効率的に学習するテクニック

記憶力を鍛える勉強法 記憶力を高めるトレーニングを徹底解説!

 

記憶力を鍛えることができれば、勉強ができるようになったり、仕事が早くなったりと、時間を効率よく使うことができるようになりますよね。

記憶力は筋肉と同様に、鍛えることのできる能力。学校や塾では、暗記すべきところを教えてはくれますが、その暗記方法については教えてくれません。

 

つまり、記憶力の鍛え方は自分で見つけなければならないのです。同じところを覚えるにも、暗記が得意な人と不得意な人では覚えるスピードに差がありますよね?

記憶力を鍛えて覚えるスピードを上げることが、試験勉強を早く効率よく行うには重要なポイントなのです。

 

今回の記事では、学校でも塾でも教えてくれない記憶力を鍛える勉強の仕方と、記憶力を高めるトレーニング方法について、ご紹介していきましょう。

記憶力を鍛える一番簡単な方法は?

 

結論から言ってしまうと、記憶力を鍛える上で最も簡単な方法は、

アウトプットすること。

 

黙って勉強していても、なかなか記憶力を鍛えることはできません。というのも、人間は五感を使うと効率よく暗記することができるから。

意識して言葉に出せば耳からその情報を聞くことができるので、自分が何を覚えようとしているのかを脳に伝えることができますよね?

 

また、黙読するだけでなく、覚えるべきことをノートに書くと手が覚えてくれるので、効率よく暗記することができるでしょう。

さらに、覚えるべきものを付箋などに書いて、よく見るところに貼っておくのも効果的。付箋に書くときも、ただ書き写すのではなく覚えるという意思を持ち、声に出しながら書くといいでしょう。

 

アウトプットするときのポイントは、何度も繰り返すこと。脳が必要な情報と判断してくれるまでには時間がかかります。

スピードを意識しながら何度も繰り返してアウトプットすることによって、脳はその情報を必要な情報と判断し、長く記憶にとどめておくことができるようになるのです。

 

記憶力を鍛える方法としては、アウトプットして繰り返すのが最も効果的な方法だということを覚えておきましょう。

記憶力を鍛えるには脳に達成感を味わわせる

 

記憶力を鍛えるのに効果的なのは、脳に達成感を味わわせること。人間も、褒められるとやる気が起きて頑張れるという人っていますよね。

脳も人間の心理と同じで、目標を達成することでもっと覚えようとする力が増えていきます。したがって、脳に達成感をたくさん味わわせることができれば、記憶力も自然と鍛えることができるのです。

 

また、目標の立て方にも工夫が必要。もちろん、達成すべき大きな目標があることは重要なのですが、毎日脳に達成感を味わわせるには、その日に必ず覚えることができそうな量を目標に設定します。

そうすると、小さな成功体験が積み重なっていき、結果的に多くの量を暗記することができるので、記憶力アップのトレーニングになっているのです。

 

自分はこれだけの量を覚えることができたと知った時には、自信もつきますよね。脳をほめ続けて、記憶力アップを目指しましょう。

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

適度な運動は記憶力を鍛えるのにも効果的

 

記憶力を鍛えるには、毎日の習慣に運動を取り入れることがポイント。勉強が忙しくて運動する暇なんてないと思うかもしれませんが、運動は記憶力を高めるトレーニングにもなるのです。

長い時間机に向かって勉強していると、頭がぼーっとしてしまうもの。脳がストレスを感じると記憶するのが難しい状態になってしまうため、適度に休憩を入れて脳をリフレッシュさせることが必要です。

 

休憩中に軽いランニングをすれば血行が良くなり、脳に酸素を届けることができるので、有酸素運動を20分から30分続けると、脳が活性化されて記憶する力も強くなるのです。

外に出て運動する時間がとれなければ、ストレッチをするのも効果的。凝り固まった肩や首を回すだけでも、血流を良くすることができるでしょう。

 

また、眼球を意識的に動かすこともおすすめ。同じところを集中して見ていると、目も凝り固まってしまいます。

休憩時間には、目をギュッとつぶってパッと開いたり、目をぐるぐる動かして目の筋肉をほぐすことを意識すると、またリフレッシュした気分で勉強に取り組むことができるでしょう。

 

記憶力と運動の関係については、こちらの記事でも紹介しているので読んでみてくださいね。
暗記力を高めるには運動をすべき! 筋トレ直後は暗記効果が上がる?

覚えたことを思い出す習慣をつけて記憶力を鍛えよう

 

記憶力を鍛えるには、覚えることだけをしたのでは意味がありません。覚えたことを効率よく思い出すことができて初めて、記憶力をつけることができるのです。

試験で問われるのは、覚える力ではなく、覚えた知識をアウトプットすることですよね?試験では、問題を読んでどんな方法で覚えたものなのかを思い出し、答案を作っていくので、思い出す力を鍛えることが重要になってくるのです。

 

一日の終わりには、今日どんなことを勉強したのか思い出す習慣をつけると、寝ている間に脳が記憶の整理をしやすくなるのでおすすめです。

完全に忘れる前に思い出す癖をつけるためにも、覚えてから1日後、1週間後、1か月後といったように、時間をあけて思い出す訓練をするとさらに記憶力を高めていくことができるでしょう。

 

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

まとめ



























記憶力を鍛える方法

・記憶力の鍛え方その1 意識してアウトプットする   ・記憶力の鍛え方その2 毎日達成できる目標を立てる ・記憶力の鍛え方その3 適度な運動を取り入れ、覚えたことを思い出す習慣をつける

 

いかがでしたか?

鍛えるといっても、それほど難しいものはなかったのではないでしょうか。できるものから実践し、記憶力アップを目指しましょう。

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です