効率的に学習するテクニック

暗記は音読が一番! 耳栓をして暗記効果をアップする骨伝導記憶術

 

暗記には音読が効果的と言われていますが、耳栓を使うことで音読による暗記効果を高めることができるということを知っていますか?

音読による暗記は、黙読するよりも五感を刺激して覚えることができるため、耳からも暗記したいことを聞いて覚えることができるのが音読暗記法のメリット。

 

でも、耳栓をしてしまったら、自分の声を聞くことができなくなってしまうため、音読する意味がなくなってしまうと思いますよね?

様々な暗記方法がありますが、他の人と同じ方法を試しているだけではライバルに差をつけることはできません。しかし、短時間で効果のある暗記ができれば試験に勝つことができるでしょう。その方法が詰まったものが暗記術なのです。

 

暗記をサポートするアイテムも、効果的に使うことで暗記効率を上げることができるため、どのように使うと効果的に暗記ができるのか知っておくことも重要です。

暗記シートや暗記カードのように、直接暗記と関係がなさそうな耳栓ですが、耳栓は使い方次第で、暗記効率だけでなく勉強効率も上げることができてしまうすぐれもの。

 

どのように使うのか気になりますよね?今回の記事では、耳栓を使って音読による暗記効果を高める方法についてご紹介していきましょう。

耳栓をして音読すると暗記効果が倍になる?

 

結論から言ってしまうと、

耳栓をして音読すると、暗記効果は劇的にアップします!

 

通常音読による暗記は自分の声を聞いて勉強する方法ですが、耳を手で塞いで声を出すと、自分の声が中にこもったように聞こえますよね?

これは、骨伝導により自分の声が頭の中に響いているためなのですが、この骨伝導を利用して暗記すると暗記効果はアップします。

 

というのも、暗記することが頭の中に響いてくるので、ただ声に出して音読するより直接脳に働きかけることができるから。

自分の声以外の音は頭に響かないため、暗記すべきことだけが頭の中に響き、暗記効率が上がります。つまり、耳栓を使うと、音に対する集中力を上げることができるのです

 

頭の中で自分の声が響くため、耳栓をしているからといって大きな声を出す必要がないのも、耳栓を使った暗記方法のいいところ。

レストランやカフェで勉強する時は、周りの雑音が気になって勉強に集中できない時もあるのではないでしょうか?

 

雑音のある環境で暗記をするなら、小さい声ならぶつぶつ呟いても他の人に気づかれることなくこの方法で暗記することができるでしょう。

また、音読する時に意識すべきことは、絶対暗記するという意思をもって取り組むこと。時間をかけて暗記しても、記憶に残らなければ意味がありません。暗記するところを指で追って、視覚からも覚える努力をしましょう。

 

暗記できているかどうかは、インプットした情報をいかに早くアウトプットできるのかということで知ることができます。

人間は忘れていく生き物。エビングハウスの忘却曲線によると、人間は覚えたことを1日で約60%忘れてしまいます。

 

そのため、覚えたことを定着させるためには、何度も繰り返すことがポイント。今は理解できていたとしても、時間が経つと忘れてしまうので、時間をあけずに何度も繰り返し、確実に覚える意識を持って勉強しましょう。

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

耳栓を使えば、暗記の時間以外は雑音を遮断できる

 

音読しながら暗記することができても、耳栓を外す必要はありません。耳栓の本来の役割は、周りの雑音を遮断すること

暗記効率を上げるためにも耳栓を利用しましたが、暗記が終わった後も集中して勉強できるように、耳栓をしたまま勉強するのもいいでしょう。

 

人によっては、音楽を聴きながら勉強した方がいいという人もいると思うので、耳栓ではなくイヤホンやヘッドホンを耳栓代わりにするのもおすすめです。

カナル型イヤホンは耳栓と同じ形状なので、暗記が終わったら音楽を流しながら勉強もでき、わざわざイヤホンに付け替える必要もありません。

 

また、音楽を聴きながら勉強する時は、脳がリラックスした状態になるヒーリングミュージックやクラシック音楽がおすすめ。

音楽が集中力を高めるという記事は、こちらで紹介しているので読んでみてくださいね。
暗記はクラシック音楽を聴きながらが効果的 音楽で集中力を高める方法

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

耳栓を使わない暗記なら、五感を使う方法がおすすめ

 

耳栓を使わない方法として、音読はもちろん五感を使って暗記する方法は簡単に取り入れやすく効果的。五感を使う暗記方法とは、読む、書く、話すといったことを組合せながら暗記する方法です。

例えば、ただひたすら書いて覚えるよりも声に出して音読しながら覚えたほうが、書く動作と耳から聞くことが組み合わさって、記憶に残りやすくなります。

 

また、英語の単語を暗記する時には、例文を音読しながら、例文通りのイメージをすることで、単語の意味とイメージを関連付けて覚える事ができ、すぐに忘れてしまうことを防ぐことができるでしょう。

さらに、暗記した内容が記憶に定着しているかどうかを確認するために、他の人に説明することも効果的です。

 

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

まとめ



























耳栓による音読暗記がいい理由

・耳栓が暗記に効果的な理由その1 骨伝導を利用して自分の声が頭に響く      ・耳栓が暗記に効果的な理由その2 小さな声で音読しても効果がある ・耳栓が暗記に効果的な理由その3 周りの雑音を遮断することができる

 

いかがでしたか?

耳栓は、使い方次第で暗記効率も集中力もアップすることができる画期的なアイテムということがお分かりいただけたでしょうか。

耳栓は100円ショップでも手に入るので、ぜひ一度耳栓音読暗記法を試してみてくださいね。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です