効率的に学習するテクニック

1日で覚える方法 テスト直前!一夜漬けでも確実に暗記する方法を教えよう

 

スケジュール管理を誤って、気づけば試験の直前。1日で覚える方法でもなければ、試験範囲の勉強が終わらないと思ったことはありませんか?

覚えるべきことが時間までに終わらないと、何から手を付けていいかわからなくなり、焦ってしまいますよね?

 

でも、大丈夫です。これからお伝えすることに落ち着いて取り組むことができれば、あなたは試験までに覚えなければならないことを頭に入れることができます。

スケジュール管理能力をつけることも実力の一つですが、遅れてしまったからには少しでも点数につなげられる方法で勉強しなければいけません。

 

1日で覚えられる方法を実践して、間近に迫った試験に向けて、効率よく勉強していきましょう!

1日で覚える効果的な方法とは?

 

結論から言ってしまうと、1日で覚える方法で効果的なのは、

スピードを意識して勉強すること。

 

焦って勉強するというわけではありません。人間の記憶は、反復することによって脳に定着していくもの。

覚えるべきことがたくさんあるのなら、覚えるスピードを上げるのが最も効率よく暗記する方法。というのも、スピードが上がれば、繰り返す回数も多くなるから。

 

そのためには、覚える方法にも工夫が必要です。

 

例えば、ひたすら書くことを繰り返すより、ひたすら声に出して読んだ方が早いですよね?黙読するよりも、声に出した方が覚えるべき情報を耳からもインプットすることができるので効果的。

 

インプットするのと同時に声に出して読むということは、覚えた内容をアウトプットしているということ。

アウトプットすることによって記憶の定着率も上がるので、声に出すことは効率よく暗記する方法なのです。

 

早口でつぶやけば、反復する回数も多くなりますよね?インプットとアウトプットを同時に行う早口つぶやき学習は、最も効率よくに1日で覚える方法ということができるでしょう。

資料集やノートを見て覚える

 

時間のない中で参考書を一生懸命読もうとしても、なかなか内容を頭に入れることはできません。そんなときに役立つのが、資料集やノート。

資料集には、覚えるべきことが図や表になってまとまっていますよね?歴史や生物といった科目では、写真も資料集にまとまっています。

 

文字を覚えるよりも、視覚から認識したものを覚えておく方が脳にストレスをかけずに覚えることができるので、資料集やノートを使えば効率よく覚えることができるのです。

見て覚えられるものがない時には、参考書の内容を図式化してノートにまとめましょう。文章を丸暗記するよりも、フローチャートにしたり、絵にした方が、情報がまとまっていて覚えやすくなるでしょう。

 

また、図式化しておくと関連のある情報がまとまっているので、それを思い出すだけでいくつもの情報を一度に覚えることができるのです。

時間のない時こそ、情報を圧縮して効率よく覚えられる方法を見つけ出しましょう。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

1日で覚えるには、脳に刺激を与える方法が効果的

 

脳が刺激を受けると覚える力も強くなります。1日で覚える方法で効果があるのは、脳に刺激を与える方法で覚えること。

脳に刺激を与えるには、脳への血流を良くし、酸素を供給することが必要不可欠。1日で覚えなければならないのに、眠くなってしまっては勉強することができません。

 

眠くなってきたら、カフェインを含む飲み物を飲んで脳を刺激しましょう。コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには覚醒効果があるため、勉強する時に飲むと頭がスッキリした状態になるのです。

また、爪を押しながら勉強することがも効果的。指先には神経が集中しているので、爪を押すことで脳を刺激して、頭の回転を良くする効果があります。少し痛いと思うくらいの強さで押すといいでしょう。

1日で覚える必要がなくなる普段の勉強方法とは?

 

効率よく覚える方法を毎日続けていれば、一日で覚える必要はないですよね。普段の勉強で心掛けておくべきことは、復習に時間をかけること。

勉強したことを復習し、自分の理解しているものと理解できていないものを仕分けることが重要です。

 

既に理解しているものは、時間をかけてもう一度復習する必要はないですよね?わからないもの、覚えるべきものを把握するためにも、復習をしてから勉強を始めましょう。

覚えるべきことが把握できたら、そこを中心に勉強すること。わからないところを繰り返し勉強することができるので、時間を有効活用して理解を深めることができるのです。

「時間をかけて勉強しても、全然頭に入ってこないし覚えられられない・・・。」

「こんなに詰め込んで勉強しても、試験本番で思い出せるか不安だ・・・。」

同じように勉強していても、記憶力にも理解力にも差が出るのは、やはり頭の良さが関係しているのでしょうか。

 

実はまだあまり知られていませんが、

特別な才能がなくても、記憶と理解のスピードが驚くほど早くなる頭の良くなる勉強法」があるんです。

 

たくさんの知識を短時間で脳にインプットして、忘れない覚え方。

それが、速読」

 

速読は、今注目の勉強法なのです。

 

多くの人が勘違いしてるのは、速読とは早く読むだけの技術と思っていること。

 

こちらでご紹介されている速読法は、頭の中で情報を整理しながら早く読むテクニックが鍛えられるため、脳が情報をぐんぐん吸収。

さらに、早く読めるだけでなく、理解しながら読めて忘れない速読法は、今、最も画期的な勉強法として注目されているのです。

 

 

大学受験や難関と言われる法律系の資格試験だけでなく、TOEICなどの英語の試験にも応用できるこの速読法は、あなたの勉強のスピードを一気に加速させるもの。

具体的なノウハウが詰まったこちらの教材で、他の速読教材にはない「試験向け」の速読力を手に入れることが可能です。

 

数多くの資格を保有する名門学習塾指導者秘伝の、早く正確に覚えられて忘れない速読勉強法を、今すぐこちらからご確認ください。今なら試験に役立つ豪華特典が付いてきます。

>>ライバルに差をつける!】注試験向け速読勉強法は、こちらをクリックして今すぐ確認!

 

 

復習のタイミング

 

復習を定期的にしておけば、効率よく勉強を進めることができます。というのも、前に学んだことを覚えていなければ、新しい情報を詰め込んでも、脳への定着効率が悪くなるだけから。

授業が終わったらすぐに、今の授業で何を覚えたのかノートを見て復習しましょう。長い時間をかける必要はないので、1分程度で大丈夫です。

 

また、夜寝る前にも授業でどんな内容をノートを見ながら思い出します。ノートを見るのは授業中も含めて3回目なので、何がどこにかかれているか大体把握することができていますよね?

人間の脳は、睡眠中に記憶の整理と定着を行うため、寝る前に暗記をするのは、とても効果的な方法なのです。

 

さらに、朝起きた後にはノートを見ずに、どんな内容だったか思い出すと、覚えたことを確実な記憶として留めておくことができるでしょう。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

1日で覚えることができるようになる「速読」とは?

 

どんなに時間がなくても、1日で覚えることができるようになる勉強法。それは、

速読。

 

「速読と勉強なんて、全く関係ないじゃないか。」

多くの人が勘違いしているポイントがここです。もちろん、速読が早く読むための技術であることに間違いありません。

 

でも、本当の速読力とは、情報を素早く脳にインプットして、忘れない記憶を作るテクニックのことなのです。

速読力を身につけて勉強に取り入れれば、たとえ試験前日であっても、しっかりと記憶に残す勉強をすることができるでしょう。

 

では、どうやったら速読力を鍛えることができるのか。

それは、文章の読み方がカギとなるのです。意識を少し変えるだけで、早く正確に覚えられるようになれば、試験で必ず役に立つあなたの武器となることでしょう。

 

速読のやり方はこちらでご紹介しておきますので、是非チェックしてみてくださいね。
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

まとめ

 



























1日で覚える方法

・1日で覚える方法その1 スピードを意識し、1回でも多く繰り返して覚える   ・1日で覚える方法その2 資料集やノートを使って覚える ・1日で覚える方法その3 脳に刺激を与える

 

いかがでしたか?

テスト直前になって慌てて勉強することがないように、普段から効率よく覚える習慣を身につけ、スケジュール管理に気を配って勉強していきましょう。

普段の授業で効率よく覚える方法についはこちらの記事で紹介しているので、読んでみてくださいね。
授業中に覚える方法 暗記が苦手な人が授業だけで覚える力をつける勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です