効率的に学習するテクニック

【たったこれだけ!?】試験で確実に思い出せる驚異の合格勉強術

 

あれ・・・。これ絶対勉強した。あー、なんだったっけ・・・。くそー、勉強したのに思い出せない・・・。」

こんな経験、ありませんか?

 

勉強したことは覚えていても、内容を思い出すことができないことほど悔しいものはないですよね。

試験で見たことがある問題が出題されても、回答することができなかったら後悔しか残りません。

 

はっきり言ってしまうと、知識を増やすだけなら、誰にだってできるんです。

例えば、一度見たことがあるものや聞いたことのあることは、「あー、あれね。知ってる知ってる。」って思うことありませんか?

 

でも、試験本番ではそうはいきません。

だって、いくら知識があっても答えることができなければ、全く役に立ちませんよね?

 

だから、試験で実力を発揮するためには、勉強したことを覚え続けておくことが必要なんです。しかも、時間内に回答することが必要不可欠。

つまり、覚えた情報をすぐに脳の引き出しから取り出すことが試験突破のカギとなるのです。

 

そして、それを意図も簡単に実現して合格を勝ち取ることができる驚異の勉強方法を、これからご紹介していきましょう。

やっぱり試験は暗記が全て?

 

試験勉強といえば暗記が中心。当たり前のことですが、新しいことを勉強する時に読む参考書には、知らないことばかり書かれています。

専門性が高くなればなるほど、用語や文章も難しくなるため、暗記のハードルも一気に高くなりますよね?

 

暗記する量が多くなると、試験本番まで覚えておくことができるか、不安になることもあるでしょう。

そのために必要なのが、

 

効率よく記憶するテクニック。

 

もはや、暗記ではないんです。

試験に合格するためには、記憶することが求められているのです。

 

「ん?暗記と記憶・・・同じじゃないの?」と思いますよね。

ここで、「暗記」と「記憶」の違いについてお伝えしておきましょう。

暗記と記憶の違いって?

 

「暗記」と「記憶」を辞書で調べると、下記のように書かれています。

 

暗記

  • 書いてある文章を見ないで口に出して言えるようにするために覚えること。記憶法の一種である。

記憶

  • ものごとを忘れずに覚えていること。また覚えておくこと
  • 過去の経験の内容を保持し、後でそれを思い出すこと。
  • 将来に必要な情報をその時まで保持すること。

Wikipediaより

 

わかりますか?つまり、「暗記」とは覚えること「記憶」とはえ続けることと言うことができますよね?

試験に必要なのは、覚えることではなく覚え続けておくこと。すなわち、試験に合格するためには「暗記力」ではなく「記憶力」が必要なんです。

 

「覚え続ける」とはどういうことかと言うと、既に覚えている情報を必要に応じて脳の記憶の引き出しから引き出すこと。

 

つまり、記憶力とは、覚えたことを思い出す力なのです。

 

何かを思い出すとき、過去にどんな経験をしたのか記憶をたどることってありますよね?

勉強でも、一つ思い出すことで関連する情報を芋づる式に引き出すことができれば、試験で早く問題を解くことができると思いませんか?

 

そのためには、はじめに覚える(=暗記する)ときに、思い出しやすい状態(=覚えたことを記憶から引き出しやすい状態)で覚えられたらいいですよね。

 

そこで必要なのが理解力

 

理解せずに覚えるのは丸暗記。理解していないものを長期間覚えておくというのは、特別な才能がない限り不可能に近いでしょう。

しかも、短期間しか覚えていられないような試験で役に立たない方法で覚えても、時間の無駄になるだけですよね。

 

「全部理解してから覚えていては時間が足りないから丸暗記するんじゃないか」と思うかもしれませんが、その理解と暗記をとてもシンプルな方法で同時に実現してしまうものがあるんです。

それが、

 

「試験に受かるユダヤ式記憶術」

 

という教材。

 

では、「試験に受かるユダヤ式記憶術」とはどんな教材なのでしょうか?

→「試験に受かるユダヤ式記憶術」のご紹介はこちらをクリック

「試験に受かるユダヤ式記憶術」ってどんな教材?

 

覚える為の方法って、いろんなテクニックがありますよね?

例えば、五感を使ってイメージしながら覚えるといいものや、何度も繰り返し読む、書く、聞くといった方法。

 

確かに、イメージすることや反復して覚えることが、効果的な覚え方であることに間違いありません。

 

でも、考えてみてください。

イメージすることが記憶に残りやすいと言っても、そのイメージを作ることに時間がかかると思いませんか?

 

また、何度も繰り返し読む、書く、聞くという方法は、覚えたことを必要な知識として脳に定着させるために有効な方法ではありますが、反復することは思い出せるようにするためではなく、忘れないためにしていること。

覚える量もたくさんあるのですから、何度も繰り返したからと言って試験本番で絶対に思い出せるとは限りません。

 

さらに、何度も繰り返して覚えても、理解が伴っていなければ関連する情報を一度に引き出すことはできないでしょう。

 

この、「試験に受かるユダヤ式記憶術」のすごいところは、たった1種類の図式を覚えるだけで、理解力と記憶力を同時につけることができるというところ。

しかも、その図式は比較的シンプルなもの。才能やテクニックは必要なく、その図式を1つ覚えるだけで、芋づる式に覚えたことを思い出せる方法なんてす。

 

色んな暗記のテクニックを身につけることに比べたら、図式を1つ覚えることなんて簡単じゃないですか?

 

覚える内容が盛りだくさんなのに、覚え方が複雑なものだったら試す前にうんざりしてしまいそうですよね。

でも、図式を1つ覚えるだけという簡単な方法で、長く記憶に残すことができるなら、試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

ただ、「本当に図式1つ覚えるだけで理解と暗記が同時にできるのか」と思うのもわかります。

しかし、図式を覚えるのもすぐに投げ出してしまうようでは、結果は見えないんです。

 

実は、この図式で理解と暗記が同時にできるのは、様々な”思い出すきっかけが頭に入る仕掛けが隠されているから。

そして、図式自体にも理屈があるため、理解してしっかり記憶することができるんです。

 

論文試験のような論理的な答案を作ることが求められる試験でも、この図式に沿って文章を書くことで、足りない部分が何なのか簡単にチェックすることができてしまうんですよ。

 

さらに、「ユダヤ式記憶術」の図式を利用することによって、試験勉強だけでなく、仕事においても、論理的かつ論点に抜けのない書類を作ることだってできるのです。

シンプルなのに様々な場面に応用できてしまうからこそ、この教材を試してみることをおすすめします。

 

ただし、この教材は思い出すことのできる長期記憶を鍛えるために作られているため、短期記憶や、すぐに覚えられる方法を求めている人には当てはまりません。購入前にはよく検討してくださいね。

→「試験に受かるユダヤ式記憶術」のご紹介はこちらをクリック

口コミ・評判

  • 丸暗記的要素の強い内容は覚えにくいと思います。
  • 瞬間的な記憶には向いていないようです。
  • 動画や音声ファイルなどがあればより便利なのにとも思いました。内容そのものには大きな不満はなかったですね。
  • 仕組みを覚えて慣れてしまうと記憶しやすいし忘れにくいのですが、確かに短期間では厳しいかもしれませんね。

 

  • 特別な方法なので一見時間がかかりそうな気がしますが、慣れればこれほど効率的な勉強法はないと思います。
  • 勉強時間が短縮されます。
  • このやり方なら論理に強くなれます。
  • 本編のユダヤ式以外にも、教材中ではあっと驚く記憶術が紹介されていて、こちらも地味に使える内容ですね。
  • 理解して記憶せざるを得ない仕掛けがあるので、長期間記憶できます。

 

 

なるほど。

慣れが必要な部分はありそうではありますが、口コミは概ね悪くなさそうです。勉強する内容によって、「ユダヤ式記憶術」を使い分けることができるようになるとよさそうですよね。

ある塾では、この図式を使った記憶術を生徒に教えたところ、5教科で500点満点のうち、点数が208点上がった生徒もいたとのこと。

 

しかも、図式を使って論理的な思考ができるようになり、語や数学のような記憶することとは関係のないような科目の点数も伸びたそうですよ。

一度身につけたら、いろんな場面で使えそうなテクニックですよね。

只今モニター募集中!

 

こちらの教材は29,800円(税込)で販売されているようですが、今ならモニターを募集しているようで、15,800円(税込・送料込)で購入できるとのこと。

実践した後に簡単な感想を送るだけのようです。(※回答がなくても特に何かあるわけではないと書かれています。)

 

簡単にできる方法だからこそ、苦痛を感じることなく続けられそうですよね。

あなたも是非、このモニター価格で購入できるチャンスを逃さず、「試験に受かるユダヤ式記憶術」の効果を感じてみてくださいね。

 

→「試験に受かるユダヤ式記憶術」のご紹介はこちらをクリック

 

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です