効率的に学習するテクニック

確実に記憶力を上げる方法 記憶力を高めるトレーニングと勉強法

 

資格試験や昇進試験などの試験に合格するためには、記憶力を上げる勉強方法を早く身につける必要があります。

合格点が決まっている試験では、たとえ1点足りないだけでも不合格となってしまうもの。1点でも多く点数を取るには理解する力をつけ、それを覚えておく記憶力が必要になってくるのです。

 

いくら時間をかけて勉強しても、効率が悪ければ力をつけることはできませんよね?どうせ勉強するなら、最短で合格することを目指し、勉強方法を見直す必要があるのです。

今やっている勉強法で学習したことが定着していないと感じているのなら、今すぐその勉強方法を変えなければ、いつまでたっても同じことの繰り返し。

 

今回の記事では、記憶力を高める勉強法をご紹介していきます。確実に記憶力を上げる方法を身につけて、学習効率を上げていきましょう。

記憶力を上げるのに必要なことは?

 

結論から言ってしまうと、記憶力を上げるにはまず学習環境を整えることが重要。参考書の山に囲まれて勉強しても、脳にプレッシャーを与えるだけ。

脳がストレスを感じると、記憶する力が弱くなってしまうため、ストレスの原因となる要素をなくして勉強を始める必要があるのです。

 

まずは、部屋の整理整頓をして勉強に集中できる環境を整えておきましょう。必要なものがどこに置いてあるのかを把握しておくと、効率よく勉強を進めることができます。

記憶の整理だけでなく、身の回りも整理整頓しておくこといいでしょう。部屋の乱れは心の乱れ。心を落ち着かせて勉強できるようにすると学習効率を上げることができるのです。

 

また、学習環境に水色を取り入れることもおすすめ。青色は集中力を高めて心を落ち着かせる効果があります。

濃い青を学習環境に取り入れてしまうと、その効果が強すぎて威圧的な雰囲気を引き起こしてしまうため、水色やパステル系の青色が目につくところにあるといいでしょう。

参考:青ペンは暗記効果を高めるアイテム! 学習環境の色は水色がおすすめ

記憶力を上げる覚え方

 

楽をして記憶力を上げる方法はありません。努力を重ねて目標を達成することができれば、脳にいい刺激を与えることができ、脳を記憶しやすい状態にすることができるのです。

脳を勉強に最適な状態にするには、脳のやる気を引き出すこと。高すぎない目標を設定して勉強をすることで、脳に達成感と満足感を与えることができるでしょう。

 

そのためには、朝勉強をスタートする前に、1日の学習計画を立てると効果的。できれば時間も細かく区切り、勉強時間と学習内容を明確にしておくといいでしょう。

決められた時間内に目標を達成することができれば、脳にいい刺激を与えるだけでなく、タイムマネジメント能力もつけることができるのです。

 

目標設定と時間を意識した勉強をして、脳を効率よく記憶できる状態にしていきましょう。

参考:記憶力がいい人の脳ってどうなってるの?頭がいい人の特徴ってなに?

繰り返す回数を意識する

 

記憶力を上げるには、何度も繰り返して覚えることが必要不可欠。脳に刺激を与えながら繰り返すと、記憶の定着がよくなります。

繰り返し覚えると言ってもその方法は様々ですが、一番効果的な方法は、紙に書きながら声に出してつぶやく方法。

 

繰り返す回数を考えると、手で書くのは時間がかかってしまいますが、声に出してつぶやくのであれば、書くよりも多くの回数を繰り返すことができますよね?

とはいえ、何回も書くことで覚えられることもあるのです。漢字や英単語のスペルなどは、読むだけでなく書けなくては解けない問題もあるため、書くことも決して無駄ではありません。

 

書くことと声に出すことの両方にメリットがあるのであれば、どちらも一緒にやってしまった方が、効率がいいですよね?

脳を刺激して覚える方法は他にもあるので、自分はどの方法を組合せて繰り返すことが合っているのか、いろいろ試してみるといいでしょう。

【必見!】伸び悩んでいる成績を底上げする驚異の勉強法

 

短期間で成績を上げたい人は、絶対に読解力をつけておくべき。

というのも、何度も繰り返さないと覚えられないのは、文章の読み方が間違っているから。

 

文字を目で追うだけの読み方では、限りある時間を有効活用して勉強することができません。

でも、あるテクニックを使って文章を正しく読む方法を身につけることができれば、難しい言葉で書かれた難関試験の問題でさえも、一度で早く正確に理解することができるようになるんです。

 

それは、読解力と共に理解力と考える力を同時に伸ばすことのできる驚異の勉強法。

今、受験生の間でひそかに注目されている勉強法は、速読なのです。

 

>>【成功者多数!】速読実践者の声はこちらをクリックして確認

 

 

もう「時間をかけて勉強しても、全然頭に入ってこないし覚えられられない・・・。」「こんなに詰め込んで勉強しても、試験本番で思い出せるか不安だ・・・。」という心配もなくなります。

その理由は、この方法で数々の難関試験に1発合格し、40か国語もの言語を習得した東大卒の研究者によって確立された方法だから。

 

あなたは自分の読解力に満足していますか?

 

最速で成績を伸ばしたいと思うなら、早く正確に覚えられて忘れない速読勉強法を、今すぐこちらからご確認ください。

こちらから確認して頂くと、英語の速読スキルのトレーニングに役立つ特典が付いてきます。

 

>>【ライバルに圧倒的な差をつける!】注目の試験向け速読勉強法【特典付き】は、こちらをクリックして今すぐ確認!

 

 

 

記憶力を上げるにはプラス1の勉強が効果的

 

1日の目標が達成できると、とても気持ちがいいですよね。脳に達成感を味わわせると、記憶力を上げる効果があるということをお伝えしましたが、脳のやる気を引き出す方法をもう一つご紹介しておきましょう。

それは、勉強を終わりにする前に、翌日勉強する範囲を1ページだけ1回読んでおくこと。全て予習せずに、1ページだけ目を通します。

 

1ページを1回しか読んでいないので、理解できなくて当然なのですが、脳に疑問を残すことに意味があるのです。というのも、途中で止めるということが、次の内容がどんなものなのか、興味を引き出すことができるから。

気になるということは、興味が湧いているということなので、翌日勉強をするときも脳は積極的に新しい情報を探すようになり、スムーズに記憶することができるのです。

 

その日の学習範囲プラス1ページで勉強を終えると、翌日の勉強に対するモチベーションを上げることができるでしょう。

参考:大人でもできる暗記方法 社会人でも確実に暗記する方法を教えよう!

最短で確実な記憶力を身につける裏ワザ

 

確実な記憶力を身につける方法をご紹介してきましたが、ここで1つ勉強のスピードを一気に加速させる裏ワザをお伝えしておきましょう。

結論から言ってしまうと、

試験合格への近道は、速読力を身につけること。

 

速読と聞くと、早く読む技術と思う人が多いのではないでしょうか。でも実は、速読力とは早く読む力と早く理解する力を意味しているのです。

つまり、短時間で確実に理解し、更なる勉強時間を生み出すことのできるテクニック。それが速読力

 

実際、速読ができるようになったおかげで、TOEICの試験も時間に余裕を持って解けるようになり、スコアも645点から900点まで上げることができました。

早く正しく読む力をつけることで、学習効率を大幅に上げることができたのです。私が試した速読法をご紹介しておくので、興味のある人はチェックしてみてくださいね。

 

【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

まとめ


























確実に記憶力を上げる方法

・記憶力を上げる方法その1 学習環境の整理整頓をする ・記憶力を上げる方法その2 達成できる目標を毎日立てる ・記憶力を上げる方法その3 翌日勉強する範囲を1ページだけ目を通す


いかがでしたか?

記憶力を上げる方法は、机に向かって勉強するだけではないのです。まずは心を落ち着かせて勉強できる環境を整えて、スッキリした気持ちで記憶を上げるためのテクニックを実践していきましょう。

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う



にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です