効率的に学習するテクニック

暗記中に眠くなる? 眠気に勝って勉強する方法はこれだ!

 

長い時間に机に向かって暗記していると、眠気を感じてきませんか?やらなくてはいけないのは分かっていても、気づけば睡魔との戦い。

暗記を早く終わらせて別の勉強をしようとしても、眠くて暗記した内容が頭に入ってこなければ、意味がないですよね。

 

暗記に限らず、勉強中に眠気を感じることはよくあります。でも、ここで横になって寝てしまってはいけません。

ライバルに勝つには、1分1秒が勝負。そう、寝ている場合じゃないんです。

 

合格への近道は、試験までに少しでも多くの問題を解いて、気持ちに余裕を持って試験に臨むこと。

計画通り勉強を進められるために、今あなたができることをお伝えします。眠気に勝って効率よく勉強していきましょう!

暗記しているとなぜ眠気を感じるのか

 

結論からお伝えすると、暗記をしている眠気を感じるのは、

脳がつまらないと感じているから。

 

人間の脳は素直なため、つまらない、興味がない、わからないと感じるものに直面すると、ストレスを感じて情報を受け入れるのを拒みます。

つまり、暗記しようとしても脳が情報を受け付けてくれないので眠気を感じてしまうのです。どの教科も万遍なく暗記しなければいけないのはわかっていますが、脳に拒絶されてしまっては勉強が進みませんよね?

 

暗記してる最中に眠気を感じたら、今暗記していることが途中であっても教科を変えましょう!

好きな教科の暗記なら、脳もストレスを感じずに受け付けてくれ、眠気を感じることなく暗記することができます。

 

好きな教科の暗記をさっさと終わらせられれば、スムーズに苦手な教科の暗記に移っていけます。

脳がストレスを感じないように、少ない分量を何回かに分けて暗記すれば、眠気を感じずに暗記することができるでしょう。

 

また、いつも同じ方法で暗記するのもよくないですね。というのも、覚え方が一緒だと脳に刺激を与えることができないから。

暗記の仕方を工夫して、脳に新しい刺激を与えるには、暗記術を身につけるのが一番!暗記術を習得するにもある程度時間が必要なので、今すぐ色々な暗記方法を試してみることをおすすめします。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

暗記していて眠気を感じたら仮眠をとる

 

暗記していて眠気を感じたら、脳がストレスを感じている状態とお伝えしましたが、暗記する教科を変えても、何をしても眠い場合は、思い切って仮眠をとってしまいましょう。

メンタリストDaiGoによると、1日の中で15分ほど昼寝を取り入れると、1日中パフォーマンスを維持することができるとのこと。

 

脳に入ってくる全体の情報の80%は、視覚からの情報と言われているため、脳は常に働いている状態。ストレスを感じて眠気を感じたら、いったん目を閉じて情報をシャットアウトすると、脳は記憶を整理することができるんです。

一旦仮眠をとって記憶が整理されれば、新しい情報を効率よく暗記することができますよね?暗記する時は暗記する、休むときは休む、とメリハリをつけて勉強することも重要です。

 

テニスの錦織圭選手も、「休むのも仕事のうち」と言っているように、パフォーマンスを上げるために休憩することは、できないまま続けるよりも高い効果が得られるのです。

仮眠時間が長くなりすぎることが心配だったら、コーヒーを飲んでから仮眠をとりましょう。コーヒーに含まれるカフェインの覚醒効果は、飲んでから30分で効いてくるので、寝過ごしを防ぐことができるでしょう。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

それでも暗記中に眠気を感じたら

 

何をしても眠い時は眠いです。でも、仮眠ばかりとっていても暗記すべきことは覚えることはできません。

こうなったらもう、睡魔と戦って暗記するのみ!脳がストレスを感じる以外に眠気を感じる原因を追及してみると、どうしたら眠気をなくすことができるのかが分かります。

 

結論からいってしまうと、脳に供給される酸素の量が少なくなると眠気を感じるのです。酸素を脳に届けるには、血流を良くするのが一番。

きながら暗記するのは、血の巡りがよくなり、体に酸素が供給されて脳にも酸素が行き渡るので、眠くならずに暗記できるおすすめの方法。動き続けなければいけないので、眠気も覚ますことができるでしょう。

 

また、立って暗記するのも効果的。眠くなったからと言って横になったら負けです。暗記する姿勢を変えて、眠気を覚ましましょう。

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

眠気を覚ます裏ワザ

 

少しの間息を止めると、一時的に酸素が不足する状態になりますよね?呼吸を止めると脳が酸素を得ようとするので、息を吸ったときにはすぐに脳へ酸素が送り込まれるので、眠気を覚ますことができるんです。

また、お腹いっぱい食べてしまうと、脳がリラックス状態となり眠気を誘ってしまうもの。暗記をする前には、いつもより食事の量を減らしておくと、眠くなることなく勉強することができるので、夜たくさん勉強したい人は、夕食の量を調整するといいでしょう。

 

他にも、

  • メンソレータムを目の下に塗る
  • 耳にエレキバンを貼る
  • 冷えピタをおでこに貼る

 

といった眠気を覚ますアイテムを使うのもいいですね。いろいろ試してみるといいでしょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

まとめ



























暗記中に眠気を感じた時の対処法

・暗記中の眠気の撃退方法その1 好きなものから暗記する    ・暗記中の眠気の撃退方法その2 思い切って仮眠をとる ・暗記中の眠気の撃退方法その3 息を止めてから一気に吸い込み、脳へ酸素を届ける

 

いかがでしたか?

仮眠が暗記効果を高めることについては、こちらの記事でも紹介しているので、読んでみてくださいね。→暗記は仮眠をとると効果アップ!? 仮眠をとって記憶の整理をしよう

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です