効率的に学習するテクニック

記憶の定着にはアウトプットが重要 暗記効率を上げる勉強法はこれだ!

 

どんな勉強でも、記憶の定着を徹底することが学習効率を上げるポイントです。特にアウトプットがうまくできる人の多くは、学んだことをしっかりと脳に定着させることが得意。

記憶力を高めたいからと言って、多くの知識を頭にインプットすることだけ考えて勉強していては、いつまでたっても記憶力を高めることはできません。

 

なぜなら、「記憶力」というのは、覚える力と思い出す力の2つを鍛えることで得られる能力のことだから。

もし、記憶力が悪いと感じているのだったら、まず試験勉強を始める前に記憶力を鍛えることを優先した方が、学習効率は確実にアップします。

 

そして、記憶力をアップさせるには、インプットした情報をアウトプットすることが重要なポイント。

今回の記事では、なぜアウトプットが記憶の定着と関係しているのかについてご紹介し、暗記効率を上げるアウトプットの方法をご紹介していきましょう!

記憶力の定着にはアウトプットが必要な理由

 

記憶力の定着になぜアウトプットが必要なのかは、試験当日を想像してみると理解しやすいのではないでしょうか。

結論から言ってしまうと、覚えることがどれだけ得意であっても、覚えた知識を効率よくアウトプットすることができなければ、試験に合格することはできません。

 

試験当日、目の前に配られた問題を見てあなたはその問題を解いていくわけですが、問題を解くときに求められるのは学んだ知識をアウトプットし、答案を作っていくことですよね?

前に同じような問題を解いたことはあっても、どうやってその問題を解いたか覚えておくことができなければ、点数を取ることはできません。つまり、アウトプットが全てなのです。

 

また、正解を確認したときになって思い出しても、どうして解いたことがある問題なのに本番で解けなかったんだという悔しい思いが残るだけ。

厳しいことを言うようですが、点数につなげられる勉強の仕方をしなければ、ライバルに差をつけることはできません。

 

制限時間内に正確な知識をアウトプットする力を鍛えれば、確実に点数が取れるはずですよね?特に暗記科目は基本的な問題が多いため、暗記科目の得点は確実に取っておきたいところ。

したがって、アウトプット力を鍛えることで、試験の結果や気持ちの持ち方も大きく変わってくるということができるでしょう。

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

アウトプット力を鍛えるメリット

 

記憶の定着率は、どれだけ多くアウトプットをしたかによると言っても過言ではありません。というのも、脳に必要な情報と判断してもらうには、脳に印象付けることが必要だから。

もちろん、情報をインプットしないことにはアウトプットすることができないのですが、インプットするときには、あとでアウトプットすることを考えてインプットすると、学習効率を上げることができるでしょう。

 

というのも、インプットした情報を自分の言葉で表現することは、記憶しやすい形に変換しているということだから。

自分の言葉で表現できる人は、記憶の整理がきちんとできているのです。整理された情報をうまく引き出ことができれば、点数につなげることができますよね?

 

知識として知っていても、それをきちんとアウトプットできなければ点数につなげられないため、しっかりと自分の言葉で記憶を整理し、定着させることがポイントです。

また、アウトプット力を鍛えることで、併せて鍛えることができるのが思考力。自分の言葉でまとめるということは、暗記科目だけでなく、論文試験などの自分の考えを述べる試験対策にもなるのです。

 

では、具体的にどのようなトレーニングをすれば、記憶の定着がスムーズに行われるアウトプットができるようになるのでしょうか。

記憶に残るアウトプットの方法

 

記憶の定着に効果的な勉強方法は、すぐにアウトプットすること。すぐやることが記憶を早く整理して定着させるのには必要なのです。

というのも、人間の脳は、一度にいくつものことを処理しようとすると、パフォーマンスが落ちてしまうから。

 

すぐにアウトプットすることで作業効率を上げると記憶の定着も早くなり、結果として多くの情報を覚えることができるのです。

手を動かして書くことは、脳を活性化することのできるアウトプットの仕方の1つ。タイピングに比べて時間はかかりますが、手書きの文字の方が記憶に残りやすいのです。

 

「読む」ことで情報をインプットしながら、線を引いたり自分の言葉でまとめたりするのは効果的なアウトプット方法。

ただ読み進めてしまっても、前に何が書いてあったか思い出せず、戻って確認することってありますよね?

 

効率よく記憶に定着させるには、インプットとアウトプットを同時にすることがポイント。忘れる前に書く習慣をつければ、脳にストレスを与えることなく学習効率を上げることができるでしょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

まとめ



























アウトプットが記憶の定着に必要な理由

・アウトプットが必要な理由その1 試験はアウトプットが全てだから   ・アウトプットが必要な理由その2 記憶の定着には脳に印象付けることが重要だから ・アウトプットが必要な理由その3 すぐにアウトプットしないと忘れてしまうから

 

いかがでしたか?

脳に印象付けるアウトプットの方法は、五感を使って脳を刺激することが効果的と言われています。五感を使ったアウトプットの仕方は、こちらの記事でご紹介しているので読んでみてくださいね。
短時間で暗記する方法 確実に暗記するには五感のフル活用が効率的!

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です