効率的に学習するテクニック

脳にやさしい暗記の仕方 覚えられる量を確実に増やす方法を徹底解説

 

脳に大量の情報を詰め込んで暗記をしても、難しい文章や歴史問題、英単語の暗記と、覚えることが多くて記憶の整理に時間がかかるのが、受験生の悩みの種ですよね。

人間は、やらなければならないと意識してしまうと、なかなか覚えることが難しくなってしまいます。

 

また、一度に大量の情報を覚えようとすると、脳に対する負担が大きくなってしまって暗記効率も下がるため、ストレスなく勉強する方法を見つけることはとても重要。

では、脳に負担をかけずに大量の情報を暗記して記憶の整理をするには、どんな勉強の仕方をすればいいのでしょうか。

 

今回の記事では、大量の情報を暗記する方法として、脳への負担を減らす暗記方法をお伝えしていきましょう。

脳への負担を減らし、大量の情報を暗記するには?

 

結論から言ってしまうと、脳に負担をかけることなく大量の情報を暗記するには、

少ない量の暗記をコツコツ続けていくこと。

 

一度にたくさんの情報をインプットしようとすると、脳は記憶の整理が間に合わなくなり、効率よく暗記することができません。

人間には、大きく分けると短期記憶長期記憶という2種類の記憶がありますが、新しくインプットした情報は、一時的な記憶である短期記憶として脳内に保存されます。

 

文字通り、短期記憶は短期的な記憶でしかないため、脳が必要な情報と判断しない限り、時間が経つと忘れてしまう記憶。

脳が短期記憶を長期記憶へと変えるには、何度も繰り返して覚えることが必要不可欠なため、復習をおろそかにすると、なかなか脳内に記憶を定着させることができません。

 

一度に大量の情報を暗記して何度も繰り返すとなると、暗記だけでかなりの時間を使ってしまいます。試験勉強は暗記だけではないので、なるべく時間をかけずに覚えたいですよね?

であれば、暗記にかける時間を短くすればいいんです。

 

大量の情報を確実に暗記するには、それなりに時間がかかってしまいますが、暗記にかける時間を短くして、少ない量を毎日コツコツ暗記していくことにより、最終的に大量の情報を暗記することができるでしょう

暗記した単語を脳に効率よく記憶させるには

 

例えば、英単語であれば、毎日10個の単語を10分覚えるということを繰り返します。毎日10個なので、1週間で70個、1か月で300個の単語を暗記できる計算になります。

300個を1か月で暗記すると考えるより、毎日10個ずつ暗記して1か月で300個の単語を暗記するという計画を立てておいた方が、脳も記憶を整理しやすいですよね?

 

また、1日10個であれば、1回の復習時間もそれほど長くかからないので、勉強と勉強の合間や、移動時間といった隙間時間に何度も復習することができます。

ポイントは毎日続けるということ。たかが10個の単語であっても、今日は面倒だから明日まとめて20個覚えよう・・・とさぼってしまうと、脳への負担も増えてしまいます。

 

少ない量を毎日コツコツを心がけることが、大量の情報を暗記するポイントです

大量の情報を脳に定着させる、思い出す暗記法

 

脳に大量の情報をインプットしたら、何度も繰り返して思い出すことが暗記したことを脳に定着させるための重要なポイント

試験本番では、インプットした情報を効率よくアウトプットすることが求められるため、暗記したことを思い出せなければ、点数を取ることができません。

 

思い出す量も少ない方が、脳への負担も少なくてすみますよね?そのため、毎日コツコツ積み重ねることが大切になってくるわけです。

「少ない量を何度も思い出す」ということを意識して暗記に取り組むと、気づいた時には脳内に大量の情報を記憶することができているでしょう。

 

ポイントは、忘れる前に思い出すこと。定期的に復習をして忘れる前に思い出す訓練をしておくと、確実に記憶することができます。

思い出す方法も工夫してみると、脳内に記憶が定着しやすくなりますよ。どんな方法があるのか、いくつかご紹介してみましょう。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

脳に記憶する方法を工夫して暗記しよう

 

暗記の方法がワンパターンだと脳があまり刺激を受けないため、一定量の暗記をすることが難しくなってしまいます。

脳は、インパクトのある方法で覚えたほうが新しい情報をインプットしやすいため、暗記方法を工夫するのも重要なポイント。

 

例えば、法律の条文などのような長くて難しい文章を覚えるときは、難しい文章のまま覚えようとせず、まずはやさしい言葉に置き換えて覚えるのがいいでしょう

難しい言葉をやさしい言葉に置き換えるだけで、理解するスピードも速くなり、脳にかかる負担も軽減できます。

 

また、感情を伴った暗記の仕方をした方が、長い間覚えておくことができるでしょう。楽しかった出来事は、時間が経っても忘れずに覚えていますよね?

脳に印象付けられる覚え方を探して、実践してみましょう。楽しく覚える暗記方法は、こちらの記事でもご紹介しているので、読んでみてくださいね。
暗記がつまらない?めんどくさい? 暗記が好きになるには復習方法が決め手

まとめ



























脳に大量の情報を記憶する暗記の仕方

・脳にやさしい暗記方法その1 毎日コツコツ少ない量を暗記する      ・脳にやさしい暗記方法その2 暗記したことを忘れる前に思い出す ・脳にやさしい暗記方法その3 インパクトのある方法で暗記する

 

いかがでしたか?

大量の情報も、細かく分けて暗記するだけで脳に負担を与えずに暗記することが可能です。ストレスの少ない方法で、毎日コツコツ続けていきましょう。

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です