効率的に学習するテクニック

エピソード記憶が優れている人の特徴 思い出す力が強い人が試験に勝つ!

 

細かいことまで詳細に覚えているのは、エピソード記憶が優れている人の特徴です。どうしてそんなことまで詳細に覚えているのか不思議なくらい記憶力がいい人っていますよね?

記憶力が得意な人は、意識して覚えようとしなくても覚えられるコツを知っているため、それほど努力をしなくても自然と記憶に残すことができる人。

 

自分にもそんな記憶力があったら、勉強で苦労することもないだろうと思うかもしれませんが、あなたも記憶力を高めることができます。なぜなら、記憶力は高めることができる技術だから。

様々な記憶術や、暗記の仕方などのテクニックがあるのを知っていても、実際にやってみないことには身につけることはできません。

 

優れた記憶力を手に入れたいなら、あなたが今すぐすべきこと。それは、

知識を得たらすぐに実践してみること。

 

あなたが行動を変えない限り未来は変わりません。今の現状を変えたいなら、すぐに実践することが必要です。

今回の記事では、エピソード記憶が優れている人の特徴をまとめ、すぐに実践できる記憶力を高める方法をご紹介していきましょう。

エピソード記憶とは?

 

エピソード記憶とは、経験に基づいた記憶のこと。楽しかったエピソードは、記憶に残しておこうと意識しなくても覚えているものですよね。

エピソード記憶の優れているところは、覚えようとしなくても覚えられる以外に、何度も繰り返さなくても1回で覚えられる記憶であるということ。

 

人間の記憶は、大きく分けると短期記憶と長期記憶という2種類の記憶に分類されるのですが、短期間しか覚えておくことのできない短期記憶を長期間覚えておくことのできる長期記憶に変えるためには、何度も繰り返して脳に必要な記憶と判断させる必要があります。

しかし、脳が必要な情報と判断させるためにはいくつかポイントがあり、脳がストレスを感じない形に変換して覚えることが必要。

 

自分の経験は、意識して覚えておこうとしなくても、何となくこんなことがあったなと思い返すことができますよね?

つまり、自然に思い出せる形で覚えることができれば、脳にストレスを与えることなく経験を記憶に残すことができるため、エピソード記憶を鍛えるのは、効率のいい勉強方法ということができるでしょう。

参考:長期記憶を鍛える方法 記憶のメカニズムを利用した記憶力向上トレーニング

 

記憶力の優れている人は、覚えることを自分のエピソード(経験)としてとらえて覚える能力が優れているのです。

では、エピソード記憶を鍛えるためには、どんなことをすればいいのでしょうか?

優れたエピソード記憶を身につけるためにできること

 

結論から言ってしまうと、優れたエピソード記憶を身につけるためには、

んなことも経験として置き換えて記憶すること。

 

勉強は経験ではないから、エピソード記憶を鍛えることはできないと思うかもしれませんが、どんな覚え方をしたかによって、勉強したことをエピソードにすることができるのです。

毎日机に向かって、同じスケジュールで試験勉強をしていては、昨日は何を勉強したの?と聞かれても、すぐに答えることはできませんよね?

 

でも、印象に残る方法で覚えれば、どんな覚え方をしたのかというのがエピソードとなり、記憶に残りやすくなるのです。

五感を使って覚える

 

印象に残る覚え方で一番簡単な方法は、五感を使って記憶する方法。なぜ五感を使って覚えると印象に残りやすいのかというと、脳に刺激を与えることができるから。

例えば、ただ書くだけよりも、書きながら音読すれば脳を刺激することはもちろん、耳からも覚える情報を聴くことができるので、記憶に残すにはとても優れた方法ということがで来ます。

 

ポイントは、書く+音読、読む+イメージする、聞く+書くといったように、2つ以上の感覚を組合せて覚えると、脳を刺激することができるので、効果的に覚えることができるでしょう。

この覚えた時の方法がエピソードとなるため、どんな覚え方をして覚えたことなのかを思い出しやすくなるのです。

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

覚えたことをアウトプットする

 

インプットした情報は、アウトプットすることによって記憶に定着するもの。すぐにアウトプットした方が記憶に残りやすいため、エピソードを早く作ってしまった方が有利です。

例えば、自分が勉強したことを理解できているかどうか、誰かに聞いてもらうこと。誰かに説明したというエピソードと記憶した内容が結びつき、記憶を引き出す助けとなるでしょう。

参考:記憶の定着にはアウトプットが重要 暗記効率を上げる勉強法はこれだ!

場所を変えて覚える

 

毎日同じ方法で勉強を続けていると、脳はその状態に飽きてしまって眠気を感じやすくなってしまいます。というのも、脳に与える刺激が少ないと、覚えようとする力が弱くなってしまうから。

脳に刺激を与えるには、場所を変えて勉強するのもいいでしょう。勉強する科目によって勉強する場所を変えれば、それも1つのエピソードとなり、記憶に定着させることができるのです。

まとめ


























優れたエピソード記憶を身につける方法

・エピソード記憶を身につける方法その1 どんなこともエピソード化して覚える ・エピソード記憶を身につける方法その2 五感を使ってエピソード化する ・エピソード記憶を身につける方法その3 アウトプットしてエピソード化する


いかがでしたか?

記憶力を高めるには、思い出す力を鍛えることが重要。そして、思い出しやすい形にして覚えるには、エピソード化して覚えることが、脳に負担をかけるとことなく、短期記憶を長期記憶に変換するテクニックなのです。

 

覚え方を工夫して、長く記憶に残す記憶術を身につけましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です