効率的に学習するテクニック

記憶に残る覚え方を徹底解説 効率よく記憶に残す勉強法を教えよう!

 

どんなに勉強しても、記憶に残る覚え方ができていなければ勉強効率を上げることはできません。というのも、できるだけ短時間で知識を身につけることが、試験勉強には必要不可欠だから。

試験では、勉強した内容がきちんと知識として定着しているかどうかが問われます。しかし、資格を取得するために試験があるのは、あなたの知識量を確認するためだけではありません。

 

試験範囲が広い試験において制限時間内に問題を解くということは、知識量だけでなく、素早い理解力、判断力、そして応用力があるかどうかも同時に試されているもの。

記憶力を身につけることができれば、これらの力も同時につけることができ、結果的に頭の回転を速くする力をつけることが可能です。

 

試験に合格するためだけの勉強なら、丸暗記でも対応することが可能ですが、資格を取得した後にその知識を使ってやりたいことをするためには、学んだことをしっかりと記憶に残し、すぐに使える状態にしておくことが重要。

 

試験に合格した後の未来の自分の姿を思い浮かべ、目的意識を持って勉強することで、勉強に対するモチベーションを上げていきましょう。

今回の記事では、記憶に残る覚え方を習得し、勉強効率を上げるテクニックについてご紹介していきましょう。

記憶に残すためには興味も持つことが重要

 

記憶に残る覚え方として一番重要なのが、興味を持つということ。人と話をするときも、自分に興味がなく、ただ聞くだけでは、その内容を詳しく覚えておくことは難しいですよね?

まず、試験に合格するという目的意識を持って勉強に取り組むことが大前提ですが、苦手な科目であっても興味を持つことを忘れてはいけません。

 

苦手な科目であっても、「これが理解できれば試験に合格できる」という思いで勉強に取り組むことで、モチベーションを上げることができるのです。

分からないからこそ興味を持ち、なぜその答えになるのか注意深く観察して理解を深めることが、記憶力を高めるためのポイント。

 

時間がないからといって焦って勉強しても、しっかりと理解できていなければ記憶に残すことはできません。

理解力がつけば応用力をつけることができます。さらに、応用力がつけば判断力も高まり、早く正しい答えを導くことができるのです。

 

しっかりと考える時間を確保することによって、自分がどのように考えて答えたのかが記憶に残り、その覚え方の過程も記憶に残すことができるでしょう。

記憶に残すにはアウトプットする

 

 

情報をインプットするだけの勉強の仕方では、しっかりと覚えたことを記憶に残すことはできません。というのも、人間の脳は命に関わるような重要な情報でない限り、1回で記憶することはできないから。

インプットした情報を自分の言葉に置き換えることは、自分が理解できているかどうかを確認できる最も効率のいい方法。

 

脳に何度も情報を送ることによって、その情報を必要な情報と判断させることができ、結果として記憶に残すことができるようになるのです。

つまり、アウトプットした回数が多ければ多いほど、情報が記憶に残り、長い間覚えておくことができるということ。

 

また、自分の言葉に置き換えた情報を録音し、寝る前や睡眠中に耳から聞くと脳を刺激することができるので、脳の特性を活かして記憶に残すことができるでしょう。

参考:睡眠学習の暗記の効果がすごい 睡眠時間を利用した勉強法を教えよう

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

記憶を引き出す瞬発力を鍛える

 

記憶に残る覚え方ができるようになったら、覚えたことを素早く思い出す力を鍛えなければなりません。というのも、試験本番では、制限時間内に問題を解かなければならないから。

覚えるときに脳に必要な情報と判断させるようなインパクトのある覚え方をしているので、記憶にはしっかりと残っているはず。

 

思い出すスピードを上げることができれば、問題を早く解くことができるようになるのです。思い出すスピードを上げるのにも訓練が必要。

問題を解くときにはタイマーを使って解いていくのが覚えるスピードを上げるポイントです。

 

例えば、暗記カードに書かれている英単語の意味を確認するときは、1単語につき3秒で覚えるようにします。確実に覚えるためには、1回に覚える目標単語数を増やしすぎないこと。

まずは、30個ぐらいからはじめるといいでしょう。全体に目を通すことを何度か繰り返したら、今度は思い出すトレーニングをしていきます。

 

思い出すスピードは、1単語1秒を目標にしましょう。パッと見て意味がすぐ出てくる早さです。何度も繰り返すうちに、素早く記憶を引き出せるようになるのです。

思い出す回数が多ければ多いほど記憶に残りやすいので、徐々に1回で覚える個数を増やしていき、何度も繰り返し復習するといいでしょう。

参考:記憶定着のコツは復習のタイミングがポイント 勉強効率を上げる復習方法

まとめ


























記憶に残る覚え方

・記憶に残る覚え方その1 覚えることに興味を持つ ・記憶に残る覚え方その2 脳を刺激するアウトプットをする ・記憶に残る覚え方その3 スピードを意識して何度も繰り返し思い出す


いかがでしたか?

記憶に残すには、覚え方の工夫と思い出す訓練を繰り返すことが重要なのです。記憶力は1日では手に入りません。

 

毎日トレーニングを重ねて、試験当日までに確実な記憶力を身につけていきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です