効率的に学習するテクニック

暗記は仮眠をとると効果アップ!? 仮眠をとって記憶の整理をしよう

机に向かって暗記していると眠くなってしまい、ちょっと仮眠をとってからまた勉強しようと思ったことはありませんか?

暗記は単純作業になりがちなので、つい眠くなってしまうものです。でも、試験まで時間がないからと言って、仮眠もとらずにがむしゃらに勉強することはおすすめしません。

 

というのも、仮眠をとりたいと思うということは、脳からの休憩したいというサインだから。脳に休息を与えず勉強し続けても、効率よく暗記することはできません。

短い時間でもいいので、脳を休息させるために仮眠をとることは、暗記したことを脳に定着させるという意味でも効果的。

 

時間がなくても、体のサインは無視せずに聞いてあげることが、効率よく勉強を進められるポイントです。でも、仮眠をとるといっても、どのくらいの時間を仮眠時間にすればいいのでしょうか。

今回の記事では、暗記効率の上がる仮眠のとり方と、仮眠をとる前後の時間にやった方がいいことをまとめてお伝えしていきます。

暗記に効果的な仮眠時間は?

 

結論から言ってしまうと、

15分~20分が暗記に効果的な仮眠時間。

 

なぜ15分~20分仮眠をとるのが効果的なのかというと、30分以上睡眠をとってしまうと、脳が熟睡モードに入り、起床後も慢性的な眠気が続いてしまうから。

起きた後すっきりとした状態で勉強に戻るためにも、仮眠は15分から20分で切り上げるといいでしょう。

 

暗記と睡眠は大きな関わりがあるため、睡眠をなくしては効果的な暗記ができません。というのも、人間の脳には短期記憶長期記憶という2種類の記憶が存在するから。

短期記憶は一時的な記憶で、長い時間覚えていることができない記憶であるのに対し、長期記憶は、脳が必要な情報と判断し、長期にわたって覚えておくことができる記憶です。

 

人間は睡眠中に記憶の整理を行っており、短期記憶は睡眠中に長期記憶へと変えられます。そのため、睡眠が足りていないと脳が記憶を整理することができず、時間をかけて覚えても長期的な記憶にならないため、暗記効率が落ちるというわけです。

せっかく時間をかけて暗記したことを忘れてしまっては、また同じことを繰り返さなくてはならないため、時間の無駄になってしまいますよね。

 

1回で効率よく暗記したことを記憶させるためにも、睡眠は重要な役割を果たしていると言えるでしょう。でも、やるべきことがまだたくさんあるのに、眠いからといって寝てしまっては勉強が進まなくなってしまいます。

勉強の合間に少し仮眠をとることを習慣づけると、記憶もこまめに整理されるので、勉強効率が上がること間違いなし!スッキリとした頭で勉強を続けることができるでしょう。

 

しかし、仮眠といってもただ眠くなったから寝るというのでは意味がありません。仮眠をとる前には、どんなことをすればいいと思いますか?

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

仮眠前には眠気と戦って暗記をするべき

 

ちょっと眠くなってきたと思ったら、仮眠をとる前に眠気と戦い、暗記をしましょう!なぜなら、睡眠をとる直前にやっていたことは、記憶に残りやすいのです。

いくら睡眠をとる直前にやっていたことが記憶に残りやすいと言っても、じっくりと考えなければ解けない問題を解くのはおすすめしません。というのも、答えを導くまでの過程が難しすぎる可能性があるから。

 

暗記なら1回に覚える事も少ない単純作業が多いため、多少眠くても問題と答えを素早く頭に入れることができます。

例えば睡魔が襲ってきたら、暗記カードの英単語を覚えてから仮眠をとるといいでしょう。10個でも100個でもいいので、暗記してから仮眠をとることで暗記したことがしっかりと脳に定着します。

 

先ほども少しふれましたが、短期記憶は睡眠によって長期記憶に変わるため、寝る直前に暗記したものは睡眠中に情報が整理されて、目覚めた時もしっかり記憶に残っています。

もちろん、寝る前にどんなことをしていたか思い出すことが重要。この思い出すという行動が記憶の定着をサポートし、仮眠前の情報がしっかり頭に入るというわけです。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

いつ仮眠をとれば暗記に効果的なのか

 

睡眠をとること自体が暗記には効果的なのですが、仮眠をとって勉強するなら0時前に一度仮眠をとることをおすすめします。というのも、0時を過ぎると脳が休息モードに入ってしまうから。

0時を過ぎてから仮眠をとる場合は、15分ではなく3時間睡眠をとり、早起きして勉強した方が暗記効率が高まります。3時間でも眠いと感じる人は4時間半。90の倍数の睡眠時間を確保すると、スッキリと目覚めることができます。

睡眠のメカニズムについてはこちらの記事でもご紹介しているので、読んでみてくださいね。→記憶が定着する睡眠時間 最低睡眠時間を知って、勉強効率を上げよう

仮眠前にコーヒーを飲むと集中して暗記ができる

 

コーヒーはカフェインを含む飲み物のため、仮眠をとる前に飲んでは目が覚めてしまうと思うかもしれませんが、コーヒーの覚醒効果は、飲んでから30分後に効いてきます。

そのため、仮眠前にコーヒーを飲むと、30分以上の寝過ごしを防ぐことができ、スッキリと目覚めることができるでしょう。仮眠の前にはコーヒーを1杯飲んでから寝るのがいいですね。

まとめ




























仮眠が暗記効率を高める理由

・仮眠をとった方がいい理由その1 15分~20分仮眠をとるだけで頭がスッキリする      ・仮眠をとった方がいい理由その2 仮眠によって記憶の整理と定着がされる ・仮眠をとった方がいい理由その3 無理して起きているより効率よく暗記できる

 

いかがでしたか?

脳からのサインも気にしながら勉強することも大切です。睡眠の効果を利用した暗記方法をご紹介しましたが、短時間でできる暗記の技術を身につければ、しっかりと睡眠時間を確保することができます。

睡眠時間も十分にとり、体調管理もしっかりとしていきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です