効率的に学習するテクニック

暗記力をつけるには?暗記力がない人が暗記力を鍛える方法を徹底解説

 

いくらやっても暗記ができず、勉強に苦労している人は、暗記力をつけるにはもう遅すぎると諦めていませんか?

試験に合格するためには、暗記は避けて通れません。というのも、基礎的なことがわかっていなければ、応用問題も解くことができないから。

 

暗記力をつけることができて初めて、勝負のスタートラインに立てるというもの。暗記力をつけることを諦めてしまっては、前に進むことはできません。

暗記力がない人がやらなければいけないことはただ1つ。それは、暗記力をつけるためのトレーニングをするということ。

 

暗記力は鍛えれば伸ばすことができるんです。

 

学校や塾では、どうやったら問題を解くことができるのか、どう考えればいいのかということは教えてくれますが、どうやったら暗記力を鍛えられるかは教えてくれないですよね?

苦手なことを克服しない限り、ライバルに差をつけることはできません。今回の記事では、暗記力をつける方法についてしっかりとご紹介していますので、最後まで読んでいってくださいね。

暗記力をつけるには簡単なトレーニングから始めよう

 

暗記力をつけるにはトレーニングが必要ですが、暗記に苦手意識がある人がトレーニングと聞くと、勉強も苦手なのに、暗記力を鍛えることなんてできるのかと不安になりますよね?

大丈夫です。あなたは必ず暗記力をつけることができます。そして、暗記力をつけることができれば勉強の理解力も加速します。

 

何も難しいことをしなさいと言っているわけではありません。暗記力をつけるトレーニングも、まずは簡単なことから始めていきましょう。

 

結論から言ってしまうと、暗記力をつけるために今すぐあなたができることは、

暗記したいことを脳に印象付けること。

 

脳は苦手な方法で覚えようとするとストレスを感じてしまい、思うように覚えられなかったり、退屈に感じて眠くなったりしてしまいます。

脳にストレスを与えることなく暗記すること。それは、机に向かわなくてもできる暗記方法を身につけるのが一番です。

 

机に向かうと、これから勉強をやるぞ!と、無意識のうちに肩に力が入ったりしているもの。苦手な勉強に取り組むときは、なおさら気合を入れなければなりません。

暗記力をつけるには、まず楽しめる方法で暗記するのがポイント。机に向かわなくても、暗記したいことが脳に印象付けられる方法で覚えればいいんです。

 

トレーニングとか、鍛えるとかいう言葉を聞いて大変そうだなと思ったかもしれませんが、全くそんなことはありません。

今からご紹介する方法を実践すると、無意識のうちに自然と暗記力をつけることができますよ。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

家の中を暗記力トレーニングのジムにしょう

 

家の中で暗記力を鍛えるには、ふせんを使います。机の横とか、冷蔵庫の扉とか、トイレのドア、鏡の横など、自分の生活で目につくところには暗記したいことを書いたふせんを貼りまくりましょう。

目のつくところに暗記すべきことをかいた付箋を貼り、それを見るたびに口に出して言うことで、あなたは家の中のどこにいても、常に暗記に取り組んでいることになるのです。

 

見て読むだけなら簡単だし、机に向かって勉強する前のウォーミングアップにもなりますよね?暗記する内容によって色分けすると効果的。

勉強しているという意識を持たなくても暗記力を鍛えることができるので、非常に効果的なトレーニングということができるでしょう。

 

エピソード記憶を使って暗記力をつけよう

 

どうしても暗記できないことがあったら、あえて机から離れてみることをおすすめします。というのも、「これを暗記するときは自分はあそこにいた」という記憶が脳に印象づけられるから。

机に向かってばかりの勉強では、脳に刺激を与えることができませんよね?暗記する場所を変えて、脳に新しい刺激を与えることが、暗記効果を高めるということができるでしょう。

 

また、何かと関連付けて暗記すると、暗記した情報が脳に定着しやすくなります。誰かと一緒に勉強したり、勉強したことを誰かに話したりすると、そのエピソードも含めて記憶にのこるので、暗記したことを思い出す時に役に立つのです。

暗記力をつけるにはアウトプットが重要

 

暗記力をつけるには脳に印象付けることが重要ですが、新しいことを覚えるばかりが暗記ではありません。

というのも、えたことを口に出すこと(アウトプットすること)ができてはじめて、試験問題を解くことができるから。

 

また、暗記は覚えることよりも、思い出す力を鍛える方が効果的。

暗記で解ける問題は基本問題なので、絶対に点数を取っておきたいですよね?情報をインプットすると同時にアウトプットする方法で覚えると、効率よく暗記力をつけることができるでしょう。

 

一番簡単な方法は、暗記することを声に出してつぶやくこと。歩きながら早口で何度も繰り返して暗記すると、暗記すべきことを耳で聴くことができます。

さらに、歩きながらつぶやくことで血流もよくなり脳が活性化され、自然と暗記力を鍛えることができるでしょう。

 

覚えたらすぐにアウトプットする習慣をつけると、あなたの暗記力は確実にアップします。

音読による暗記効果についてはこちらの記事でも紹介しているので、読んでみてくださいね。
暗記は音読回数で効果を発揮! 勉強が頭に入りやすくなる方法を一挙公開

まとめ



























暗記力をつける方法

・暗記力をつける方法その1 暗記力をつけるには、脳にストレスを与えない    ・暗記力をつける方法その2 暗記力をつけるには、脳に印象付ける方法で覚える ・暗記力をつける方法その3 暗記力をつけるには、アウトプットすることを意識する

 

いかがでしたか?

暗記力をつけるために、今すぐできるトレーニング方法をまとめてみました。慣れてしまえば自然と暗記力をつけることができますよ!毎日コツコツ、できるところからがんばってみましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

 

 

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です