効率的に学習するテクニック

一発で頭に入る勉強方法 勉強が頭に入りやすくなる方法を教えよう!

 

限られた時間の中で確実に頭に入る勉強方法を実践することは、資格試験に合格するには大変重要なこと。

特に時間のない社会人にとっては、効率よく勉強する方法を身につけなければ、最短で試験合格を目指すことはできません。

 

そのためには、勉強した内容をなるべく時間をかけずに頭に入れる必要があるのです。点数につなげることができなければ、どれだけ時間をかけて勉強しても意味がありません。

勉強したことを頭に入りやすくするためには、勉強に対するモチベーションを上げることが必要不可欠。チベーションをキープすることができれば、確実に勉強したことを頭に入れることができるようになるのです。

 

今回の記事では、勉強した内容が効率よく頭に入りやすくなる方法についてご紹介していきましょう。

 

結論から言ってしまうと、頭に入る勉強方法とは脳のやる気を引き出す方法で勉強すること。

誰かに褒められると、自分の続けてきた努力の甲斐があったという喜びと共に、やればできるという自信を感じることができますよね?

 

やればできると感じる回数が多ければ多いほど、脳は新しい情報を記憶しやすくなるのです。そのためには、目標を立てることが必要不可欠。

達成すべき大きな目標を立てることは、自分が今何に向かって勉強しているのかを確認し、モチベーションを上げることができます。

 

もちろん、このモチベーションを保ったまま勉強することは大切なのですが、勉強をマンネリ化させないためには、毎日目標を立てることが必要。

というのも、毎日目標を達成することが、やればできるという感覚を脳に覚えさせることができるから。

 

そのため、毎日立てる目標は、必ず達成できることにします。毎日やればできるという感覚を脳に味わわせることによって、勉強したことを効率よく記憶することができるでしょう。

参考:時間のない社会人でも確実に覚えられる勉強法 頭に入らない原因を追究しよう

効率よく頭に入れるには興味持つ

 

やりたくないことをやろうとしても、勉強したことを頭に入れることはできません。というのも、脳がストレスを感じると、覚える力が弱くなってしまうから。

やりたくない勉強をしょうがなくやったり、難しい問題をずっと考えていると、途中で集中力がなくなって他のことが気になったり、眠くなったりしてしまうもの。

 

脳が勉強することを拒否してしまうと、勉強のスピードを上げることができないのです。まずは苦手意識を捨て、勉強に興味を持つ努力をしましょう。

例えば、歴史の勉強をするときに参考書を読んで覚えようとしても頭に内容が入らない人は、興味を持てないから頭に入れることができないのです。

 

参考書を使っての勉強がつまらないと感じているなら、歴史に関する漫画を読んでみるといいでしょう。漫画なら難しい文章が並んでいるだけの参考書よりも読みやすく、あっという間に読み終えてしまいますよね?

また、ストーリーを知ることによって、もっと詳しく知りたいという興味も湧いてくるので、内容を頭に入れようとしなくても自然と覚えてしまっているのです。

 

さらに、勉強する時には細部まで観察するつもりで参考書を読むと効果的。というのも、漫画と同様に、観察力が高まれば、もっと知りたいという興味を持てるだけでなく、既に知っている情報と関連付けて新しい情報を覚えることができるから。

嫌いな教科も苦手意識を捨てて、楽しく勉強できる方法を見出しながら勉強を進めていくといいでしょう。

 

参考:暗記がつまらない?めんどくさい? 暗記が好きになるには復習方法が決め手

頭に入りやすいものから勉強する

 

とはいえ、脳のやる気を引き出すエンジンがかかった後は、頭に入りやすいものから勉強するのが効果的。好きなドラマは、先が気になって時間が経つのも忘れてずっと見てしまったりしますよね?

好きな科目から勉強し、脳がやればできると感じる状態になってから苦手な科目の勉強をすると、記憶のパフォーマンスが高まっているので、勉強効率を上げることができるのです。

 

何よりも重要なことは、早く勉強に取り掛かること。勉強を始めてしまえば、やる気のなかった脳を次第に勉強する状態に切り替えることができるでしょう。

 

【必見!】伸び悩んでいる成績を底上げする驚異の勉強法

 

短期間で成績を上げたい人は、絶対に読解力をつけておくべき。

というのも、何度も繰り返さないと覚えられないのは、文章の読み方が間違っているから。

 

文字を目で追うだけの読み方では、限りある時間を有効活用して勉強することができません。

でも、あるテクニックを使って文章を正しく読む方法を身につけることができれば、難しい言葉で書かれた難関試験の問題でさえも、一度で早く正確に理解することができるようになるんです。

 

それは、読解力と共に理解力と考える力を同時に伸ばすことのできる驚異の勉強法。

今、受験生の間でひそかに注目されている勉強法は、速読なのです。

 

>>【成功者多数!】速読実践者の声はこちらをクリックして確認

 

 

もう「時間をかけて勉強しても、全然頭に入ってこないし覚えられられない・・・。」「こんなに詰め込んで勉強しても、試験本番で思い出せるか不安だ・・・。」という心配もなくなります。

その理由は、この方法で数々の難関試験に1発合格し、40か国語もの言語を習得した東大卒の研究者によって確立された方法だから。

 

あなたは自分の読解力に満足していますか?

 

最速で成績を伸ばしたいと思うなら、早く正確に覚えられて忘れない速読勉強法を、今すぐこちらからご確認ください。

こちらから確認して頂くと、英語の速読スキルのトレーニングに役立つ特典が付いてきます。

 

>>【ライバルに圧倒的な差をつける!】注目の試験向け速読勉強法【特典付き】は、こちらをクリックして今すぐ確認!

 

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

 

 

時間を意識すると頭に入りやすい

 

試験勉強はスピードが命。覚えたことがしっかりと頭に入る勉強法は、時間を意識することがポイントです。

脳に記憶を定着させるには、何度も繰り返すことが重要ですが、短い時間しか勉強時間が取れなくても、覚えることを何度も声に出してつぶやいたり、何度も見たりすると、情報を頭に入れることができます。

 

また、長い時間机に向かって勉強し続けても、覚えることを頭に入れることはできません。というのも、集中力がない中で勉強しても、勉強効率を上げることはできないから。

勉強時間を短く区切り、休憩をはさみながら勉強した方が、脳を活性化することができるので、集中が切れてきたと感じたら、10分程度を目安に休憩を取るようにしましょう。

 

また、脳への血流が良くなると脳が活性化され、覚えたことが頭に入りやすい状態となるので、ストレッチをしたりして体を動かす時間を積極的に作ると効果的です。

参考:暗記力を高めるには運動をすべき! 筋トレ直後は暗記効果が上がる?

スピードと質を高めて頭に入れる勉強法

 

集中力が続かなければ、内容を頭に入れるのに時間がかかってしまいますよね?分厚い参考書の内容は、その参考書を全て読まなければならないんです。

ひょっとしてあなたは、参考書が厚ければ読むのにも時間がかかると思っていませんか?

 

確かにそう思うのも無理はありません。情報を頭に入れるには、しっかりと理解しながら読まなければならないわけですから。

でも、ふつう2時間かけて読むような参考書を、30分で全て読み終えることができるだけでなく、しっかりと内容を頭に入れることができたらどうでしょうか。

 

長い時間机に向かって勉強しなくてもよくなりますよね?

どうして長い時間机に向かわなければならないのか。

 

それは、単純に覚える量が多いから。

加えて、難しい文章であればあるほど、理解するのに時間はかかるもの。私もそう思っていました。

 

でも、覚える量を圧縮し、短時間で理解することができる勉強法があったんです。それは、

速読術。

 

速読とは、早く読めるだけでなく、内容を理解しながら頭に入れることができる勉強法。記憶に残る文章の読み方のテクニックのことなんです。

速読術に関する本を色々見てみましたが、「試験に役立つ左脳型速読術」という教材が速読力をつけるのに一番現実的な方法が書かれていました。

 

あなたが目指すのは、早く本を読む特殊な能力ではなく、試験に合格するための理解力を高め、時間を有効活用することですよね?

本気で速読力を身につけたいと思うなら、日本語だけでなく、英語の理解力も一気に高められる方法が具体的に書かれている速読教材を使うことをおすすめします。

 

具体的な速読のやり方がこちらで紹介されているので、読んでみてくださいね。
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

まとめ


























頭に入る勉強方法

・頭に入る勉強方法その1 勉強するモチベーションをキープする ・頭に入る勉強方法その2 興味も持って勉強する ・頭に入る勉強方法その3 時間を意識して勉強する


いかがでしたか?

最短で合格を勝ち取るためにも、ご紹介した方法を実践して勉強効率を上げていきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です