効率的に学習するテクニック

長い文章を短期間で丸暗記する方法 教科書を丸暗記する文章暗記術

 

長い文章を丸暗記する方法があれば、論文、法律の条文、世界史など、丸暗記が必要な試験科目の勉強対策としてとても魅力的ですよね。

実際、資格試験の問題で出題される長文は、覚える量が果てしなく多く、参考書の厚さを見ただけで、自分にはこんな大量の文章を丸暗記するなんて無理だと思ってしまこともあるのではないでしょうか。

 

しかし、暗記にはコツがあります。要は暗記するためのテクニックを身につけてしまえば、効率よく短期間でいろんなことが暗記できるようになるということ。

 

勉強以外のどんなことにも当てはまりますが、一つ身につけた知識を応用することができれば、解決する問題もあるのではないでしょうか。

文章の丸暗記も同じこと。いきなり丸暗記をしようとせず、まずはコツコツと暗記するテクニックを身につけることで、単語のような短いものから、教科書のような長い文章も暗記できるようになります。

 

今回は長い文章を丸暗記する方法として、教科書の丸暗記を例に、暗記方法をご紹介していきましょう。

教科書を丸暗記するのが効果的な理由

 

 

結論から言ってしまうと、教科書を丸暗記するのが効果的な理由は、

試験で出題される内容は全て教科書に書かれているから。

 

教科書さえ丸暗記できていれば、穴埋め式や短答問題はもちろん、論文、論述などの試験において丸暗記した内容が問われる問題まで幅広く応用することができるでしょう。

では、どのようにして分厚い教科書を丸暗記していくのかを、1つずつお伝えしていきます。

教科書の目次の暗記が短期間で長文を暗記する秘訣

 

教科書を丸暗記するには、まず目次から覚えます。というのも、目次を見れば、何がどこに書かれているかということもわかるし、流れがわからないと理解するのが難しい歴史のような科目は、教科書全体を前から順に読んでいくよりも、流れを把握できるのが早いから。

目次は試験内容に含まれていないし、覚えなくてもいいと思うかもしれませんが、目次を暗記していることで他の部分の暗記のスピードが上がり、試験当日に何がどこに書かれていたをぱっと思い出すことにも役立ちます。

 

ただし、目次を暗記する目的は全体を把握するということ。本の内容が凝縮して書かれている目次を暗記しておけば、これからどんなことを覚えるのか準備をし、入ってきた知識を整理して記憶する準備をすることができます。

 

目次は丸暗記する必要がないので、1回読んで、隠して全部言うことができるか確認するなどして、教科書全体の内容を把握できるようになれば大丈夫。まず見出しを覚え、次にその項目に何が書かれているか、という覚え方をするとより効率的です。

また、教科書の目次を覚えたらこまめに思い出すことを繰り返し、覚えた内容を定着させることを心がけましょう。

 

暗記力を高める近道は読む力を鍛えることだった!最短で読む力を鍛える方法はこちらをクリック!

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

暗記する文章を章ごとに区切って覚える

 

目次を覚えて全体の内容が把握できたら、いよいよ教科書の文章の暗記です。目次を覚える時もそうでしたが、文章の丸暗記に関しても、まずは全体を把握してから細かく暗記していくのがポイント。

まず、目次の見出しを確認し、章ごとにどれくらいページ数があるか確認します。次に、その章にどんな内容の文章が書かれているのかざっと読み、一通り目を通したらどこにどんな文章が書いてあったか思い出す。

 

これを繰り返すことで章ごとの内容を暗記し、記憶として定着させることができるでしょう。

暗記する文章をページごとに区切って音読する

 

1つの章にどんな文章が書かれているのか把握できたら、丸暗記の準備です。最も効果的な文章の丸暗記方法は音読です。というのも、何かを覚える時は五感を使ったほうが記憶に残りやすいから。

いきなりその章の文章全部を暗記するのは難しいと思うので、今度は全体からではなく文章を短く区切って覚えていきます。具体的には、一文ずつだと短すぎるので、パラグラフに区切って暗記していくと効果的。

 

パラグラフに書かれている文章を最低10回は音読してください。10回も繰り返せば文章の5割程度は暗記することができるでしょう。1回で暗記しようと無理はせずに、覚えられなかった部分にはしるしをつけてからもう一度音読すると記憶に残りやすくなります。

 

パラグラフごとの文章を暗記することができたらページごと、ページごとの暗記ができるようになったら章ごとといったように範囲を広げて音読していき、きちんと覚えられているかこまめに確認する。

繰り返し思い出しながら次の文章を暗記していくことが、短期間で教科書全体を暗記できるポイントです。

【必見!】伸び悩んでいる成績を底上げする驚異の勉強法

 

短期間で成績を上げたい人は、絶対に読解力をつけておくべき。

というのも、何度も繰り返さないと覚えられないのは、文章の読み方が間違っているから。

 

文字を目で追うだけの読み方では、限りある時間を有効活用して勉強することができません。

でも、あるテクニックを使って文章を正しく読む方法を身につけることができれば、難しい言葉で書かれた難関試験の問題でさえも、一度で早く正確に理解することができるようになるんです。

 

それは、読解力と共に理解力と考える力を同時に伸ばすことのできる驚異の勉強法。

今、受験生の間でひそかに注目されている勉強法は、速読なのです。

 

>>【成功者多数!】速読実践者の声はこちらをクリックして確認

 

 

もう「時間をかけて勉強しても、全然頭に入ってこないし覚えられられない・・・。」「こんなに詰め込んで勉強しても、試験本番で思い出せるか不安だ・・・。」という心配もなくなります。

その理由は、この方法で数々の難関試験に1発合格し、40か国語もの言語を習得した東大卒の研究者によって確立された方法だから。

 

あなたは自分の読解力に満足していますか?

 

最速で成績を伸ばしたいと思うなら、早く正確に覚えられて忘れない速読勉強法を、今すぐこちらからご確認ください。

こちらから確認して頂くと、英語の速読スキルのトレーニングに役立つ特典が付いてきます。

 

>>【ライバルに圧倒的な差をつける!】注目の試験向け速読勉強法【特典付き】は、こちらをクリックして今すぐ確認!

 

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

 

暗記した文章を書いて覚える

 

音読して記憶が定着してきたら、文章を書いて覚える事もおすすめです。というのも、自分の手を動かして書くという作業が脳への記憶の定着を助けるから。

特に苦労してなんとか暗記できた文章は、繰り返し思い出さないと忘れていくスピードも速くなります。苦労して覚えた文章だからこそ、自分の手で書いてアウトプットし、トイレや机の横などの目につくところに貼って覚えるのも効果的でしょう。

 

【ドイツ発!】高次元集中力が手に入る驚異の方法!今すぐクリックして確認する>>

短時間で文章を丸暗記できる速読術

 

文章を暗記するテクニックはお分かりいただけましたか?文章を暗記することは、コツコツ努力を積み重ねることが重要なんです。

でも、じっくりと暗記に集中する時間が取れない人も多いはず。そんなあなたには、速読術を身につけることをおすすめします。

 

「早く読めたところで暗記ができるようになるわけじゃない」と思うかもしれません。

確かにその通りです。しかし、あまり知られていませんが、速読とは文章の読み方を少し変えるだけで、読むスピードも内容を理解するスピードも高めることができるテクニックのことなんです。

 

まだそれほど知られていないテクニックだからこそ、ライバルに差をつけることができるとっておきの方法。

時間は誰にでも平等に流れていますが、読み方を変えるだけで理解力が高まるなら、勉強が遅れていても、準備は十分間に合います。

 

あなたがやるべきことは、文章の読み方を変えるだけなのですから。具体的な速読のやり方については、こちらでご紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。
験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法

まとめ



























教科書の文章を丸暗記する方法

・丸暗記の方法その1 目次を覚えて全体を把握する              ・丸暗記の方法その2 暗記したい文章を細かく区切って音読する        ・丸暗記の方法その3 暗記して覚えた文章を書いてアウトプットして覚える

 

いかがでしたか。

教科書を例にした長い文章を丸暗記する方法をお伝えしてきましたが一番重要なのは何度も繰り返して思い出すこと。努力は必ず力となるので、何度も繰り返し復習し、記憶を確実なものにしていきましょう。

 

脳を活性化させて記憶力を鍛える方法はこちら

 

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です