効率的に学習するテクニック

短期間で覚える効率の良い暗記方法 短時間の勉強で確実に暗記するには?

 

「試験範囲が広すぎて勉強が全然終わらない」「効率よく短期間で覚えるには、どんな勉強の仕方をすればいいんだろう。」

こんな風に考えたことはありませんか?

 

あなたが挑戦しようとしている試験は、覚える量がたくさん!テキストを見ただけで、こんなに大量の情報を覚えられるのかと途方に暮れてしまったりしますよね。

試験勉強が大変なのは当たり前。

 

だって、試験は落とすためにあるんです。

 

みんなが簡単に取れてしまうなら、資格を持つ価値がなくなってしまうじゃないですか。資格は本気で勉強に取り組めた人が勝ち取るものができるのです。

でも、試験勉強を長く辛いものにはしたくないですよね?

 

であれば、短時間で効率よく覚える勉強方法を実践するのみ!今回の記事では、短期間でも確実に暗記することができる勉強方法についてご紹介していきましょう!

 

短期間で覚えることができる最も効果的な勉強方法とは?

 

結論から言ってしまうと、短期間で覚えることができる勉強方法は、

五感をフル活用して覚えること!

 

「なんだ、聞いたことあるよ。大して珍しい方法じゃないじゃん。」って思ったあなた。その方法、やってみたことありますか?

勉強法に関する知識ばかりあっても、それを実際にやってみたことがなければ、ただの物知り。効果のありなしはわかりませんよ。

 

「やった人の話を聞いたことあるけど、ほんとに効果があるのか微妙だし。」

これが何を意味しているかというと、その人はやってみたから効果のありなしを判断できたのです。

 

これから五感を使ったおすすめの暗記方法をご紹介するので、あなたも是非一度やってみませんか?試してみる価値は十分ありますよ♪

短期間で覚える鉄板の勉強方法は音読

 

短期間で覚える勉強法で効果的なのは五感を使った暗記方法とお伝えしましたが、五感を使った暗記方法の中でも、特におすすめするのが音読。

人間の記憶って、何かと関連付けることで定着していくんですが、声を出すことが最も記憶に残りやすいんです。

 

それは、

脳を直接刺激できる方法だから。

 

ここで、人間の記憶のメカニズムを少し説明しておきますね。記憶というのは、大きく分けると「短期記憶」「長期記憶」という2種類の記憶に分けられるんです。

文字を見てもわかるように、短期記憶は時間が経てば忘れてしまう記憶であるのに対し、長期記憶は、長く脳に残しておける記憶。

 

勉強した内容を覚えておくためには、「長期記憶」をたくさん作ることが必要なのです。

 

では、どうやったら勉強した内容を長期記憶にできるのかというと、脳に刺激を与えながら覚えること。

参考書をただ眺めていても、勉強した内容を頭に入れることはできません。脳に必要な情報と判断させるには、脳に刺激を与えることが必要なんです。

 

そこで、五感を使いながら勉強すると、脳に刺激を与えることができるので、学習効率がグッと上がるというわけです。

音読をすると覚えるべきことを目で見ることができるし、耳でも聞くことができますよね?

 

目だけではなく、耳からも覚えるべきことを脳に届けられるため、音読は最も効果的な暗記方法と言っていいでしょう。

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

短期間で学習効率を上げるには、覚えたことを繰り返す

 

声に出すことで脳を刺激することができても、1回読んで終わりにしてしまっては意味がありません。というのも、1回読んだだけでは脳に必要な情報ということを伝えられないから。

そのため、覚えたことを長期記憶にするために必要なこと。もう何だかわかりますよね?ずばり、その方法とは、

 

何度も繰り返すこと!

 

反復学習って本当に効果があるんです。これはやった人にしかわからないと思いますが、繰り返す回数が多ければ多いほど記憶に残るんです。

繰り返すと暗記効率が上がると言っても、疲れる方法で繰り返すことはやりたくありませんよね?

 

おすすめの暗記方法である音読は、ただ読むだけ。

声に出して何度も読むことは、何度も書くことに比べると、とっても簡単で疲れないため、最も効率のいい勉強方法と言うことができるでしょう。

 

大きな声を出すと疲れてしまうので、小声でつぶやく程度で十分。むしろ、小声の方が早く何度も繰り返すことができるのです。

 

もちろん、ひたすら書いて繰り返すことも、決して無駄ではありません。例えば漢字や英単語のように、何度も書いて手に覚えさせた方が効率がいいものもあります。

でも、覚えるべきことを全部書いていたら疲れてしまいますよね?

 

効率のいい勉強とは、いかに短時間で楽に覚えられるかということ。書いて覚えた方が効果的なものと、書くこと以外で脳を刺激するほうが効果的なものは何なのか。

勉強を始めるときにはしっかりと計画を立て、何をどの方法で覚えると短時間で覚えることができるのか、仕分けをしておくといいでしょう。

 

そして短時間で覚えるために必要なものは集中力!

ダラダラ勉強せずに、時間を決めて集中して覚えた方が、学習効率をグッと引き上げることができるでしょう。

 

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

まとめ


























短期間で覚える勉強法

・短期間で覚える勉強法その1 音読は脳を刺激して覚える最高の勉強方法 ・短期間で覚える勉強法その2 何度も繰り返すことで脳に刺激を与える ・短期間で覚える勉強法その3 何をどの方法で覚えるのか仕分けをする

いかがでしたか?今回の記事では、五感を使う勉強法の1つである音読の効果についてお伝えしました。

その他の五感を使った暗記方法についてはこちらの記事でご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
確実に早く暗記する方法 五感を使って大量の情報を暗記する裏ワザ

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です