効率的に学習するテクニック

授業中に覚える方法 暗記が苦手な人が授業だけで覚える力をつける勉強法

 

今回の記事では、授業中に覚える方法をお伝えしていきます。試験勉強は、毎日覚えることがたくさんあって大変ですよね?

まだ前回の内容を覚えられていないのに、また新しいことを覚えなくていけないという悪循環に苦しんでいる人も多いのではないのでしょうか?

 

覚えることがたくさんあるなら、覚えたことをその場で暗記してしまった方が、新しい情報を覚えるのが楽になります。

新しく暗記しなければならないことが多いなら、授業中に覚える方法を考えた方が勉強効果が上がると思いませんか?

 

これから、授業だけで確実に覚える力をつける勉強法についてお伝えしていきましょう!

確実に授業中に覚える方法は?

 

結論から言ってしまうと、確実に授業中に覚える方法は、

「今」覚えるという意識を持つこと。

 

あなたは授業を受けるとき、どんな姿勢で授業に臨んでいますか?一生懸命先生が黒板に書いた内容をノートに書き写す授業の受け方をしていないでしょうか。

真面目に授業に取り組んでいることに変わりありませんが、このような授業の受け方では、内容を授業中に覚えることはできません。

 

というのも、黒板の内容を漏れなくノートに書き写すという行動に脳が満足してしまい、理解していないのに勉強した気になってしまうから。

授業中に覚えるには、漠然と黒板の内容をノートに写したり、先生が言ったことをそのままメモしたりしたのでは、内容を頭に入れることができません。

 

まずは集中して、黒板に書かれていることをしっかり見て理解したり、先生の話をよく聞くことが重要。

黒板に書かれた内容をしっかり理解できたら、ノートにその内容を書くのがいいでしょう。ポイントは、ノートに書くときには黒板は見ないこと。

 

黒板を見ずにノートをに書くのですから、しっかり理解していないとノートに書くことができませんよね?授業を受ける時には、それだけ集中力が必要なのです。

また、ただ書き写すのではなく、自分の言葉でノートに書くことによって、覚えたことをしっかり頭に入れることができるでしょう。

 

1回見ただけで覚えられないような複雑な内容のものは、黒板を見てもかまいませんが、難しいからといって後から覚えようとせず、今覚えようという意識を持って、自分の言葉でまとめる訓練をすることをおすすめします。

授業中に覚えるノートのとり方

 

授業中に確実に覚える方法は、ノートのとり方が重要です。教科書の丸写しや、黒板に書かれた内容と同じ内容のノートは全く役に立ちません。

同じものを作るなら、スマホで写真を撮ったり教科書をコピーした方が、よっぽど早くできますよね?

 

ノートをとる目的は、覚えるためにそのノートを使うこと。記憶に残るノートを作らなけれ意味がありません。

授業中に覚えるためには、自分の言葉でアウトプットすること。授業中には声を出すことができないので、自分の言葉でしっかりとノートに覚えたことをアウトプットしましょう。

 

新しい情報をしっかり見たり聞いたりしてインプットした情報を、自分の言葉でノートに書いてアウトプットすることで、インプットとアウトプットを同時にすることができ、勉強効率が上がります。

しっかり理解してからノートに書くので、黒板に書かれた内容は、最低3回読んでからノートに書くのが効果的。

 

また、黒板に書かれた内容がキーワードだけだった場合は、教科書を見てその意味を調べてノートに書いておくと、復習する時にその意味を調べる手間が省けますよね?

効率よく勉強をするためのコツは、ちょっとした工夫ができるかどうか。「今」できる最大限のことを、授業中にやる習慣をつけておきましょう。

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

確実に授業中に覚えるには、予習復習が肝心

 

できることなら、一回で授業中に覚える方法を知りたいですよね?当たり前のことですが、授業中だけで覚えるには、予習復習が欠かせません。

予習するときは教科書を見て、その授業で何を学ぶのか、何を暗記しなければならないのかを把握しておきましょう。

 

脳は、興味のあることを積極的に覚えようとする性質があります。予習してわからないことがあれば、どうやったらその答えになるのか知りたくなりますよね?

脳に興味を持たせて授業に臨むことで、授業中にその内容をしっかりと覚えることができるでしょう。

 

また、授業が終わった後に1分だけ今の授業の内容を復習する時間を作ると、記憶が定着しやすくなります。

今学んだことをすべて理解できているかどうかのチェックにもなりますよね?もしわからないところがあれば、そこを中心に問題集やテキストを使って勉強すればいいだけ。

 

わからないところを重点的に勉強することで、理解を深めることができるのです。授業だけでなく自分で勉強する時も、勉強を終える前に今勉強した内容をざっと復習することで、効果的な学習をすることができるでしょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

まとめ



























確実に授業中に覚える方法

・授業中に覚える方法その1 今覚える意識を持つ    ・授業中に覚える方法その2 自分の言葉でノートをとる ・授業中に覚える方法その3 授業が終わったら1分ですぐ復習する

 

いかがでしたか?

「今」覚える意識を持つだけで、勉強効率も大きくアップしますよね?授業中にできる最大限の努力をして、勉強に取り組んでいきましょう!

確実に暗記する方法についてはこちらの記事でも紹介しているので、読んでみてくださいね。
確実に早く暗記する方法 五感を使って大量の情報を暗記する裏ワザ

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です