効率的に学習するテクニック

文章暗記のコツ 短期間で長い文章を覚える方法と最強の暗記術を徹底解説

 

文章を暗記しなければいけない試験は、文章暗記のコツをつかんで勉強するのが一番です。長い文章を暗記しなければならない試験ってありますよね?

難しい単語が並んだ長い文章は、見るだけで暗記できるのか不安になってしまうのではないでしょうか。

 

どんなに長い文章であっても、コツさえつかんでしまえばストレスを感じることなく暗記することができるようになります。

暗記方法も基本を押さえることが重要。いきなり難しいことをしようとせず、基本的なことを丁寧に実践していくことがポイントです。

 

今回の記事では、短期間で長い文章を暗記するコツについてご紹介して行きましょう。

効果的な文章暗記のコツは?

 

結論から言ってしまうと、効果的な文章暗記のコツは、

自分の言葉に置き換えて覚えること。

 

難しい文章をそのまま覚えようとしても、なかなか覚えることはできないですよね?であれば、覚えやすい形に直すことが効率よく暗記するために必要なこと。

文章そのものの意味を理解することができなければ、自分の知識にすることはできません。というのも、意味を理解しないまま暗記することほど、忘れやすい記憶になってしまうから。

 

例え文章を丸暗記できたとしても、その文章がどんなことを言っているのか自分の言葉に置き換えることができなければ、文章の意味が理解できていないということなのです。

文章が難しくて理解できないなら、やさしい文章に置き換えた方が覚えやすいのは想像がつきますよね?

 

暗記してから理解しようとせず、理解してから暗記する方が、より記憶に残りやすいということを意識して暗記に取り組むといいでしょう。

文章暗記のコツは、思い出しやすい形で覚えること

 

文章暗記のコツは、長文を長文のまま覚えようとしないこと。自分の言葉に置き換えて暗記することも大切なのですが、文章は短い方が覚えやすいですよね?

当たり前のことですが、短い文をつなげていくと、長い文章にすることができます。つまり、文章を暗記するときには、長い文章を短く切って覚えるのが、効率よく暗記できる方法なのです。

 

また、文章として覚えづらいなら、図や表にしてみるのも効果的。文章として覚えるより、わかりやすい図や表の方がパッと目に入ってきたときに記憶に残りやすいですよね?

あるものをそのまま覚えようとせず、自分なりにわかりやすい形に変換して暗記することも、暗記力をつける上では必要な力となるので、できる工夫はどんどんしていきましょう。

 

さらに、真面目に勉強していないと思われがちですが、暗記する文章のページに落書きをするのも効果的な暗記方法。

落書きしたものが暗記する文章とかかわりを持ち、落書きした絵を思い出したらその文章を思い出せることもあるので、暗記力を高めるという意味では、関連付けて覚えられる落書きも役に立つことがあるのです。

文章暗記のコツは繰り返すこと

 

1回で覚えることのできる人は少ないです。文章の暗記に限らず、暗記の一番のコツは、覚えるまでにどれだけ多く繰り返すことができたかどうか。

繰り返す前には、今からどれだけの量を暗記するのか全体を把握しておくのがいいでしょう。学習計画を立てる上でも、全体を把握しておいた方が計画を立てやすいですよね。

 

全体が把握できたら、まず全体を流し読みします。今から覚える文章はこんな内容なんだということが大体把握できればいいので、じっくり読み込む必要はありません。

全体が把握できたら、章、ページ、パラグラフと徐々に範囲を狭めながら、読みすすめていきましょう。範囲が狭くなったところで、求められるのはスピードです。

 

スピードを意識して暗記する文章を何度も声に出してつぶやきます。そうすると、短時間に何度も暗記する文章を読むことになるので、脳が必要な情報と判断してくれやすくなるのです。

全体を一度で暗記しようとせずに、短い文章をできるだけ早く読む、そしてその文章をつぶやくことを意識すると、短時間でインプットとアウトプットを両方することができるので記憶に残りやすくなるでしょう。

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

わからなくてもすぐに答えを見ないのが文章暗記のコツ

 

文章を思い出すことができなくても、すぐに答えを見ないのが早く文章を暗記するコツです。というのも、思い出す力を鍛えることで暗記力をつけることができるから。

わからなければすぐ答えを見る勉強の仕方をしていては、試験本番で力を発揮することはできません。なぜなら、制限時間のある試験では、時間内に覚えたことを思い出すことが求めれるから。

 

わからないことがあったら、わからないところだけノートにメモしておくといいでしょう。わからないところに時間をかけても思い出す力を鍛えることはできないので、わからなかったところはノートを見ながら復習するのが効果的な学習方法です。

また、わかるところを何度も繰り返しても、脳は勉強した気になってしまって満足してしまうもの。できないところのみ繰り返して復習することで、本当に覚える必要があるものは何なのかを脳に示すことができるのです。

 

しかし、人間は忘れていく生き物。一度できたと思っても時間が経てば忘れてしまうので、できたところも含め、定期的に全体を見直す=思い出す時間を作ることを心掛けましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

まとめ



























文章暗記のコツ

・文章暗記のコツその1 難しい文章は自分の言葉に置き換えて覚える   ・文章暗記のコツその2 文章が分かりづらいなら、図や表にしてみる ・文章暗記のコツその3 全体を把握してから詳細に覚える

 

いかがでしたか?

文章に限らず、この暗記方法はいろんなところで応用することが可能です。覚え方を工夫して、暗記効率を上げていきましょう!

 

また、無駄なく短時間で暗記できる方法についてはこちらの記事でご紹介しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。
暗記に時間がかかるのはなぜ? 無駄なく短時間で大量に暗記する方法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です