資格試験攻略のテクニック

特別な才能は必要ない!忙しく働く社会人が1日1時間で難関試験に合格できる最強の勉強法

 

「もっと時間があれば勉強できるのに・・・。」

「この調子じゃ資格が取れるまでに一体何年かかるんだーーー!!」

こんな風に思ったこと、ありませんか?

 

働く社会人にとって、勉強時間を確保することは一番の課題。

残業して帰ってきてから資格試験の勉強をしていると、気づけばもう深夜。じっくり勉強している割に全然頭に入ってこない、このペースじゃ試験範囲の勉強が終わらない、なんていうこともあるのではないでしょうか。

 

どうすれば勉強時間を確保することができるのかと考えても、仕事をしている限りまとまった時間を作るのは難しいですよね。

であれば、短い時間で確実に覚える「質の高い勉強」をするしかありません。

 

 

・・・え?・・・でもそれって頭のいい人じゃないとできないんじゃ・・・。

 

しかも、そんな方法って・・・

 

 

あるんです。

 

それは、1日1時間で余裕で合格点を勝ち取ることができる勉強法。

そう。時間を有効活用するテクニックは、あることのスピードを上げるトレーニングをすれば手に入るのです。

どうして勉強は時間がかかるの?

 

参考書の厚さを見てもわかる通り、資格試験では大量の情報を覚えなくてはなりませんよね。分厚い参考書を見るだけでも、やり切ることができるのか不安になることもあるはず。

まず、試験に必要な内容を覚える前に、参考書を読まなくてはいけません。しかも、内容が理解できないと、読むのにもかなりの時間がかかってしまうんですよね。

 

はい。

 

お気づきですか?

 

そう、まず参考書を「読むこと」に時間がかかっているのです。読むのに時間がかかっていては、いつまでたっても勉強のスピードが上がらない。

つまり、早く読むことができれば、情報を早く脳にインプットし、勉強時間を今より数倍多く確保することができるようになるんです。

 

例えば、数日かけて読んでいた参考書を、1時間で読むことができたらどうですか?

読む時間が短縮された分だけ、練習問題を解く時間が多く確保することができますよね!

 

実際、早く読めるようになったことによって、たった2週間で3ヵ月分以上の勉強ができたという人もいるんですよ。

 

ただ、早く読める力がつけばいいのかというと、そうではありません。だって、内容の理解が伴っていないと、勉強になっていないですよね?

つまり、早く読めて早く理解することが同時にできれば学習効率を最大限に引き上げることができる。

 

その2つの力を身につけることができるのが、

「速読術」

 

どんなに時間がなくても、読力をつけることができれば、勉強のスピードを一気に加速させることができるのです!

 

でも、「普通に読んでも理解できないのに、早く読めば理解できるのか」と思いますよね?

 

もちろん、1回で全て理解することが難しいこともあるでしょう。しかし、速読術を手に入れれば、1回読んだだけでは理解できなかったところや、自分が苦手な分野を早く知ることができるようになる

速読術」は、全体を早く把握して学習効率を上げることができる、最高のテクニックでもあるのです。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

文章の読み方を変えればスピードが変わる

 

文章を読むときにイメージに変換しながら読むと、早く内容を把握することができて記憶に残りやすいということを聞いたことはありませんか?

確かに、小説を読むときに物語の光景をイメージしながら読むと、先が気になってどんどん読み進められたり、読み終わった後もしっかりと記憶に残っていたりしますよね。

 

でも、試験に出てくるような専門的で論理的な文章をイメージ化するって、無理じゃないですか?

 

しかも、先が気になるようなワクワクする内容でもないんです。

 

専門性が高くなればなるほど似たような用語も増えてくるし、それをイメージしましょうと言われても、イメージを作ることに時間がかかってしまいますよね。

ましてや、イメージした用語を短時間で頭の中で繋げることなんて、とてもできる気がしません。

 

イメージすることで長く記憶に残すテクニックは一見効率のいい方法のように思えますが、勉強しながらこのテクニックを身につけるのは時間ばかりかかってしまい、すぐに結果に繋がらないんです。

というのも、イメージ記憶って、右脳が得意とする記憶の仕方なんですよね。何かを感じたりイメージをするときには、右脳が使われているんです。

 

 

一方左脳はというと、言葉や数字を理解したり、論理的な思考や分析をするときに使われる脳。試験勉強をするときには、主に左脳が使われているんです。

「左手を使うと右脳が鍛えられる」「右手を使うと左脳が鍛えられる」って聞いたことありますよね。

 

日本人の約9割は右利きと言われているので、私たちは右脳よりも左脳を使うことに慣れている・・・。

であれば、

 

あまり使われていない脳を鍛えるより、普段使っている脳を鍛えた方が早く成果が出ると思いませんか?

 

つまり、イメージする力を鍛えるよりも、左脳を使って文章をそのまま理解する力を鍛えた方が、読むスピードを上げることができるのです。

 

しかし、普通に文章を読み進めていても、読むスピードが速くなるわけでも、早く内容を把握することができるようになるわけでもありません。

そう。鍛えるべきは、内容を早く把握する力。

 

「時間をかけずに内容を早く把握する力を鍛えることなんてできるの?」と思いますよね。

 

その2つの力を鍛えることのできる教材が

「試験に役立つ左脳型速読術」

という教材なんです。

 

 

「試験に役立つ左脳型速読術」のご紹介はこちらをクリック

「試験に役立つ左脳型速読術」ってどんな教材?

 

この「試験に役立つ左脳型速読術」という教材の著者である松平勝男先生は、東京大学大学院法学修士の学位を持ち、有名学習塾や予備校での指導経験をはじめ、数多くの資格を保有するいわば勉強のスペシャリスト。

また、40か国語もの外国語を習得しているのだそうです。

 

この教材の特徴は、資格試験の問題文に出てくるような論理的な文章を、文章構造を理解するトレーニングをすることで、早く読み、早く理解する力が鍛えられるというもの。

しかも、1日たった3分のトレーニングから力をつけることができるのは、時間の確保が難しい人にとってうれしいポイントですよね。

 

さらに、論理的な文章構造である「序論 本論 結論」を知って訓練するだけで、読解力に自信がない人でも理解力を上げることができるのだそう。

因みに松平先生は、左脳型速読術を身につけたおかげで、毎朝4紙の新聞に加え、200~300ページの本1冊を1時間程度の時間で読み終えてしまうというのですから驚きです!

 

しかもこの教材、日本語の速読だけでなく、英語の速読もできるようになってしまう優れもの。

英語の速読術の習得方法も丁寧に説明してあるなんて、英語が試験科目に含まれている試験を受ける人にとってはかなりうれしいですよね。

 

「試験に役立つ左脳型速読術」は、どんなに時間がなくても「勉強のスピード」「学びの質」を高めることができる最高の教材なんです。

 

 

「試験に役立つ左脳型速読術」のご紹介はこちらをクリック

口コミ・評判

 

他にも、

  • 時間が足りなくて解けなかった問題も、時間が余るぐらい早く解くことができるようになった。
  • 次々と専門書を読破していき、1ヶ月後には過去問も余裕の時間内クリア。無事試験に合格することができた。
  • 「たった1年しかない」という気持ちが「まだ1年もある」という余裕に変わった。
  • 膨大な資料でも、要点だけまとめることもあっという間に簡単にできるようになった。

 

といった効果があるようです。

早く読めるだけでなく、理解力もつけられる左脳型速読術は、試験だけでなく、ビジネスシーンでも役立つ一生ものの価値があると言ってもいいでしょう。

 

ただ、読んだものを何でも瞬時に記憶する力を鍛えたい人には、この教材は向いていないかもしれません。左脳型速読術は、試験勉強やビジネスシーンで求められる現実的なスピードと理解力が鍛えられる教材であることをご理解ください。

 

 

 

「試験に役立つ左脳型速読術」のご紹介はこちらをクリック

 

 

こちらの教材の価格は15,800円(税込み)なのですが、これだけのスキルを身につけられるなら、価格以上の価値があると思いませんか?

時間はお金で買うことはできませんが、時間を有効活用するスキルを身につけることができるんです。

 

また、速読力を身につけるためのスクールもありますが、そこに行くまでには、時間も費用もかかってしまいますよね?

隙間時間で、試験に役立つ日本語と英語の2つの速読トレーニングが自宅でできる教材は、他にはないのではないでしょうか。

 

まさに、この教材が提供しているのは時間の価値なのです。

 

現在は限定価格で15,800円(税込み)のようですが、今なら英語速読に役立つ教材が3つも特典としてついているみたいですよ。

さらに、教材の内容が改訂された場合は、無料で改訂版が提供されるというのは驚きです!

詳しくは、下記のリンクからご確認ください。

 


 

「試験に役立つ左脳型速読術」のご紹介はこちらをクリック

 

 

試験勉強は時間との勝負。勉強時間が確保できないことを理由に、試験突破を諦めてはいけません。

有限な時間を有効活用し、あなたの夢を一日も早く実現させましょう!

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です