効率的に学習するテクニック

時間のない社会人でも確実に覚えられる勉強法 頭に入らない原因を追究しよう

 

社会人になってから資格取得を目指して勉強する人はたくさんいますが、勉強したことがなかなか頭に入らないという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

毎日仕事をしながらの勉強は、よほどの覚悟がなければ続けることができません。というのも、会人になってから勉強するということは、あなた自身が決めたことだから。

 

あなたは明確な目標があって資格取得を目指しているはず。参考書を買ったりスクールに通ったりすれば、時間だけでなくお金もかかっているのです。

貴重な時間やお金を使って勉強するのですから、最短でゴールを目指さなくてはいけません。というのも、苦しい時間は短い方がいいに決まっているから。

 

資格を早く取得するには、勉強したことが頭に入らないなんて言っている時間はないんです。頭に入らないなら、頭に入るように勉強しなければなりません。

今回の記事では、覚える力を高め、最短で資格取得を可能にする記憶の仕方についてご紹介していきましょう。

社会人が勉強したことを頭に入れられない理由

 

社会人が資格試験の勉強を続ける中で一番必要なのは、モチベーションをキープすること。勉強した内容が頭に入らないのは、あなたの目標が明確でないからかもしれません。

結論から言ってしまうと、目標をはっきりとイメージできない人は、モチベーションを高く保つことはできません。

 

あなたは、お金を出して参考書を買い、自由に使えるはずの貴重な時間を使ってまで資格取得を目指そうと思ったのですよね?

資格試験合格を目指すと決めたときには、将来自分がどんなことをやりたいのか、明確なビジョンがあったはず。そして、時間やお金を費やしてでもやると決めたのはあなた自身なのです。

 

なりたい自分の姿が薄れてくると、勉強に対するモチベーションも下がってしまうもの。時間は誰にでも同じように流れていますが、ただ何となく勉強を続けていても、勉強したことを頭に入れることはできません。

何としても合格して夢をつかみ取るんだという前向きな姿勢が、勉強に対するモチベーションを上げ、脳を効率よく使って勉強することができるのです。

 

ただし、その勉強方法が間違っていると、新しいことを覚えようとしてもなかなか頭に入ってこないのです。

では、どのような方法で勉強すれば、勉強した内容を頭に入れることができるのでしょうか。

勉強内容が頭に入るノートのとり方

 

時間のない社会人は、効率よく勉強していかなければ新しいことを頭に入れることができません。しかし、ノートのとり方一つでライバルに大きく差をつけることができるのです。

多くの人がやりがちなのが、きれいなノートを作ること。もちろん、後から見直しをしたときに読めないようなノートでは意味がありません。

 

しかし、参考書に書かれていることと同じことをノートに書いたり、図や表などを参考書と同じように書き写したノートを作るのは、効率の悪い勉強の仕方なのです。

というのも、参考書と同じことをノートに写すぐらいなら、参考書をじっくり読んだ方が情報を頭に入れやすいので、書き写す必要は全くないから。

 

ノートには、本当に必要なことのみを書くようにするといいでしょう。本当に必要なことというのは、書いておかなければ忘れてしまうようなことや、自分が間違えたもの。

覚える必要のあることが1冊のノートにまとまっていれば、自分の苦手分野を把握できるので、効率よく勉強することができるでしょう。

参考:公務員試験対策におすすめ 記憶を引き出す暗記ノートの作り方

勉強を繰り返すタイミング

 

どんなに忙しい社会人であっても、隙間時間は必ずあります。明確な目標を持って勉強していれば、隙間時間でも新しい情報を頭に入れることができるはず。

暗記科目は反復することで記憶を脳に定着させるため、何度も繰り返し勉強することが重要なポイント。移動時間や休憩時間を使って、こまめに暗記する時間を作りましょう。

 

また、人間は忘れていく生き物なので、脳が必要な情報と判断しない情報はしっかりと記憶を定着させることができません。

試験範囲が広いと、毎日同じ勉強をしていては時間が足りなくなってしまうため、日にちを空けて、忘れる前に繰り返すことを意識して勉強するといいでしょう。

 

日にちが空いても思い出すことができるようになれば、記憶が定着してきているということ。スケジュール管理をしっかりとして学習計画を立てておくと、効率よく記憶することができるでしょう。

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

勉強したことを頭に入れるには睡眠を取ることが重要

 

社会人がいくら時間がないからといっても、睡眠時間を削って勉強してはいけません。というのも、睡眠不足が新しい情報を頭に入れられない原因だから。

脳は睡眠中に記憶の整理と定着を行っているので、睡眠時間が足りていないと情報の整理が追いつかず、更に新しい情報を覚えようとしても頭に入らないのです。

 

脳を休めることもテクニックの1つ。記憶のパフォーマンスを保つためにも、しっかりと休養を取ることを心がけましょう。

効率よく記憶に定着させるポイントは、寝る30分前に覚えるようにすると、記憶が整理されやすいのでおすすめです。

参考:睡眠は記憶の整理と定着の時間 睡眠と勉強の関係を理解して記憶力を高めよう

まとめ


























資格取得を目指す社会人におすすめの勉強方法

・確実に頭に入れる方法その1 明確な目標を持つ ・確実に頭に入れる方法その2 ノートのとり方を工夫して繰り返し勉強する ・確実に頭に入れる方法その3 睡眠をしっかりとる


いかがでしたか?

当たり前のことですが、勉強がやりたくないと思ったら続けることはできません。忙しくて心が折れそうになっても、なぜ自分はここまでして勉強しているのかを思い出して、勉強していきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です