効率的に学習するテクニック

勉強が頭に入らない原因は? ストレスなく勉強が頭に入りやすくなる方法

 

勉強していても、覚えようとすると覚えられない、勉強が頭に入らないという悩みをを解決するには、その原因を知ることが必要です。

一生懸命勉強していても、結果が伴わなければ、勉強に対する意欲も薄れてしまいますよね?しかし、あなたには試験に合格するという明確な目標があるはず。

 

頭に入らない原因を少しでも早く取り除いて学習効率を上げなければ、ライバルに差をつけることはできません。

 

もしかすると、あなたの勉強の邪魔をしている一番の要因は、脳が感じるストレスかも。というのも、成果につながらない勉強を続けていること自体が、脳にプレッシャーを与えているから。

 

今回の記事では、ストレスの原因を取り除き、勉強したことを早く頭に入れる勉強法についてご紹介していきましょう。

頭に入らない勉強法がストレスの原因

 

勉強のやり方がよくないと脳がストレスを感じてしまうため、勉強した内容が頭に入らない悪循環を生みだしてしまうもの。

結論から言ってしまうと、脳がストレスを感じる勉強のやり方は、効率の悪い勉強法なのです。

 

というのも、苦労せずに覚えることができれば、脳はストレスを感じることはありませんよね?むしろ、覚えられたという達成感を感じることによって、更に記憶しやすい状態になるのです。

脳にストレスのかかる覚え方というのは、無理やり覚えようとすること。暗記することを目的とした勉強の仕方ではいけないのです。

 

あなたが暗記をしている目的は、試験に合格するためですよね?合格後に覚えた知識を使って活躍することを考えているのであれば、覚えたことをしっかりと記憶に残すことが必要。

なぜなら、試験に受かるためのその場しのぎの勉強では、知識があっても実際に使うことができないから。

 

ストレスを感じることなく、多くの情報を覚えるのに一番効果的な方法は、基礎をしっかり固めること。基礎をしっかり頭にいれることで、忘れない記憶を作ることができるのです

では、どのような方法で基礎を固めていけばいいと思いますか?

書くことで基礎を固める

 

わからない用語や言葉の意味は、めんどくさがらずにすぐに調べておきましょう。ポイントは、覚えることをしっかりと書くこと。

書く目的は覚えるためではなく、意味を理解するためなので何度も書く必要はありませんが、どうせ書くなら、復習がしやすいように書いておくといいでしょう。

 

例えば、単語は暗記カードに書いておくと効果的。移動中などの隙間時間にもサッと見ることができるので、持ち運びしやすくていいですよね。

また、大きめの文字で覚えることを紙に書き、トイレや机の横の壁などに貼っておくと、目にするたびに覚えることを確認できます。

 

いたものを目にした回数が多ければ多いほど、勉強した内容が頭に入りやすくなるので、後から復習しやすい形にして書くと頭に入りやすくなるでしょう。

このときに、文字を覚えようとしてはいけません。しっかりと内容を頭に入れることを考えて、文字から読み取った情報を頭の中でイメージすると、暗記力を高めることができるのです。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

勉強が頭に入らないのは集中力の欠如が原因

 

あれこれ勉強しようとしても、全てを頭に入れることはできません。というのも、一度にいろんな勉強をしようとすると、どれを優先して勉強しなくてはいけないかわからなくなってしまうから。

勉強が頭に入らないのは集中力の欠如が原因だったとしたら、まずは集中力を高める方法を身につけなければなりません。

 

集中力というのは、時間が経つのも忘れるくらい、何かに没頭しているときの状態のこと。まずは、自分がどんなときに夢中になっているかを思い出してみるといいでしょう。

実は、本を読む、買い物をする、ゲームをする、友達とおしゃべりをする・・・といったように、あなたが好きなことをしているときが、集中力が高まっている状態。

 

集中力を保ったまま勉強するのに効果的なのは、あなたの好きな科目から勉強を始めること。好きなこと=得意なことが多いので、覚えることも問題を解くことも苦痛ではないはず。

脳を集中した状態にしてから苦手な勉強をする習慣をつけると、内容を効率よく頭に入れることができるでしょう。

 

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

参考:暗記は集中力が全て! 確実に暗記する為の集中力習得方法を徹底解説

効率よく暗記するためには睡眠が必要

 

脳に負担を掛けずに勉強したことを頭に入れるには、しっかりと睡眠をとることが重要です。

身体もそうですが、疲れているときに何かやろうとしても、行動するのがめんどくさくなってしまうもの。何かするにしても、疲れを感じていては早くこなすことはできません。

 

身体の疲れと同じように、脳も疲れを感じると記憶するパフォーマンスが落ちてしまうのです。疲れを感じたら、無理をせずに睡眠をとって脳を休ませましょう。

睡眠の学習への影響は、脳の疲労を回復させるだけではありません。人間の記憶は、睡眠中に記憶の種類が分類され、脳に定着していくのです。

 

6時間以上の睡眠をとることを心掛けると、記憶のパフォーマンスが回復し、集中して勉強することができるでしょう。

参考:睡眠は記憶の整理と定着の時間 睡眠と勉強の関係を理解して記憶力を高めよう

まとめ


























勉強が頭に入らない原因は?

・勉強が頭に入らない原因その1 ストレス:基礎を固めてストレスなく覚えよう ・勉強が頭に入らない原因その2 集中力の欠如:好きなことから勉強しよう ・勉強が頭に入らない原因その3 睡眠不足:6時間以上睡眠をとろう

いかがでしたか?脳をやる気にさせることが、勉強した内容を効率よく頭に入れるコツ。覚えられない原因を解消し、学習スピードを上げていきましょう。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です