効率的に学習するテクニック

暗記力は思い出す訓練で鍛えられる 最速で思い出す力を身につけよう!

 

これってどこで覚えたんだっけ?暗記したのは覚えているけど、内容を思い出すことができない・・・ということはありませんか?

試験勉強では大量の情報を覚えなくてはいけないため、暗記をした事実は覚えていても、どんな内容だったか時々思い出すことができなくなります。

 

暗記効率だけでなく、勉強効率を上げるためにも、いつどこでどんな風に暗記したかを覚えておくことは重要なこと。

記憶も整理整頓ができていないと、スムーズに思い出すことができないため、情報がごちゃ混ぜになる前にきちんと整理しておく必要があります。

 

暗記した情報を思い出す力を鍛えることも暗記力を高めるためのテクニック。暗記術を知っていると、暗記力だけでなく勉強効率も上げることができるのがいいところ。

訓練次第で身につけることができる暗記術は、試験合格を目指すみなさんには1つでも多く知っておいてもらいたいものです。

 

今回の記事では、暗記は覚えることよりも思い出すことの方が重要である理由について、お伝えしていきましょう。

暗記は思い出すのが重要な理由

 

結論から言ってしまうと、暗記は思い出すのが重要なのは、

試験の答案は、暗記したことを思い出して作っていくから。

 

新しい情報を覚えるときには、自分の覚えやすい方法で暗記していくことが重要ですが、覚えた情報をきちんと思い出す力をつけることが暗記の一番の目的。

一生懸命頑張って覚えることは素晴らしいことですが、暗記した情報を試験本番で思い出すことができなければ、何の意味もありません

 

むしろ、暗記したはずなのになぜできなかったのか、思い出すことさえできていたら、解けていた問題なのに・・・と後悔することは目に見えています。

試験本番で試されるのは、どれだけ多くの情報を覚えたかではなく、覚えた情報をいかに素早く思い出すことができるのか。そのためには、思い出す訓練を普段からしておく必要があります。

 

もちろん、新しい情報をきちんとインプットすることも大切なのですが、覚えるときも、スムーズに思い出すことができるようにインパクトのある方法で覚えることがポイント。

インパクトのある方法で覚えれば、どんなことを暗記したのかを関連付けて思い出すことができますよね?

 

では、どのような方法で新しい情報をインプットすれば、暗記したことをスムーズに思い出すことができるのでしょうか。

後から思い出すことを考えて暗記しよう

 

暗記は記憶の整理をして思い出すことが重要なのですが、インプットするときにインパクトのある覚え方をした方が長く記憶に残ります。

例えば、長い文章を暗記するとき、ただ読んで覚えようとしてもなかなか覚えることはできませんが、覚える時に暗記する内容をストーリー化し、頭の中でイメージして覚えると、イメージしたことを思い出すことによって記憶から情報を引き出すことができます

また、誰かに覚えたことを説明したり、暗記できているか確認するために問題を出し合ったりすると、自分でも覚えられたかどうかの確認が同時にできるので、一緒にいた人と覚えたことが関連付けられ、記憶に残りやすくなるでしょう。

 

ポイントは、新しい情報をインプットする時に、今自分は暗記をしているという意識を持っって取り組むこと。

脳がただの行動として認識してしまうと、その記憶は長時間覚えておくことにできない記憶として分類されてしまうため、「今」覚えようとしていることを意識するといいでしょう。

 

【必見!】確実な記憶力を最短で身につける方法はこちらをクリック!

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

暗記したことを思い出す訓練をする

 

新しい情報をしっかり覚えることができたら、思い出す訓練をすることのが暗記をする上で一番重要なポイント

初めて自転車に乗る時には、何度も転びながら練習を繰り返し、一人で自転車に乗ることができるようになりますよね?

 

自転車に乗らない期間が長く続くと、体か乗った時の感覚を忘れてしまい、また一から練習しなければならなくなるのと同じように、暗記も繰り返して忘れないようにすることが肝心です

人間は忘れていく生き物なので、定期的にインプットした情報を思い出す訓練をすることが必要不可欠

 

全て忘れてしまう前に、定期的に思い出す習慣をつけておきましょう。では、どのような方法で繰り返し復習すればいいのでしょうか。

思い出す時はスピード感を意識する

 

試験は制限時間があるため、暗記した情報を素早く思い出すことが重要です。そのため、普段復習をするときも、スピード感を持って思い出す訓練をするといいでしょう

例えば、制限時間1時間で解かなければいけない問題を45分以内に解いてみたり、英単語100個の意味を10分以内に答えるといったように、時間を意識するようにします。

 

たとえそのとき全部できなくても、できなかったところに線を引いたり付箋を貼ったりして、次に復習する時はできなかったところのみ集中的に見直します。

できるものに時間をかける必要はないので、できなかったところのみ集中的に復習すると、時間を効率的に使うことができるでしょう

 

また、できなかった問題を集中的に覚え直すことによって、次に同じ問題が出た時にスムーズに思い出すことができ、点数をとることができるのです。

さらに、暗記以外の問題に時間をかけることができるので、タイムマネジメント能力も同時に鍛えることができるでしょう

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

まとめ



























暗記は思い出すのが重要な理由

・思い出すのが重要な理由その1 試験では思い出すことが求められるから      ・思い出すのが重要な理由その2 繰り返して復習しないと脳は忘れてしまうから ・思い出すのが重要な理由その3 暗記以外の問題に時間を長くとることができるから

 

いかがでしたか?

思い出すスピード次第で、試験のできも変わってきます。素早く思い出すトレーニングを重ね、時間配分を意識した試験対策をしていきましょう。

 

参考:勉強が大の苦手だった私が、国際会議に出れるほどの英語力を手にした秘密を全て話そうと思う

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です