効率的に学習するテクニック

暗記を極める時短勉強法 隙間時間で確実に暗記する方法を教えよう 

 

暗記に時間がかかってしょうがない・・・。勉強時間をあまり確保できない人は、時短で効率よく暗記できる方法があれば試してみたいですよね。

社会人になると、自由に使える時間が減るため、学生の頃のようにはいきません。勉強時間を意識して作らなければ、一日があっという間に終わってしまうこともあるでしょう。

 

しかし、時間は誰にでも同じように流れているので、使い方を工夫すれば有意義な時間を過ごすことができるはずです。

暗記は勉強の基礎となる部分。先に理解してから覚えた方がいいと言われることもありますが、基礎を固めることなく理解しようとしても、時間ばかりかかってしまいます

 

「暗記」は鍛えることで身につけられる技術ですが、覚えることと同時に時間の使い方を鍛えることができるのも、暗記術のいいところ。

限られた時間で効率よく勉強するには、暗記術を身につけるのが一番最適な方法です。今回の記事では、時間のない人でも、時短で確実に暗記する方法についてご紹介していきましょう。

時短で暗記する最適な方法とは?

 

結論から言ってしまうと、時短で暗記するには、

隙間時間を有効活用して暗記する方法が1番!

 

忙しい社会人にとっては、仕事以外の時間を確保するのはなかなか難しいですよね。でも、誰にでも隙間時間はあります。例えば、通勤や通学の移動時間、昼休み、トイレに立った時など、隙間時間というのは探せばいくらでもあるはずです。

ポイントは、その隙間時間でいかに暗記に集中することができるかどうか。5分、10分という時間は、何かを覚えるには短すぎると思うかもしれませんが、時間が限られているからこそ効率のいい暗記をすることができるのです。

 

限られた時間で暗記するメリットは、瞬間的に集中力を高めることができること。集中力を保った状態で何時間も勉強するのは難しいですが、10分程度の時間なら、ゴールが見えているのでやる気も保つことができるでしょう。

 

では、隙間時間を利用した時短暗記は、どんな方法でやるのがいいのでしょうか。

通勤通学中の時短暗記術

 

通勤通学中の隙間時間には、暗記カードや暗記ノートを使った時短暗記がおすすめ。暗記すべきものがまとまったカードやノートは、移動時間に活用できるアイテムです。

しかし、時短を意識しすぎて、あれこれ手を付けても全てを覚えることはできません。ポイントは、範囲を絞って暗記すること

 

暗記カードや暗記ノートには、試験までに覚えることが全て書かれていますが、それを移動時間だけで全部覚えるのは難しいですよね。

今朝は何ページまでやろう、帰りは何ページまでやろうとゴールを決めて取り組むことで、移動時間中に何度もその範囲を繰り返すことができます。

 

脳は繰り返すことで記憶を定着させるため、スピード感を意識して何度も繰り返して暗記すると効果的。

例えば、10分の移動時間に30個の英単語を覚える場合、30個を10分かけて1回で頭に入れるより、2分で30個を覚えて5回繰り返す方が、記憶に残りやすくなるので、短時間でどれだけ繰り返せるか意識して覚えるのがおすすめです。

 

時短暗記は、覚える範囲を決めて繰り返すことが重要であることを押さえておきましょう。

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

リラックスタイムの暗記方法

 

移動中や休憩時間を利用して時短で暗記できたとしても、満足してはいけません。というのも、暗記したことを思い出すことができるかどうかが、覚えることよりも重要だから

試験本番では、覚えたことをいかに早く思い出せるのかがポイントなので、普段から思い出す訓練をしておくことが必要不可欠です。

 

しかし、脳にストレスがかかった状態では、覚えたことを思い出すのに時間がかかってしまうだけ。リラックスできる環境で、思い出す訓練をしておくといいでしょう

例えばお風呂では、脳も体もリラックスさせることができるので、今日一日何を覚えたかをゆっくり思い出して復習するといいでしょう。

脳に記憶が定着されれば、思い出すのにかかる時間も短くなるため、暗記した内容をスムーズにアウトプットすることができるはずです。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

睡眠前と起きた後の暗記で時短効果が発揮される

 

時短で暗記するには、睡眠のメカニズムを利用するのも効果的です。脳は、睡眠中に記憶の整理と定着を行っており、寝る直前に暗記をした方が記憶として定着されやすいと言われています。

また、起きた後の脳は前日の疲れから回復したフレッシュな状態であるため、前日に覚えたことを記憶できているかどうか確認するには最適な状態です。

 

寝る30分前に暗記をし、起きてから前日に何を暗記したかを思い出して復習すると、新しい情報を効率よく記憶として定着させることができるでしょう。

睡眠のメカニズムと暗記の関係については、こちらの記事でも紹介しているので、読んでみてくださいね。→記憶が定着する睡眠時間 最低睡眠時間を知って、勉強効率を上げよう

まとめ



























時短暗記の方法

・時短暗記の方法その1 隙間時間を利用する   ・時短暗記の方法その2 短時間で集中し、繰り返して暗記する ・時短暗記の方法その3 必ず覚えたことを思い出す時間を作る

 

いかがでしたか?

最初から時間がないと決めつけず、限られた時間でどれだけ覚えられるか努力することが、試験の結果となって現れるはずです。

 

隙間時間を使って、1つずつ確実に暗記していきましょう!

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です