効率的に学習するテクニック

記憶定着のコツは復習のタイミングがポイント 勉強効率を上げる復習方法

 

記憶定着に必要なのは、脳の情報をきちんと整理すること。学校や塾で習ったことを復習することは、脳にしっかりと新しい情報を定着させるために必要不可欠です。

時間をかけて勉強しているのに、なかなか覚えられない、覚えようとすればするほど覚えることができないのは、脳の情報がうまく整理できていないからと言えるでしょう。

 

前に進むことを目的とした勉強の仕方は、効率のいい勉強法とは言えません。というのも、しっかりと理解しないまま前に進むことは全く意味のないことだから。

一夜漬けで覚えたことを翌日の試験で回答することができたとしても、ほぼ丸暗記に近い形で覚えた知識は一時的な記憶であるため、脳に定着させることはできません。

 

復習することで脳に入った知識を整理することができるのですが、実は復習するタイミングが、記憶定着に影響しているのです。

今回の記事では、記憶定着に効果的な復習のタイミングについて、ご紹介していきましょう。

繰り返し復習することが記憶定着のポイント

 

記憶定着に必要なのは、何度も繰り返し復習することです。脳が必要な情報と判断しなければ、インプットした情報を長い間記憶に残しておくことはできません。

大きく分けると、人間の記憶は「短期記憶」と「長期記憶」という2種類の記憶に分けられており、脳に入った情報は整理されてどちらかに振り分けられているのです。

 

結論から言ってしまうと、記憶定着に必要なのは、短期記憶に振り分けられた情報を長期記憶として脳に認識させること。

1回見ただけの情報はすぐに忘れてしまいますよね?脳に長期記憶と判断させるためには、脳に刺激を与えて重要なものだと認識させることが必要。何度も繰り返せば、脳に必要な情報と判断してもらいやすいですよね?

 

復習しても覚えられないという人は、復習の回数が足りていないのかもしれません。覚えられないのであれば、更に回数を重ねて脳に印象付けることが必要です。

しかし、あまり知られていないのが、ただ回数を重ねて復習すればいいというわけではなく、復習するタイミングが記憶定着のカギになっているということ。ただ回数を重ねて復習すればいいというわけではなく、復習するタイミングが記憶定着のカギになっているということ。

 

確かに、「しっかり復習して覚えましょう」と言われても、いつ復習したらいいのかまでは、学校や塾では教えてくれないですよね。

記憶定着を促す復習は、どのタイミングですればいいのでしょうか。

記憶定着には最低4回復習するのが効果的

 

結論から言ってしまうと、記憶定着には、最低4回の復習が必要。もちろん個人差があって4回では覚えられないという人もいると思うので、できない人はさらに回数を重ねる必要があります。

人間は忘れていく生き物なので、一度インプットした情報を永遠に覚えておくことができません。重要でない情報まで覚えていたら、脳の記憶容量がパンクしてしまいます。

 

具体的には、次のようなタイミングで復習すると覚えたことを長く記憶にとどめておくことができるでしょう。

 

記憶に定着させる復習のタイミング

1日後、3日後、1週間後、1か月後

 

エビングハウスの忘却曲線からもわかるように、人間は1日後には覚えたことの60%以上を忘れてしまうのです。

そのため、新しいことを長く記憶に残すためには、後からじっくり復習しようという気持ちで勉強するのではなく、その場でしっかり頭に残すことを意識して覚えることが必要不可欠。

 

長く記憶に残すことができれば、復習時間を短くすることができますよね?忘れる前に復習して思い出すのが、記憶定着に必要な勉強方法。

時間が経てば忘れるのは当たり前なんです、ただし、これは完全に忘れたわけではなく、脳の記憶の引き出しのどこかにしまってあるだけで、うまくアウトプットができないだけ。

 

忘れそうになったころに思い出し、1日後、3日後、1週間後、1か月後と間をあけても思い出すことができれば、しっかり記憶に定着されているということ。

1か月経ったあとも、もう確実に覚えられたと安心せずに、また間隔をあけて復習するといった勉強を続けていくと、試験当日までしっかりと覚えておくことが可能です。

 

定期的に思い出して復習することを習慣にすれば、復習にかける時間も次第に短くなっていくでしょう。

アウトプットしながら復習する

 

「記憶定着」を考える前に、まずは「記憶に残すこと」を考えなければなりません。また、復習するときにも、脳に刺激を与えることがポイントです。

おすすめなのは、五感を使ってアウトプットしながら復習すること。五感を使えば覚えることを脳に印象付けることができ、記憶に残しやすくなるでしょう。

 

声に出しながら紙に書く、読みながら線を引く、イメージして記憶に残すなど、覚える方法は様々ありますが、これらは全てアウトプットになります。

また、誰かに説明すると脳に刺激を与えるだけでなく、自分の記憶がしっかり定着しているかを確認することができるでしょう。

 

記憶定着は、脳への刺激が必要ということを意識して勉強することをおすすめします。

練習問題をたくさん解いて記憶を定着させよう

 

基礎が覚えられたら、あとはひたすら問題を解いていくのみ。どのような問題が出ても答えられるようにしておくことが、試験を乗り切るためのポイントです。

さらに、間違った問題はしっかり理解するようにすると、同じ間違いをせずに済むでしょう。復習をするときも、できるものではなく、できないものに時間をかけて復習するのが効果的です。

 

間違ったところだけをまとめたノートを作っておくと、復習も効率よく進められることができるでしょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

まとめ



























記憶を定着させる復習方法

・復習方法その1 間隔をあけて最低4回は復習する   ・復習方法その2 アウトプットしながら復習する ・復習方法その3 間違ったところを重点的に復習して理解を深める

 

いかがでしたか?

忘れる前に思い出して復習する習慣と、脳に刺激を与えて繰り返すことが、記憶を定着させるためのポイントです。

 

脳を刺激するのに有効なアウトプットの仕方については、こちらの記事で紹介しているので読んでみてくださいね。→記憶の定着にはアウトプットが重要 暗記効率を上げる勉強法はこれだ!

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です