効率的に学習するテクニック

一夜漬けより最強なのは一朝漬け! 朝勉強して暗記効率を高めよう

毎日早起きして朝から一生懸命勉強しているのに、気づけば試験前日!一夜漬けでもしなければ時間がない!と思うことありますよね。

試験範囲が広いと、覚えなければならないことがたくさん。特に1日の勉強のスケジュールが狂ってしまうと、睡眠時間を削って勉強せざるを得なくなり、結果的に一夜漬けの勉強になってしまいます。

 

でも、そんな状況になってしまったのだから、寝不足を覚悟し一夜漬けで全て暗記しようという考えは、脳にも体にも負担がかかってしまうのでおすすめしません。

また、人間は睡眠をとることで記憶を定着させるので、勉強と睡眠の関係は切っても切り離せない大切なもの。いくら時間がなくても、一夜漬けのように睡眠をとらずに徹夜で勉強するのは、暗記効率も下がり効果的な勉強ではないんです。

 

では、限られた時間の中で、一夜漬けせずに暗記できるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。今回の記事では、一夜漬けよりも朝勉強した方が、効率よく暗記ができる理由についてご紹介していきましょう。

一夜漬けが効果的な勉強法でない理由

 

結論から言ってしまうと、一夜漬けが効果的な勉強法でないのは、

脳と体への負担が大きくて暗記効率が下がってしまうから。

 

一夜漬けというのは、睡眠をとらず徹夜して勉強し、理解が足りていない部分の理解強化や、覚えなければならない暗記などをすること。

でも、夜になると一日の疲れもたまり、食事をすればお腹いっぱいでいい気持ちになりますよね。要するに、夜は体がリラックスモードに入り、脳も休息する準備に入るんです。

 

脳が休もうとしているのに、休息を与えず一夜漬けで勉強し朝を迎えるというのは、脳の疲労が回復されないまま試験当日を迎えることになり、本番、一夜漬けで暗記したことをスムーズに思い出すことができるかどうかわかりません。

また、一夜漬けで朝を迎えたとしても、頭がぼーっとしてしまい、やっとやるべきことが終わったと安心しているとそのまま眠ってしまって、試験時間までに会場に行けなくなってしまったなどということがあっては、何のために一夜漬けまでして勉強したかわからなくなってしまいますよね。

 

脳への負担と体への負担を考えると、時間がなくても効率的に暗記できる方法を探した方がいいのは明らかです。では、暗記しなければならないことがあるのに時間がない時は、どのような方法で勉強すればいいのでしょうか。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

一夜漬けを避け、仮眠をとるのが効率的な暗記方法

 

時間のない時の勉強法は、仮眠をとって勉強するということです。睡眠をとることで人間の脳は記憶を定着させているという話はこれまでにも何度かしてきましたが、暗記すべきことがあるからこそ睡眠は必要です。

本来であれば6時間睡眠時間を確保するのが理想ですが、暗記量が多くてそれほど時間を確保できない場合は、睡眠のサイクルを利用して、1時間半か3時間ほど仮眠をとってから勉強するのが効果的。

この睡眠サイクルについては、こちらの記事でご紹介しているので参考にしてみてくださいね。→記憶が定着する睡眠時間 最低睡眠時間を知って、勉強効率を上げよう

 

仮眠をとると決めたら、いつ仮眠をとるかというのも重要です。一般的に、22時から2時までは疲労回復のための睡眠のゴールデンタイムと言われています。というのも、22時から2時までの間は、成長ホルモンが分泌される時間だから。

お肌のゴールデンタイムも同じ22時から2時までと言われていることからわかるように、この時間に睡眠をとると体の色々な部分の再生が行われるというわけです。

 

この睡眠サイクルに沿って22時から2時までの間に仮眠をとってから勉強するほうが、一夜漬けで覚えるよりも記憶の定着率が上がります。2時は朝というには早すぎますが、朝勉強するメリットについてもお伝えしておきましょう。

参考:忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

一朝漬けで暗記するメリット

 

一度睡眠をとって疲労から回復した脳は、記憶機能も回復し、なかなか覚えられ中たこともスムーズに覚えられるよう記憶が整理されています。一夜漬けをするぐらいなら、朝起きてから集中して勉強する一朝漬けがいいでしょう。

また、朝早い時間だと周りの雑音にも邪魔されず、集中して勉強に取り組むことができるというのも一朝漬けのいいところ。おもしろいテレビやSNSの更新なども少ないため、集中して勉強することができます。

 

更に、試験時間までになんとかしなければいけないというタイムリミットがあることにより、脳もフル回転で暗記することができると言えます。

もう一つ、一朝漬けのいいところは朝ごはんが食べられるということ。一夜漬けで勉強した場合、おそらくギリギリまで勉強しているので、慌てて準備をして出かけることになるでしょう。

 

しかし、朝早く起きて効率よく暗記ができれば、余裕を持って朝食をとることができます。暗記力を高めるには、3食きちんと食べることが重要。脳にもしっかりと栄養を届けて、1日をスタートさせることがポイントです。

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

まとめ



























一夜漬けより一朝漬けの方がいい理由

・一朝漬けがいい理由その1 脳と体を休めた状態で勉強に集中できる      ・一朝漬けがいい理由その2 仮眠をとった方が記憶の定着がよくなる ・一朝漬けがいい理由その3 タイムリミットまで集中して勉強することができる

 

いかがでしたか?

時間がなくても効率的に暗記できる方法をご紹介しましたが、計画的に勉強するのも実力の1つ。一夜漬けしなければ間に合わないという状況になる前に、きちんと計画を立てて勉強に取り組んでいきましょう!

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です