効率的に学習するテクニック

暗記力を高めるには運動をすべき! 筋トレ直後は暗記効果が上がる?

 

毎日続く試験勉強。暗記すべきことが多すぎて、運動している時間なんてとれないと思うこともありますよね?

健康維持のためには、適度な運動を習慣化することが大切ですが、暗記力を高めるにも運動が効果を発揮するんです。

 

暗記力を高めるためには、テクニックも必要ですが、暗記力を高められる環境づくりをすることも大切なポイント。

毎日机に向かって勉強することを続けていたら、脳を刺激することができず、勉強に飽きてしまって集中力が続きません。

 

真面目な人ほど一生懸命勉強し、これだけ勉強しているのにどうして暗記力がつかないんだと悩んでしまいます。

学校や塾で、「暗記力をつけるのには運動するといいんだよ」と教えてくれませんでしたよね?これから、なぜ暗記力をつけるのに運動が関係するのかを紐解いてお伝えしていきましょう!

暗記力を高めるのに運動が効果的な理由

 

結論から言ってしまうと、暗記力を高めるのに運動が効果的なのは、

脳への血流がよくなり、脳が活性化されるから。

 

運動が暗記力と関係しているなんて、信じられないですよね?というのも、少しでもたくさん勉強時間をとらなければいけないのに、運動している暇なんてないと思うから。

しかし、暗記力を高めるためには脳を刺激することが必要なのです。毎日同じことを繰り返していたら飽きてしまい、効率よく勉強を進めることができないですよね?

 

脳は1つの部分を刺激するよりも、いろいろなところから刺激を受けると活性化するもの。ただ机に向かって勉強するだけでは、新しい刺激は与えられません。

また、脳は血液の循環が悪くなったり、酸素が足りなくなったりすると、暗記することにストレスを感じてしまって、眠気を引き起こします。

 

であれば、血液を循環させて脳を活性化させれば、集中力が続いて暗記力を高められるということができますよね?

血液を早く循環させるには、運動するのが一番早いので、暗記力を高めるためには運動が効果的ということができるのです。

 

実際、ハーバード大学の研究結果によると、運動することによって脳の神経細胞が育ち、結果として頭が良くなるとのこと。

また、アメリカのジョージア工科大学によると、20分間の筋トレをすると、記憶力が10%向上するという研究結果も出ています。

 

有酸素運動をすることによって、脳への血流を良くし、暗記の定着を促す神経伝達物質が分泌されるとのことなので、運動が暗記力を高めるのに効果的なら今すぐ始めない手はないですよね!

では次に暗記力を高めるための運動をするタイミングについて、お伝えしていきましょう。

いつ運動すれば暗記力を高めることができるのか

 

結論から言ってしまうと、

運動をしてから勉強に取り組むと、暗記力を高めることができます!

 

先ほどもお伝えした通り、血流が良くなれば脳が活性化されて暗記力を高めることができるため、まず運動をしてから勉強に取り組むと、暗記すべきことをスムーズにインプットすることができるでしょう。

勉強しなければいけないのはわかっているのに、なかなかやる気になれず勉強が始められないということってありますよね?

 

そんな時は、思い切って運動をしてから勉強を始めることをおすすめします。運動することで脳を勉強に最適な状態に持っていくことができるため、気持ちを切り替えるウォーミングアップにもなりますよね。

また、2007年にドイツの研究者グループが行った実験によると、運動前より運動をした後の方が、20%早く単語を覚えることができたことが分かっています。

 

このように、勉強を始める前に運動をする習慣をつけることができれば学習効果が上がるため、暗記力だけでなく理解のスピードも速くなると言えるでしょう。

では、勉強前にどんな運動をすれば暗記力を高めることができるのか、具体的にお伝えしていきます!

暗記力を高めるおすすめの運動

 

運動する目的は、脳に血液を届けて活性化すること。暗記力を高めるためには、有酸素運動を積極的に取り入れると効果的です。

しかし、運動するなら何でもいいというわけではありません。過度な運動は脳へストレスを与えてしまい、暗記力を高めるどころかマイナスの影響を与えてしまうもの。

 

何事もやりすぎるのはよくありません。適度に運動することによって脳が活性化され、学習効果を上げるということを覚えておきましょう。

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

ジョギング&ウォーキング

軽くリズムを刻みながらのジョギングやウォーキングは、簡単に始められる運動の一つ。リズム運動は、記憶にかかわる脳内物質のセロトニンを分泌し、記憶力を高める効果があります。

カリフォルニア大学の研究によると、軽いジョギングを10分した後の脳は、短期的な記憶力が向上するとのこと。

長い時間続けなくても、ちょっとした運動で暗記力アップに効果的な運動ができるのはうれしいですね。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

逆立ち

 

脳への血流を良くするという意味では、逆立ちをするのが直接的な方法です。でも、逆立ちが難しくてできない人もいますよね?

逆立ちが難しい人は、椅子に腹ばいになった状態で頭をだらんと下に向けると、逆立ちした時と同じように頭の位置を下げられるので、この方法を試してみるといいでしょう。

腕立て伏せ

 

腕立て伏せも効果的な有酸素運動です。また、腕立て伏せのいいところは目標回数を決められるということ。

何回やったら勉強を始めようという目標を立てやすいので、計画的、かつ効率よく勉強をするためのウォーミングアップには最適な方法です。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

運動が苦手でも暗記力を高めるためにできること

 

運動が苦手な人は、手のひらを押し合うだけでも血流を良くすることができます。胸の前で合掌し、手のひらを押し合ってみましょう。

ゆっくり呼吸を繰り返しながら何度か押し合うだけでも筋トレになり、脳を活性化することができるので、何セットか続けてやるのがおすすめです。

まとめ



























運動が暗記に効果的な理由

・運動が効果的な理由その1 脳を活性化することができる    ・運動が効果的な理由その2 運動後の方が暗記力が高まる ・運動が効果的な理由その3 やる気を引き出すウォーミングアップになる

 

いかがでしたか?

運動して脳を活性化することができれば、集中して勉強に取り組むことができるでしょう。

 

集中力を高める方法についてはこちらの記事でご紹介しているので、併せて読んでみてくださいね。
暗記は集中力が全て! 確実に暗記する為の集中力習得方法を徹底解説

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です