効率的に学習するテクニック

暗記する時間がない? 短時間で長文を暗記する勉強法を教えよう!

 

集中して勉強していると、あっという間に時間が過ぎていることもありますよね?でも、暗記したことが脳に蓄積されていないと、問題を解くことはできません。

かといって、暗記することを中心に勉強していると、問題を解く時間がなくなってしまいます。勉強のやり方を工夫しなければ、時間を有効に使うことができないのです。

 

結論から言ってしまうと、効率よく勉強するコツを知らない人は心に余裕がなくなり、勉強時間をうまく確保することができません。

特に、専門的な資格試験などにおいては、試験範囲がかなり広く専門性も高いため、1つのことを覚えるのにもテクニックが必要になってきます。

 

しかし、記憶に残る勉強方法と脳から情報を引き出すスピードを身につければ、確実にあなたの学力を伸ばすことができるのです。

最短で合格するための暗記のコツと、時間の使い方を知りたいと思いませんか?

 

今回の記事では、大量の情報が詰まった長文を、短時間で覚える方法についてご紹介していきましょう。

時間がないを味方につける暗記法

 

1日の中で暗記に集中できる時間は限られているもの。昼間は学校や仕事でのスケジュールをこなし、自分の時間を確保できるのは朝早くか夜になってしまう人も多いのではないでしょうか。

限られた時間の中で、学習効率と集中力を高めて勉強できた人は、しっかりと知識を身につけることができるもの。

 

結論から言ってしまうと、スピードを意識して勉強している人は、暗記力と集中力を高めやすくなるのです。

 

暗記に関しては、時間制限があった方が効率よく進むもの。というのも、ダラダラ時間をかければ全て覚えることができるわけではないから。適度な緊張感があった方が記憶しやすく、集中して覚えられるのです。

暗記力を高めるポイントは、何度も繰り返して情報を脳にインプットすること。でも、暗記力とはインプットする力だけではありません。

 

記憶を定着させるには、インプットした情報をアウトプットすることが必要不可欠。従って、何度もアウトプットすることを繰り返せば、効率よく暗記ができるのです。

おすすめの方法は、覚えることを音読すること。声に出すことは書くことよりも早く、体力も使いませんよね?

 

時間がないからこそ、早く何度も繰り返す方法で暗記をして、集中して覚えてしまいましょう。一人で勉強しているときはもちろん、トイレやお風呂でもブツブツつぶやいていると、頭に入りやすいでしょう。

参考:暗記は音読回数で効果を発揮! 勉強が頭に入りやすくなる方法を一挙公開

時間がなくても長い文章を覚えられる?

 

時間がなくても暗記効率を上げるには、何度も繰り返すことだとお伝えしましたが、これは長い文章を覚えるときにも当てはまります。

注意しなくてはいけないのは、長い文章をそのまま覚えようとしないこと。誰だって難しいものはやりたくないし、長い文章と聞くだけでやる気が半分になってしまったりしますよね。

 

であれば、やる気を保てる形にして暗記をすることで、勉強のスピードを上げることができるのです。

結果からお伝えすると、「長いものは短く」「難しいものは簡単に」を意識することが、長い文章を頭に入れるためのポイント。

 

資格試験では、法律の条文のような長く複雑な文章を覚えなくてはいけないこともあるでしょう。どうしてこんなに難しい言葉で書かれているんだろうと思ったこともあるのではないでしょうか。

まずは1文ずつわからないキーワードに分解し、意味がわからないキーワードの意味を調べて理解しておくことが、確実に暗記するためのポイント。

 

意味を理解しないで丸暗記することほど、効率の悪い暗記の仕方はありません。いくら時間がなくても、意味を調べるのは時間をかけるべきところ。

また、難しい言葉はやさしい言葉に置き換えると、意味を理解しやすくなります。キーワードの意味と文章の意味を理解することができたら、長い文章を短く区切っていきましょう。

長い文章の効率的な覚え方

 

長い文章を一気に覚えようとストレスを感じてしまいますが、短い文章を組合せて覚えれば記憶しやすくなるのです。

何度も繰り返して覚えるという暗記の基本は同じなのですが、文章を覚えるときのポイントは、1文覚えたら目をつぶって繰り返すこと。

 

文字を目で追ってしまうと、見ることができるという安心感を脳に与えてしまうので、記憶に残すには時間がかかってしまうのです。

その場でしっかり覚えるためには、見ないで言えるようになるつもりで覚えるのが効果的。丸暗記をする必要がないのであれば、内容を理解して、何も見ずに自分の言葉で言えるように繰り返していきましょう。

 

覚えるという言い方をしましたが、正確には「思い出す」こと。覚えた文章の数が増えてきたら、1つ前の文章に戻って確認するようにすると、覚えた文章を頻繁に思い出すことになるため、記憶に残りやすくなるでしょう。

思い出す回数が多ければ多いほど、記憶力を高めることができるのです。

参考:長い文章を短期間で丸暗記する方法 教科書を丸暗記する文章暗記術

まとめ


























時間がないときの暗記の対処法

・時間がないときの暗記の対処法その1 意味をしっかり理解してから覚える ・時間がないときの暗記の対処法その2 難しいものはやさしい形に直して覚える ・時間がないときの暗記の対処法その3 長いものは短くして覚える

いかがでしたか?どうやったら楽に覚えられるのかを考えると、自分に合った効率よく暗記できる方法が見つかるかもしれません。

いろんな方法を試して、学習効率を上げる方法を探していきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です