効率的に学習するテクニック

記憶力がいい人に共通する特徴とは?頭がいい人の考え方を学ぼう!

 

記憶力がいい人たちはうらやましいな。頭がいい人はやっぱり得してるなと思ったことはありませんか?

学力をつけるには、まず覚える力を鍛えるよりも、理解する力を鍛えることがポイント。というのも、理解することができないまま覚えたことは、記憶に残りづらいから。

 

記憶力のいい人は頭のいい人と言われますが、これは、理解力が高いから物事をスムーズに記憶することができ、結果的に「多くの知識を頭に入れることができる頭がいい人」と言うことができます。

では、どのような方法で勉強したら、理解力を鍛えることができるのでしょうか。

 

今回の記事では、記憶力のいい人の特徴をまとめ、頭のいい人の考え方を身につける勉強の仕方をご紹介していきましょう。

記憶力がいい人=頭がいい人である理由

 

結論から言ってしまうと、記憶力がいい人は頭がいい人である理由は、

観察力があるから。

 

人の話を最後まで聞かない人は、一部の情報から判断して答えを出してしまうため、なかなか1回で正しい答えを答えることができません。

話をよく聞くということは、理解力を高める上で非常に重要なポイント。というのも、話を聞かないことには、何が求められているのかを把握することができないから。

 

記憶力がいい人は、観察力が優れています。なぜなら、話を聞くことはもちろん、周りの状況を見て冷静に判断するには、どうやったら正解へたどり着くことができるをのか常に考えているから。

じっくり頭を使って考えたことは記憶に残りやすくなるため、記憶力がいい人は頭がいい人と言うことができるでしょう。

 

では、記憶に残る覚え方をするには、どのような考え方をすればいいのでしょうか。

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

記憶力がいい人は論理的な考え方ができている

 

記憶力がいい人の考え方の特徴は、はじめから終わりまで筋が通った考え方になってること。つまり、頭のいい人は原因と結果を常に追究しているのです。

そのため、内容を理解しないまま先に進むことをしません。なぜなら、理解しないまま先に進んでも、結局は同じところまで戻らないと正解を導き出すことはできないから。

 

何かを覚えるときには、「なぜこうなるのか」という意識を持って覚えることが大切です。というのも、興味を持って覚えたことは、記憶に残りやすいから。

興味のないことばかり覚えようとしても、脳がストレスを感じてしまって覚える力が弱くなり、結果として眠くなってしまいます。

 

何にでも興味を持って覚えようとする意志を持つことが、記憶力を高めるためのポイント。

筋の通った論理的な考えをすることができるようになったら、それを何も見ないで声に出して言えるかどうかを確認してみるといいでしょう。

 

自分の考えたとおりのことを言葉にすることができれば、理解力を一気に深めることができるのです。

どういう理屈でその答えを導き出すことができたのかを覚えることで、自然と記憶力を高めることができるでしょう。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

集中力が続かない人に朗報!

 

覚えなければならないことがたくさんあるのに、集中力が続かないのは致命的な問題ですよね。

言うまでもなく、試験までの時間をどう使うか、どれだけ勉強したことを記憶に残せるかによって、あなたの将来は決まってしまうわけです。

 

でも、そんな当たり前のことはわかっているけれど、なかなか集中できないという悩みを抱えてはいませんか?

 

効率よく知識を頭に入れる勉強をするための条件とは、

✅ ストレスなく
✅ 認知能力を高め
✅ 注意力を活性化させて
✅ 作業効率を上げること

 

この4つのポイントを押さえることが、必要不可欠なんですよね。そして、限りある時間を有効活用するには、集中力を高めて短時間で力をつけること。

 

集中力を高めるための研究は世界各地で行われているのですが、ドイツの研究チームが「注意力と記憶力」に着目した成分の抽出に成功し、この度「アドラーフォー」というサプリメントとなって、日本に初上陸しました。

 

>>日本初上陸の集中力サプリメントはこちらをクリック

 

植物由来の成分から作られたサプリメントなので、副作用の心配もありません。今なら15日間1980円でお試しができて、定期購入の回数制限もないので、集中力を高めて勉強のパフォーマンスを上げたいなら、試してみる価値は十分ありそうです。

 

メディアからも注目されているアドラーフォーを、是非一度体感してみてください。

 

→【お試し価格1980円】高次元集中力が手に入る「アドラーフォー」の公式サイトはこちらをクリック

 

頭のいい人は連想力がある

 

頭のいい人は、関連付けて覚えることが得意です。既に脳に蓄えてある情報から共通点を見つけ出し、次に求められる情報を脳からスムーズに引き出すことができれば、覚えることも楽しくなりますよね?

連想力を鍛えるには、何かを覚えるときに関連付けて覚えることが重要なポイント。共通するキーワードを一つのまとまりとして覚えてしまえば、一つのキーワードを見たり聞いたりするだけで、他のキーワードを思い出すことができるでしょう。

 

歴史上の出来事、人物の名前をはじめ、法律の条文、英単語など、1つのことから連想して覚えようとすれば、関連するものをまとめて覚えることができるので、効率よく覚える事ができます。

さらに、覚えるものを頭の中でイメージすることによって、より鮮明に脳に印象付けることができるので、連想力のある人は記憶力を自然と高めることができているのです。

 

頭のいい人は、楽しく覚える方法を知っているので、記憶力も自然とつけることができているということができるでしょう。

楽しく覚える方法についてはこちらの記事でも紹介しているので、読んでみてくださいね。
短時間で暗記する方法 確実に暗記するには五感のフル活用が効率的!

記憶力がいい人は同じ間違いをしない

 

先ほどもご紹介しましたが、記憶力がいい人は同じ間違いをすることがありません。というのも、間違えた問題があっても、なぜ間違ったのか、どこが良くなかったかを考える癖がついているから。

間違った問題をしっかり復習することで、解き方を理解することができれば、同じ問題や似たような問題を解くことができますよね?

 

そのため、応用力があるのも記憶力がいい人の特徴の1つ。頭のいい人は効率よく覚えるコツを理解しているので、記憶力がいい人の特徴を真似することで、あなたも頭がいい人に近づくことができるのです。

また、覚えたことを確実に記憶に残すためには、繰り返すことが最も重要。繰り返し覚えることも大切ですが、覚えたことを忘れないように繰り返し思い出すことの方が、記憶力を高めるためのポイント。

 

記憶力がいい人の特徴を理解し、忘れないように何度も同じ方法で実践してみることが、あなたの記憶力を高める一番の近道と言うことができるでしょう。

 

【ドイツ発!】高次元集中力が一瞬で手に入る驚異の方法!今すぐクリックして確認する>>

【必見!】伸び悩んでいる成績を底上げする驚異の勉強法

 

短期間で成績を上げたい人は、絶対に読解力をつけておくべき。

というのも、何度も繰り返さないと覚えられないのは、文章の読み方が間違っているから。

 

文字を目で追うだけの読み方では、限りある時間を有効活用して勉強することができません。

でも、あるテクニックを使って文章を正しく読む方法を身につけることができれば、難しい言葉で書かれた難関試験の問題でさえも、一度で早く正確に理解することができるようになるんです。

 

それは、読解力と共に理解力と考える力を同時に伸ばすことのできる驚異の勉強法。

今、受験生の間でひそかに注目されている勉強法は、速読なのです。

 

>>【成功者多数!】速読実践者の声はこちらをクリックして確認

 

 

もう「時間をかけて勉強しても、全然頭に入ってこないし覚えられられない・・・。」「こんなに詰め込んで勉強しても、試験本番で思い出せるか不安だ・・・。」という心配もなくなります。

その理由は、この方法で数々の難関試験に1発合格し、40か国語もの言語を習得した東大卒の研究者によって確立された方法だから。

 

あなたは自分の読解力に満足していますか?

 

最速で成績を伸ばしたいと思うなら、早く正確に覚えられて忘れない速読勉強法を、今すぐこちらからご確認ください。

こちらから確認して頂くと、英語の速読スキルのトレーニングに役立つ特典が付いてきます。

 

>>【ライバルに圧倒的な差をつける!】注目の試験向け速読勉強法【特典付き】は、こちらをクリックして今すぐ確認!

 

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

 

頭のいい人は「速読力」があるから記憶できる

 

さて、記憶力のいい人の特徴をまとめてきましたが、共通することは何だと思いますか?

それは、

頭の中がスッキリと整理されているということ。

 

同じように勉強しているのに、頭の中が整理されていなければ、取り出したい情報をすぐに引き出すことができませんよね?

では、どうしたら頭の中を整理することができるのか。

 

それは、情報をインプットする時が肝心なのです。

情報をどうやって脳にインプットするのかはわかりますよね?

 

はい。情報は読んで頭に入れるんです。

そして、記憶力がいい人ができている読み方というのが、速読なんです。

 

「頭がいいから、早く読んでも情報を整理して頭に入れることができるんじゃないのか」

と思ってしまいますよね。

 

でも知っていましたか?速読というのは、ただ早く読むだけでなく、理解のスピードも速くすることができる読み方なんです。

つまり、文章の読み方を変えれば、あなたも情報を整理しながら覚えることができるようになるということ。

 

私はこの速読法を利用して、3分の原稿を暗記する英語スピーチコンテスト優勝、20分のリサーチで7分の弁論をする、英語ディベート大会でベスト8入賞と、短期間のトレーニングで結果を残すことができました。

早く正確に記憶する速読力をつけることは、試験で必ず役に立つあなたの武器となることでしょう。

 

私が実践した速読のやり方についてはこちらでご紹介しておきますので、是非チェックしてみてくださいね。
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

まとめ



























記憶力がいい人の特徴

・記憶力がいい人の特徴その1 観察力がある   ・記憶力がいい人の特徴その2 論理的な思考ができる ・記憶力がいい人の特徴その3 連想力がある

 

いかがでしたか?

記憶力を高めるためには、注意深く観察することが重要ということがお分かりいただけたでしょうか。あなたも今日から観察力を高め、記憶力向上を目指していきましょう!

 

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

 

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です