資格試験攻略のテクニック

社労士試験対策におすすめの条文暗記方法 条文超速暗記術はこれだ!

 

社労士試験は法律の条文の暗記が中心の試験。キャリアアップや転職に有利な人気の国家資格ですが、難易度はかなり高め。

試験を受けるチャンスは1度しか巡ってこないため、1つ1つの条文をしっかりと暗記しておかなければ、合格することはできません。

 

「法律の条文は難しい言葉で書かれているから、なかなか頭に入ってこないし、1回で合格を目指すのは自分には無理だな」と思っているあなた。

はじめから無理と決めつけていては、何度挑戦しても合格することはできません。

 

難しい試験であるからこそ、最短で合格を目指さなければ勉強のモチベーションをキープすることはできないもの。

辛い試験勉強を長く続けるより、1回で合格して楽しい時間を手に入れた方がいいと思いませんか?

 

社労士試験は覚えなくてはいけない条文の数はかなり多く、問題集を見ただけで不安になってしまう人も多いはず。

しかし、勉強方法を工夫することで、難しい文章も理解しながら暗記することができるようになるのです。

 

今回の記事では、社労士試験対策として、短時間で法律の条文の理解と暗記のコツをご紹介していきましょう。

社労士試験に必須の条文暗記に必要なことは?

 

社労士試験では、覚えなければいけない条文の数はかなり多いですよね?しかし、暗記だけできても、理解が伴わないと長い時間記憶に残しておくことはできません。

一方、しっかり理解してから暗記しようとしても、広範囲にわたる試験範囲を全て勉強するにはかなり時間がかかってしまいますよね?

 

結論から言ってしまうと、社労士試験突破に必要な勉強の仕方は、法律の条文を理解してから暗記するということ。

勉強することが多い試験のため、いろんな参考書を使って勉強したり、時間がないという焦りから、1つのことに集中せずに勉強をしていませんか?

 

効率よく勉強した内容を頭に入れるには、まずは1冊の参考書を集中して勉強すること。教材を1つに絞って繰り返し勉強することで、内容を完璧に頭に入れることができるでしょう。

また、スピードを上げて勉強するには、早く読む力が必要。短時間で理解することを目指して速読の力を身につけましょう。読解力が身に付けば理解力も高まりますよね?

 

内容を理解しながら早く読むのにはトレーニングが必要ですが、一度速読の力を身につけてしまえば、勉強した内容を頭に入れるまでの時間が確実に早くなるのです。

理解ができれば、あとは暗記するだけ。暗記するときのポイントは、その場しのぎの暗記ではなく、「記憶に残る暗記方法で覚える」ということ。

 

では、どのような勉強の仕方をすれば、難しい法律の条文を記憶に残す覚え方をすることができるのでしょうか。

【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

社労士試験の条文は五感を使って暗記しよう

 

社労士試験の条文の暗記方法についてもそうですが、どんな試験においても記憶に残る覚え方の工夫をしなければなりません。

結論から言ってしまうと、条文は五感を使って覚えると効果的。

 

試験本番では、インプットした情報をいかに早く思い出すことができるかがポイント。まして、社労士試験のように法律の条文をたくさん覚えなければならない試験では、覚えた知識が整理できていないと思い出すのに時間がかかってしまいます。

「時間が足りなくて問題を最後まで解くことができなかった・・・」なんていうことがないように、すぐに思い出せる形で覚えておくといいでしょう。

 

おすすめの方法は、条文を声に出して、ぶつぶつ早口でつぶやいて暗記するという方法。暗記ものは、覚えることを何度も繰り返すことが重要です。

声に出すという方法は、インプットした情報のアウトプットと、アウトプットした情報を耳から聞いて再びインプットするという2つの効果があり、脳を2の方向から刺激することができます。

 

何度も繰り返すなら、簡単な方法が疲れなくていいですよね。大きな声を出す必要はないので、呪文のように何度もつぶやいて覚えてしまいましょう。

また、難しい言葉のまま覚えようとすると、脳がストレスを感じてしまい、新しい情報を覚えにくくなってしまいます。

 

条文を覚えるときは、わからない言葉は簡単な言葉に置き換えて、一文を短く区切って覚えると効果的。

というのも、社労士試験の問題形式は、「選択式」と「択一式」の2種類なので、大体の意味が分かっていれば答えを選ぶことができるから。

 

また、条文を替え歌にして覚える、語呂合わせにして覚えるといった方法や、覚えられない条文を紙に書いて目のつくところに貼って何度も見るという方法でも、脳に印象付けて覚えることができるでしょう。

参考:短時間で暗記する方法 確実に暗記するには五感のフル活用が効率的!

まとめ


























社労士試験の条文暗記方法

・条文暗記方法その1 速読の力をつけて理解力と暗記力を高める ・条文暗記方法その2 やさしい言葉に置き換え、長文は短く切って覚える ・条文暗記方法その3 とにかく何度も繰り返す

いかがでしたか?最短で社労士試験に合格するためには、素早い情報のインプットとアウトプットが必要不可欠。

最短で試験に合格するための基礎を、しっかりと固めていきましょう。

 

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~ 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です