効率的に学習するテクニック

長期記憶を鍛える方法 記憶のメカニズムを利用した記憶力向上トレーニング

 

長期記憶と短期記憶という言葉を聞いたことはありますか?記憶力は鍛えて多くの知識を得ることは、試験合格を目指すみなさんにとって必要なことですよね。

記憶には、大きく分けるとこの長期記憶と短期記憶という2種類の記憶に分類されるのですが、この2種類の記憶がどんなものなのかを理解すると、記憶力を向上させるために今やるべきことが見えてきます。

 

学習効率を上げるためにも、新しい知識はなるべく時間をかけずに覚えていきたいところ。そのテクニックを身につけることができれば、確実にライバルに差をつけることができます。

記憶力はトレーニングすれば鍛えられる能力なのですが、確実な記憶力を身につけるためにはどれだけ真剣にトレーニングに取り組めるかによって決まります。

 

今回の記事では、学習効率を上げる記憶のテクニックと、脳の記憶のメカニズムを利用して記憶力を向上させるトレーニング方法についてご紹介していきましょう。

 

勉強に必要なのは長期記憶?短期記憶?

 

結論から言ってしまうと、学習効率を上げるために鍛えるべきなのは長期記憶。文字からもわかる通り、長期記憶とは長期間脳に留めておくことのできる記憶のこと。反対に短期記憶とは、短期間しか覚えておくことのできない記憶です。

みなさんは、試験本番に向けて毎日勉強を続けているわけですが、勉強したことがすぐに頭から抜けてしまう短期記憶のままでは、試験本番で力を発揮することができません。

 

いくらインプットした情報量が多くても、スムーズにアウトプットすることができなければ試験で点数を取ることはできないですよね。

つまり、試験で力を発揮するためには、どれだけ多くの知識を短期記憶から長期記憶に変えられたかにかかっているのです。

 

なぜ長期間覚えておける記憶と短期間しか覚えておけない記憶があるのか。これは脳のメカニズムを知ることで理解することができるでしょう。

記憶のメカニズム

 

脳は、命に関わるほどの重要な情報が入ってくると、長く覚えておかなければならない長期記憶として判断し、その情報を脳に定着させる働きをします。

反対に命にかかわらない情報は、長く覚えておく必要のない短期記憶として分類され、時間の経過とともに忘れてしまうもの。

 

しかし、命に関わるものではありませんが、勉強効率を上げるためには脳に長期記憶として判断させる必要があるのです。

命に関わらない情報をどうやったら必要な情報と判断させるのか。それは、脳を勘違いさせてだます必要があるのです。

 

では、どうやって短期記憶を必要な情報と判断させるのか、その秘密を公開します。

脳をだまして長期記憶に変える脳の鍛え方

 

長期記憶を鍛えるには、脳に刺激を与える必要があります。勉強は命に関わるような情報ではないため、脳をだますに何度も繰り返すことが重要なポイント。

命に関わらない情報でも、何度もインプットされてくれば、脳が必要な情報と勘違いし、その情報は短期記憶ではなく長期記憶に分類されるのです。

 

そのため、長期記憶を鍛えるには根気が必要。脳をだますには時間がかかります。でも、できることなら早く脳をだまして長期記憶に変えていきたいですよね。

であれば、早くだます方法を考えればいいのです。

 

結論から言ってしまうと、何度も繰り返すスピードを上げれば、脳が短期記憶を長期記憶へと変えるスピードも速くなるということ。

 

記憶を定着させるためには、インプットよりもアウトプットすることが重要と言われており、アウトプットの仕方が得意な人は、記憶力を高めることができるのです。

アウトプットの方法はさまざまありますが、脳をだますために一番効果的なアウトプット方法は、早口でつぶやくこと。

 

話すことは書くよりも早く、耳からもその情報を聞いて脳を刺激することができるため、脳に多くの刺激を与えることができるのです。

また、インプットしたときに何度も繰り返して長期記憶にする努力も必要ですが、それだけでは本当に脳をだましたということはできません。

 

覚えられたと思って安心していると、脳はもう要らない情報と判断してしまい、せっかく長期記憶として判断された情報も、時間の経過とともに忘れてしまうのです。

忘れない記憶にするためには、復習を欠かさないことがポイント。勉強したこと全部を毎日復習することはできないので、忘れる前にある程度の間隔をあけて復習することが必要なのです。

 

効果的な復習の仕方については、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、興味のある方は読んでみてくださいね。
記憶定着のコツは復習のタイミングがポイント 勉強効率を上げる復習方法

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

長期記憶に変えるには睡眠も必要

 

繰り返すことが長期記憶を鍛えると言っても、休憩も取らずに勉強を続けることはおすすめしません。というのも、記憶の整理は睡眠中に行われているから。

意識的に脳をだまさなくても、人間の脳は睡眠中に記憶の整理をし、長期記憶へと変える働きをしています。

 

また、脳にストレスを与えすぎても覚える力が弱くなってしまうので、脳をリラックスさせる状態を作ることも、記憶力を向上させるためのポイントです。

疲れを感じたら、休憩や仮眠をとって脳をリフレッシュさせることが、記憶のパフォーマンスを下げることなく勉強するためのコツとなるので、適度に休憩をとりながら勉強するといいでしょう。

まとめ



























長期記憶を鍛える方法

・長期記憶の鍛え方その1 脳に必要な情報と判断させるために何度も繰り返す   ・長期記憶の鍛え方その2 声に出してアウトプットして脳に刺激を与える ・長期記憶の鍛え方その3 睡眠と休憩を取って脳をストレスから解放する

 

いかがでしたか?

記憶力を鍛えるのもスピードが勝負!短期記憶を長期記憶に変えられるのはあなたの努力次第。大丈夫、あなたならきっとできるはず!

 

トレーニングを重ねて、長期記憶を毎日コツコツ積み上げていきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です