効率的に学習するテクニック

暗記を朝食前にするといい理由 寝起きで勉強するメリットを教えよう

試験勉強は、暗記をはじめ覚えることが多いため、夜遅くまで勉強する人もいれば、朝早く起きて勉強する人もいるでしょう。自分の体内リズムを知って勉強することは大切です。

暗記に関しては、夜寝る前と朝起きてすぐにやるのが効果的というのは、こちらの記事でご紹介しました。→暗記に最適な時間は寝る前と起きた後 勉強効率のいい時間帯を知ろう

 

夜寝る前に暗記したことを、朝復習して脳に定着させるのは、暗記に効果的な時間をうまく利用している効率のいい勉強法です。近年、朝に様々な活動をする朝活がブームとなっており、朝開催されるイベントやセミナーも増えてきていますよね。

勉強に関しても、朝の隙間時間を使って時間を有効利用するのが効果的ですが、あなたは暗記は朝食前にする方がいいということを知っていますか?

今回の記事では、朝の勉強時間の使い方として、朝食前に勉強するメリットについてお伝えしていきましょう。

朝食前に暗記をするメリット

 

結論から言ってしまうと、

暗記を朝食前にするといいのは、グレリンの分泌が増えるから。

 

グレリンというのは、空腹になると分泌されるホルモンのこと。グレリンは食欲を増進するホルモンですが、食欲を増進させるのと同時に、集中力や記憶力を高める働きがあります。

お腹がいっぱいの状態だと眠くなってしまい、勉強の途中でつい眠ってしまうこともあると思いますが、これでは集中して勉強しているとはいえません。

そのため、適度な空腹感のある起きた後すぐの朝食前の状態は、グレリンの影響を受けて集中力や記憶力が高まっている状態なので、新しいことを勉強するにはベストな状態と言えるでしょう。

 

ここで、なぜ朝が暗記に適した時間である理由についてもまとめておきましょう。

寝起きの脳は暗記しやすい状態にある

 

朝の脳は、睡眠をしっかりとることで脳が疲労から回復し、新しいことを覚えるのに万全な体制になっています。つまり、脳内の記憶メモリーはガラ空きということ。

覚えなければいけないことがたくさんある場合、優先順位をつけ、優先順位が高いものから覚えていった方が効率的です。

 

また、得意としたい科目を朝の時間に勉強するのもいいでしょう。例えば、英語を得意科目としたい場合、英単語の暗記は必要不可欠なもの。朝に英単語の暗記をしておくことで、脳の空いたスペースに暗記したい英単語がすんなり入り、効率よく英語の勉強が進むでしょう。

更に、やるべきことを朝のうちに達成できたという満足感を味わえば、勉強に対するモチベーションが上がり、前向きな気持ちで勉強に取り組むことができるので、朝の勉強はおすすめです。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

朝の脳は催眠術にかかっている状態と同じ状態

 

催眠術というのは、前頭前野の働きを弱め、暗示の言葉を送ることで人を催眠状態にするものです。頭がぼーっとしている朝も催眠術と同じで、ぼーっとしているからこそ記憶できるのです。

朝の脳が記憶しやすい状態になっていることと、前頭前野がにぶっていることをうまく利用して、朝暗記科目の勉強をする。2つの脳の特性を活かして効率的に暗記ができるので、寝起きの状態で暗記するのは効果があると言えるでしょう。

前日暗記したことを朝復習する

 

もちろん、新しいことを覚えることだけでなく、前日に覚えたこともしっかり復習しないといけません。というのも、人間の記憶というのは1日経つと覚えたことの60%以上を忘れてしまうから。

忘れる前に何度も繰り返して思い出すことで、暗記した内容を脳に定着させることができるため、寝る前に覚えたことは朝復習し、記憶を定着させることが必要です。

人は睡眠をとることで記憶している

夜寝る前に暗記をするのも効果的。人間の脳は睡眠中に記憶の整理をして定着させる働きをしています。勉強して覚えたことはまず短期記憶として認識され、時間が経つを忘れていってしまいますが、これを忘れにくい長期記憶に変えていくことが必要なのです。

新しい記憶を定着させるには、6時間以上の睡眠が必要という研究結果もあるので、睡眠をしっかりとることも重要なポイント。寝ている間にも脳は働いているという意識を持ち、睡眠時間も確保していきましょう。

 

また、寝不足の状態が続くと、ストレスホルモンコルチゾールが増加し、血糖値や血圧をあげてしまします。これが慢性化すると内臓脂肪が増え、生活習慣病となってしまうので、学習環境を整えるという意味でも睡眠の重要性を再度お伝えしておきます。

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

暗記は時間制限のある朝にするのが効率的

 

早く起きて勉強するとはいえ、朝の時間というのはあくまでも1日の中の隙間時間。学校や仕事へ行く準備もしなければいけないため、限られた時間で勉強できるものを選ぶことも重要です。

じっくり考えないと解けない問題に取り組むよりも、朝の隙間時間には暗記をするのが効率的。前日覚えたことの復習も含めてやるのがいいでしょう。

 

また、英単語の暗記や数学の簡単な計算問題を解くのは、エンジンのかかっていない脳を起こすという意味でも効果的です。

通勤、通学の移動時間は暗記する時間にし、朝の限られた時間を有効活用しましょう。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

まとめ



























暗記を朝食前にするといい理由

・朝食前の暗記が効果的な理由その1 集中力と記憶力が高まるホルモンが分泌される      ・朝食前の暗記が効果的な理由その2 時間内にやり切る達成感を味わうことができる ・朝食前の暗記が効果的な理由その3 催眠術と同じ効果を利用して暗記できる

 

いかがでしたか?

時間のない朝も、隙間時間をうまく使って勉強に取り組んでいきましょう!

 

参考:忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です