効率的に学習するテクニック

忘れない暗記法はこれだ! 合格する人がやっている忘れない暗記術

 

勉強した側から忘れてしまって、暗記したことがなかなか頭に入ってこないことってありませんか?せっかく時間をかけて勉強しても、忘れてしまったらまた同じことを勉強しなければなりませんよね?

効率よく勉強するのに必要なことは、時間をかけずに少ない回数で理解し、記憶に残しておくということ。

 

はっきり言ってしまうと、頭の回転が速い人は、試験で合格する力をつけることができます。というのも、常に先を見越して行動できるのは、今の自分に何が足りていないのかを分析できているということだから。

足りない部分を補うには、あなたの得意分野の力を伸ばすことが必要。好きな分野の勉強をすることが、あなたの苦手な分野をサポートすることにつながるのです。

 

今回の記事では、最短で合格するための、覚えたことを忘れない暗記の仕方についてご紹介していきましょう。

脳をだませば暗記したことを忘れない

 

忘れない暗記法についてお話しする前に、脳の仕組みについて少しご紹介しておきましょう。というのも、脳の仕組みを理解して勉強することが、学習効率を上げる近道だから。

人間には、大きく分けると短期記憶と長期記憶という2種類の記憶があります。新しい情報が脳にインプットされると、その情報がどちらかに分類され、脳の記憶の引き出しに入れられるのです。

 

文字からもわかる通り、長く記憶に留めておくには、インプットした情報を長期記憶にしなければなりません。

しかし、単純に「この情報は長期記憶として記憶しよう」と意識するだけでは、その情報を長期記憶にすることは不可能です。

 

結論から言ってしまうと、長期記憶として振り分けられる情報というのは、命に関わるような重要な問題。

しかし、試験勉強というのはあなたの人生にとって重要なことかもしれませんが、脳にとってはそれができなくても命に関わるわけではないので、重要な情報として認識されないのです。

 

脳に重要な情報と認識させるためには、脳をだますことが必要。では、脳をだますには、どんなことをすればいいと思いますか?

好きなことから勉強を始める

 

苦手なことややりたくないことから勉強しようとすると、なかなか脳のやる気を引き出すことができません。

というのも、「自分はこれが苦手」とか、「自分にはできない」と言った感情を持つことで脳がストレスを感じてしまうから。

 

やりたくないことを始めるには時間がかかりますが、好きなことならすぐにでも始めることができますよね?

まずは勉強を始めてしまって、脳を勉強モードにしてしまいましょう。好きなことに集中しているとアドレナリンが放出され、脳は記憶しやすい状態になるのです。

 

好きな科目を先に勉強して脳のウォーミングアップが終わったら、集中力も高まっているはず。

ここは休憩を挟まず、続けて苦手な科目の勉強に入っていくと、集中してじっくり考えることができるため、理解を深めることができるでしょう。

繰り返す回数が多いほど忘れない記憶になる

 

暗記したことを忘れない記憶にするためには、何度も繰り返すことが必要不可欠。

脳に命に関わる重要な情報と勘違いさせ、インプットした情報を長期記憶にするには、情報を継続的に脳に送り込むことが必要なのです。

 

繰り返す回数が多ければ多いほど、しっかりと記憶に残すことができるもの。

繰り返すときには、音読をすることをおすすめします。なぜなら、音読は目からインプットした情報を耳からもインプットすることができるので、暗記力を高める効果が2倍になるのです。

 

また、耳栓を使って音読をすると、さらに効果を高めることができるでしょう。耳をふさいで声を出すと、自分の声が頭の中に響きますよね?

インプットする情報が骨伝導によって直接脳に刺激を与えることができるので、耳栓を使って音読するのは暗記効率を高める方法なのです。

耳栓をして何度も声に出してつぶやくことで、脳に刺激を与えて活性化することができるでしょう。

参考:暗記は音読が一番! 耳栓をして暗記効果をアップする骨伝導記憶術

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

インプットした情報を忘れないように思い出す

 

暗記力とは覚える力だけのことではありません。というのも、いくらたくさんの情報を覚えても、それを使うことができなければ全く意味がないから。

試験では、インプットしてきた知識を早く記憶の引き出しから取り出すことが求められていますよね?知識として知っているだけでは点数を取ることができないのです。

 

そのために鍛えなくてはならないのが思い出す力。思い出す力を鍛えるためには、すぐに答えを見ずに、自分で考える時間を作るといいでしょう。

また、思い出す訓練をするときは、暗記カードや暗記シートを使って、瞬間的にできる方法を繰り返すのが効果的。

 

どの程度繰り返せばいいのかというと、1秒で思い出せることができるようになるまで繰り返すといいでしょう。

短時間で思い出す力こそ、制限時間内に問題を解く力となるのです。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

まとめ


























忘れない暗記法

・忘れない暗記法その1 何度も繰り返してインプットする ・忘れない暗記法その2 何度も声に出してアウトプットする ・忘れない暗記法その3 1秒で思い出せるまで思い出す訓練をする

いかがでしたか?頭の回転が速い人は、勉強のスケジュールを立てるときも、何からはじめれば効率よく暗記できる方法なのかを先読みしているのです。

今回ご紹介した方法でインプットとアウトプットを繰り返し、暗記したことを忘れない記憶を作っていきましょう。

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

 

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です