効率的に学習するテクニック

効率的な資格試験の勉強法 記憶に残る暗記の法則と記憶の仕方を教えよう

 

勉強したことをしっかりと記憶に残すためには、目的意識を持って勉強することが必要不可欠。働きながら資格試験を目指す人にとって、勉強時間を確保するのは一番の課題ですよね。

勉強時間があまりとれないのなら、どんな方法で勉強すれば効率がいいのかを考える必要があります。

 

結論から言ってしまうと、一生懸命になりすぎて脳にプレッシャーを与えすぎてしまうと、勉強したことを記憶に残すことはできません。

リラックスした状態で勉強に取り組むことができれば、記憶力を高めながら勉強することができるのです。

 

今回の記事では、資格試験攻略のための勉強法をご紹介し、記憶に残る暗記力の高め方をお伝えしていきましょう。

記憶に残す勉強方法の大敵はストレス

 

勉強する上で一番重要なことは、覚えたことをしっかりと記憶に残すということ。時間をかけて勉強しても、問題を解くことができなければ点数を取ることはできません。

一生懸命になりすぎて、いろんなものを同時に勉強しようとしたり、何としてもその日のうちに覚えようとすることは、脳にとってはかなりのプレッシャー。

 

追い込まれて記憶することにストレスを感じた脳は、記憶のパフォーマンスが下がってしまいます。つまり、やりたくないと感じたり、難しいと感じたことは記憶に残りづらいのです。

結論から言ってしまうと、脳にストレスを与えることなく勉強したことを効率よく記憶に残すには、勉強時間を細かく分けることがポイント。

 

苦手なことや嫌いなことを長く続けても、勉強を好きになることはできません。楽しく勉強を続けていくためには、短い勉強時間を積み重ねていく方が効率がいいのです。

苦手な科目の勉強は、30分程度で終わりにしてみましょう。ポイントは、その30分で何を覚えるのか明確な目標を立てておくこと。

 

時間内に目標を達成することができれば、脳は成功体験を味わうことができ、やればできると感じることができるのです。

勉強時間が短いと、一度にたくさんの情報を覚えることはできませんが、短い勉強時間を積み重ねることで、確実に記憶した情報同士を関連付けて覚えることが可能になります。

 

ストレスを感じそうになったらそこで一旦勉強をやめ、覚えたことは何なのかを確認すると内容を理解することができるため、しっかりと記憶に残すことができるでしょう。

復習が記憶を定着させる

 

記憶の定着には復習する時間をしっかりとることが必要。というのも、記憶力は、勉強したことを繰り返し思い出すことで定着していくから。

例えば、授業で勉強した内容を授業中に理解できたと思っていても、時間が経ってしまうと全てを完璧に思い出すことは難しいですよね。

 

結論から言ってしまうと、勉強した内容を確実に記憶するには、勉強したことを思い出す時間を作ることがポイント。

勉強が終わって休憩に入る前には、今自分がどんなことを勉強したのか頭の中でザーッと思い出すといいでしょう。

 

短い時間で全体を思い出すことは、記憶の整理をすることにつながります。勉強したところまでの内容をしっかり理解しておけば、次に勉強する範囲の理解も早くすることができるのです。

忘れる前に思い出す習慣をつけておくことで、記憶の定着だけでなく、新しいことを理解するスピードも上げることができるでしょう。

 

参考:記憶定着のコツは復習のタイミングがポイント 勉強効率を上げる復習方法

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

勉強したら必ずアウトプットする

 

勉強したことを記憶に残すには、新しいことを覚えるだけではいけません。というのも、インプットした情報はアウトプットすることによって定着していくから。

思い出す作業もアウトプットの方法の1つ。忘れる前に思い出す習慣をつければ、完全に記憶に残っていないという状況を避けることができるのです。

 

効率よく記憶に残すには、勉強した後になるべく早い段階でアウトプットすること。自分が理解できたかどうかは、勉強したことを自分の言葉で説明することによって確認することができるのです。

説明できるようになるには、何度も繰り返すことが重要なポイント。繰り返した回数だけ記憶に定着しやすくなるので、隙間時間を利用して復習するといいでしょう。

 

アウトプットの方法で一番おすすめなのが、声に出してつぶやくこと。話すことは書くよりも早いため、何度も繰り返すことができるのです。

また、覚えることだけを書いたノートを作ることもおすすめの勉強法の1つ。今勉強すべきことが1冊のノートにまとめることによってゴールが明確になり、効率よく勉強を進めることができるでしょう。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

まとめ


























記憶に残る勉強法

・記憶に残る勉強法その1 脳にプレッシャーを与えない ・記憶に残る勉強法その2 忘れる前に復習する ・記憶に残る勉強法その3 自分の言葉でアウトプットできるようにする


いかがでしたか?

一度にたくさんのことをしようとしなくていいのです。効率的な勉強の仕方を身につけられれば、理解力も記憶力も高めることができますよ。

 

1つ1つ丁寧に実践していくところから始めましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です