 

記憶力のいい人は、短期記憶を長期記憶に変えるのが得意であるため、覚える量をどんどん増やしていけるのです。

短期記憶が長期記憶に変わるのは睡眠中。人間は睡眠中に記憶の整理と定着を行っており、脳が必要と判断した記憶は長期記憶、そうでない記憶は短期記憶として分類されます。

 

そのため、睡眠時間が足りないと、脳内での記憶の整理と定着が間に合わず、せっかく覚えたことも忘れてしまいやすくなるので、睡眠時間をしっかりと確保するのが記憶力を高める一番の習慣ということができるでしょう。

ハーバード大学の研究によると、記憶力を高めるのに理想的な睡眠時間は6時間以上であるとのこと。脳を休めずに使い続けていては、脳の記憶のパフォーマンスをキープすることができません。

 

記憶のメカニズムと睡眠の関係を理解し、きちんと睡眠時間を確保する習慣をつけましょう。睡眠時間と記憶の関係については、こちらの記事でも紹介しているので読んでみてくださいね。
記憶が定着する睡眠時間 最低睡眠時間を知って、勉強効率を上げよう

休憩をしっかりとる

 

長い時間休みなく勉強を続けていても、効率よく覚えることはできません。というのも、同じことを長く続けることで脳がストレスを感じてしまっては、覚えられるものも覚えられなくなってしまうから。

ダラダラ勉強するのではなく、しっかり休憩時間を作って勉強した方が、脳を一旦リフレッシュさせることができるので、記憶力を高めることができるのです。

 

また、長く勉強していると、次第に集中力も落ちてくるもの。どれだけ時間をかけても、集中せずにただ覚えようとしていては、なかなか覚えることができません。

覚える意思を持って集中して勉強したほうが、効率よく多くの量を覚えることができるでしょう。25分勉強したら5分休憩するといったように、こまめに休憩することがおすすめです。

 

また、勉強時間の合間に昼寝や仮眠をとると、脳をいったん休めることができるので、起きた後に覚えられる量を増やすことができるでしょう。

記憶力を高めるには寝る前に思い出す習慣が大切

 

記憶力を高めるためには、今日一日どんな勉強をしたのか思い出す習慣をつけるといいでしょう。思い出す回数が多ければ多いほど、記憶をしっかりと脳に定着させることができるのです。

また、睡眠中に記憶の整理と定着が行われるメカニズムを利用し、寝る前に暗記科目を勉強すると効果的。

 

寝る前の暗記は、きちんと時間を決めて行うことが重要。先ほども触れたように、ダラダラ覚えても記憶に残すことはできません。

例えば、寝る前の30分は暗記に集中すると決め、暗記したいことを何度も見たり、読んだり、声に出したりして繰り返すといいでしょう。

 

ポイントはスピードを意識して繰り返すこと。限られた30分という時間でも、何度繰り返すことができたかによって記憶できる量が変わります。

何度も繰り返した情報の方が、脳は必要な情報と判断しますよね?15分覚えて15分思い出すといった勉強を習慣づけると、情報のインプットとアウトプットをまとめてすることができるので、記憶の定着率を上げることができるでしょう。

 

【日本発上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

 

 

記憶力を高めるには目標を立てる習慣をつけよう

 

記憶力を高めるには脳を褒める習慣をつけるのがおすすめ。というのも、脳は達成感を味わうと、もっと覚えようとする力が高まるから。

記憶力を高める上では、なかなか達成できなそうな高い目標を1つ立てるより、毎日必ず達成できそうな目標をいくつか設定する習慣をつけると、記憶力を高める効果があるのです。

 

脳にたくさん達成感を味わわせて、記憶力を高めていきましょう。

まとめ



























記憶力を高める効果のある習慣

・記憶力を高める習慣その1 睡眠時間をしっかりとる   ・記憶力を高める習慣その2 寝る前に思い出す ・記憶力を高める習慣その3 毎日達成できる目標を立てる

 

いかがでしたか?

記憶力を高めるためには、まず覚える意識を持つことが重要です。続けやすいものから実践し、習慣にしていきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です