効率的に学習するテクニック

暗記を極めるには何が必要? 試験を制する最強の暗記方法を一挙公開

 

どんなことでも初めが肝心。暗記は勉強を始める最初のステップなので、暗記を極めることができるかどうかで、試験の結果が決まります。

人間だれしも得意、不得意がありますが、暗記が苦手な人は、勉強ができないわけでも暗記の才能がないわけでもなく、ただ効率よく暗記する方法を知らないだけ。

 

暗記は1つの技術であるため、鍛えれば鍛えるほど磨きがかかり、極めることができるのですが、その方法が間違っていては早く習得することはできません。

暗記力を身につけることができると勉強効率も上がるため、自然とやる気も起きてきます。

 

今回の記事では、暗記を極めるために必要な暗記の技術を取り上げ、効率よく暗記するコツ方法をご紹介していきましょう。

暗記を極めるのに最も重要なのは?

 

結論から言ってしまうと、暗記を極めるのに最も重要なことは、

スピード感を持って暗記に取り組むこと。

 

なぜスピード感が重要視されるのかというと、限られた時間にたくさんの情報をインプットし、いかにその情報を早く思い出すことができるのかが、試験に勝つためのポイントだから。

スピード感を重視して暗記力を鍛えるには、暗記カードを使う方法がいいでしょう。暗記カードは覚えるべきことが一問一答式にまとまっているすぐれもの。

 

英単語や難しい用語等は、表面に単語や用語、裏面にその意味や説明が書いてあり、カードはリングに綴じてまとまっているため、何度もめくって見ることができます。

一通りやってみたら、今度はカードを裏面から覚えるようにすると、表に書かれている内容を思い出す訓練もできるので、暗記効果を2倍にすることができるでしょう。

また、できるものはどんどんリングから外し、カードの枚数を減らしていくことで、覚える量を確認することができます

 

試験には制限時間があるので、1つのカードに時間をかけずに、できるものはどんどん答えていく、できないものは長く考えずに印をつけて次に進むといった方法で覚えるのが効果的。

こうしたスピード感を持った暗記方法をしておけば、タイムマネジメント能力も鍛えることができ、じっくり考えなければならない問題に時間を使うことができるようになるでしょう

タイマーなどを使って、制限時間内に全て答えられるよう訓練するのがおすすめです。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

インプットよりアウトプットが暗記を極めるコツ

 

覚えることだけに集中してはいけません。というのも、試験ではインプットした知識をいかに早くアウトプットできるかが試験結果を左右するから。

暗記した事実は覚えていても、試験本番でそれを思い出すことができなければ、何のために今まで勉強してきたのかわからなくなってしまいます。

 

しっかり結果を残すためには、新しい情報をインプットする時間よりも、いかに早く思い出すことができるのかが重要なポイント。そして何度も繰り返す!暗記を極める方法は実にシンプルなものなのです。

覚えたらすぐ思い出す訓練を積み重ね、忘れる前に思い出すことを習慣にしておくと、完全に忘れてしまい、また一から覚えなおさなければならないといった状況を防ぐことができるでしょう。

暗記を極めるノート術

 

暗記を極めるのに複雑なことは必要しません。ノートを作る時も、教科ごとに分けたりせずに、暗記専用の1冊のノートを作ります。その名も暗記ノート。

暗記ノートとは、暗記すべきことのみがかかれたノートです。自分が読めればいいので、きれいに書く必要はありません。

 

覚える必要のないことは一切書かないのが、暗記を極めるノートを作るポイント。隙間時間に暗記をするときは、思い参考書を持ち歩かなくても、暗記すべきことが1冊のノートにまとまっているので軽い荷物で済むでしょう。

また、問題を解いていて間違ったことのみをまとめたページを作るのも、暗記を極めるポイントの1つ。間違えたところはそのページを何度も見たり、声に出して読んだりして覚えると効果的です。

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

五感を使って暗記を極める

 

暗記を極めるためには、五感を使って暗記するのも効果的です。読む、書く、聞くをはじめとする五感を使って覚える方法は、記憶にも残りやすく簡単なものばかりなので、取り組みやすいでしょう。

五感を使って効率よく暗記するには、1つの方法だけでなく、複数の方法でアプローチすると、記憶に残りやすい覚え方をすることができます。

 

例えば、文章を暗記するときに、重要なキーワードに蛍光ペンを引いて覚えるようにします。キーワードの前後には、その説明が書かれているので、黙読ではなく声に出して文章読むと、キーワードの意味を覚えることができるでしょう。

声に出して読むと、耳から情報をインプットすることができるので、目と耳の両方を使って暗記することができます。替え歌を作って歌にして覚えるのもいいですね。

 

読むのと同時に録音しておくと、移動時間などに聴くことができ、耳からも復習することができて、暗記効率が上がります。同時に、読むときに頭の中でイメージを作り、関連付けて覚えられるとさらにいいでしょう。

また、蛍光ペンでしるしをつけたキーワードを見て、内容を説明できるようにする訓練もしておくのがおすすめ。

 

試験ではどんな問題の出され方をされるかわからないので、問題を読んでキーワードを答える訓練と、キーワードを見てその説明をする訓練を両方やっておくことも、暗記を極めるためのテクニックの1つです。

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

まとめ



























暗記を極めるコツ

・暗記を極める方法その1 スピード感を持って暗記する      ・暗記を極める方法その2 思い出す訓練をする ・暗記を極める方法その3 素直に実践する

 

いかがでしたか?

暗記を極めるにも、まずは基礎を理解するところから。暗記の技術を身につければ、勉強のスピードが加速していくはずです。

 

取り入れやすいものから試してみてくださいね。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です