効率的に学習するテクニック

勉強のスピードが加速する暗記のコツ 思い出す力をつけて苦手な暗記を克服しよう!

 

勉強は全て覚えることから始まります。新しい知識をインプットしないことには、勉強を進めることはできません。すなわち、勉強は暗記が全て。

極端なことを言ってしまうと、暗記のコツさえつかんでしまえば、試験勉強のスピードを一気に加速させることできるのです。

 

どんな勉強でも、知識をインプットするところから勉強をスタートさせますが、暗記が苦手な人はインプットのコツをつかめていないことが問題。

また、インプットした知識はアウトプットしなければ記憶に定着させることはできません。インプットとアウトプットが効率よくできるようになって、暗記できたということになるのです。

 

今回の記事では、暗記のコツとしてインプットの方法とアウトプットの方法をまとめ、勉強のスピードを上げる方法についてご紹介していきましょう。

暗記のコツは繰り返すこと

 

結論から言ってしまうと、暗記のコツは勉強したことを繰り返すことが全て。

そもそも、勉強すること自体が覚えることなので、暗記力はコツがわかればすぐに身につく訳ではありません。

 

すなわち、暗記力を身につけるには努力が必要であるということ。どれだけ真剣に取り組むことができるのかによって、ライバルに差をつけることができるのです。

そのために必要なことは、当たり前のことですが、何度も繰り返し勉強するということ。

 

人間には大きく分けると2種類の記憶があり、一時的な記憶は短期記憶、長期間覚えておくことができる記憶は長期記憶として分類されます。

通常、長期記憶として分類される記憶は、命に関わるような重要な情報。何度も頭に情報が入ってくることで、脳はその情報を必要な情報と判断し、一時的な短期記憶を長期記憶へと変えることができるのです。

 

意識しておかなければならないのは、1回で覚えようとしないこと。というのも、何としてでも覚えるんだという考えが脳にストレスを与えてしまい、脳が記憶しにくい状態になってしまうから。

脳にストレスを与えずに覚えることが、暗記力をつけるためのコツ。身構えることなく楽な気持ちで繰り返すことが、勉強した内容を効率よく記憶するためのポイントです。

 

また、早く覚えるためには、インプットするスピードを上げることが必要。早く繰り返せば何度も情報をインプットすることができるので、短時間で覚えることができるようになるのです。

参考:暗記を極めるには何が必要? 試験を制する最強の暗記方法を一挙公開

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

勉強したことを思い出すのが暗記のコツ

 

新しい情報をインプットすることだけが勉強ではありません。というのも、試験本番ではインプットした情報をアウトプットすることが求められるから。

効率よくアウトプットするためには、頭の中の記憶がきちんと整理できている状態になっていなければなりません。

 

新しいことを勉強する前には、前に勉強した内容を練習問題などを使って確認し、自分が理解できているかどうかを確認するようにしましょう。

ポイントは、わからない問題の答えはすぐに見ないこと。じっくり時間をかけていいので、思い出すことに集中します。

 

どうしても思い出せないときには、何が思い出せなかったのかをメモしておき、できなかったところを中心に勉強すれば、自分の弱いところを集中して勉強することができるでしょう。

参考:最強の暗記ノートの作り方 暗記用ノートはルーズリーフにまとめるのがおすすめ

 

また、思い出すときには、どのようにして覚えたのか、どこで勉強したことなのか、といったことを思い出すようにすると、思い出す力のトレーニングができます。

そのため、覚えるときには、思い出しやすい形にしてから覚えるようにすると、思い出すスピードが早くなるのです。

 

では、覚える時にはどのような方法で覚えればいいのでしょうか?

暗記のコツは脳に刺激を与える方法で覚えること

 

勉強を楽しむことができる人は、暗記も楽しくできるはず。脳を楽しませるコツがわかれば、覚えることも苦痛ではなくなるでしょう。

脳に刺激を与えると、効率よく暗記することが可能です。特に、五感を使って脳に刺激を与えることが効果的。

 

例えば、活字を見るより、覚えるものをイメージ化した方が、より鮮明に記憶に残ります。小説を読むときには、頭の中でストーリーをイメージしながら読んでいる人も多いのではないでしょうか。

イメージできた方が思い出しやすくなるので、文字はイメージに置き換えて暗記するようにするといいでしょう。

 

また、イメージすることが難しければ声に出して音読したり、体を動かすことによっても脳に刺激を与えることができるため、自分にはどの覚え方が合っているのかを把握しておくといいでしょう。

参考:自分に合った記憶の仕方を見つけよう 認知特性の種類からの記憶タイプ診断

まとめ


























勉強のスピードが加速する暗記のコツ

・暗記のコツその1 繰り返し覚える ・暗記のコツその2 思い出す力をつける ・暗記のコツその3 脳に刺激を与える方法で覚える


いかがでしたか?

インプットとアウトプットのバランスを考えながら学習計画を立て、効率よく勉強していきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です