効率的に学習するテクニック

【社労士試験対策】条文暗記にもおすすめな暗記カードの使い方

 

社労士試験の勉強は暗記が中心。暗記のためのアイテムとして、暗記カードを使って勉強する人も多いですよね。

働きながら社労士試験合格を目指しているなら、時間を有効活用しなければ勉強時間を確保することができません。

 

仕事から帰ってきて疲れているところに、大量の情報を暗記しなければならないのは、心が折れそうですよね。そのため、絶対合格するという明確な目標を持って勉強しなければ、勉強を継続することはできません。

さらに、暗記には集中力を使います。暗記する量が多いのですから、ダラダラ勉強していては時間ばかり過ぎてしまって、覚えることを頭に入れることができなくなってしまうもの。

 

暗記量も多い上に、集中力を保って勉強しなければいけないなんて、どんな方法で勉強したらいいかわからないですよね?

今回の記事では、集中力を保って暗記効率を高めたいあなたのために、学習スピードが確実に加速する暗記の仕方をご紹介していきましょう。

最速で覚えられる暗記カードの作り方と使い方

 

暗記カードのいいところは、持ち歩きやすいサイズ感。覚えるべきことがカードの両面に書かれているため、隙間時間を利用してどこにいても使うことができます。

社労士試験では条文の暗記が多いので、英単語などを覚えるときに使う暗記カードよりも大きめのサイズのカードを選ぶのがおすすめ。

 

というのも、小さいカードにいろんな情報がごちゃごちゃ書かれていると、脳は覚えるべき情報が整理されていないと認識してしまい、覚えることにストレスを感じてしまうから。

脳がストレスを感じてしまうと、覚えるスピードも落ちてしまうため、暗記カードを使うときには、大きめのカードにゆとりをもって書くといいでしょう。

 

社労士試験対策として暗記カードを作る時のポイントは、

覚えられないことだけをまとめた暗記カードを作ること。

 

覚えるべき条文を全て書き写して暗記カードを作っていては、時間がいくらあっても足りません。

むしろ、参考書には条文がそのまま書かれているため、わざわざ覚えるために暗記カードを作らなくても、参考書を読めば勉強できてしまいますよね?

 

無駄のない勉強をするためには、今やろうとしていることが本当に必要なことなのかを考える必要があるのです。

また、暗記カードを作るときには、大きめの暗記カードを選ぶのがおすすめ。関連する情報を1枚のカードに書くことができるので、暗記効率を上げることができるのです。

 

というのも、法律の条文のように難しい文章を丸暗記しなければならない場合は、関連するものと併せて覚えた方が、それを思い出す時に芋づる式にいろんな情報を一度に記憶から引き出すことができるから。

ポイントは、自分で文字を書いて暗記カードを作ること。印刷された文字よりも、自分で手を動かして書いた文字は記憶に残りやすいのです。

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

スピードを重視した暗記カードの使い方

 

暗記カードを使って勉強するときは、スピードを意識するといいでしょう。というのも、暗記したいことを脳に定着させるには、何度も繰り返すことが重要だから。

選択問題対策として、重要な用語を穴埋めにしてカードを作ったり、暗記シードを使って暗記ができるように、暗記するところを色ペンで書くといった作り方がありますよね?

 

暗記カードを使って勉強するときは、わからない問題は時間をかけて考えるのではなく、すぐにカードの反対側に書かれている答えを見てしまいましょう。

長い時間考えても、答えを思い出せるとは限りません。時間を無駄にしないためにも、わからないなら答えを見て覚えるのが効果的。

 

暗記カードを使って繰り返し勉強することで、答えを思い出すスピードと記憶に定着させる効率を上げることができるでしょう。

同じような方法で、暗記すべきことをノートにまとめた暗記ノートを作るのもおすすめです。興味のある人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

公務員試験対策におすすめ 記憶を引き出す暗記ノートの作り方

>>【日本初上陸!】集中力アップサプリメントはこちらをクリック

社労士試験突破のポイントは速読力と暗記力

 

暗記カードを使い、早く何度も繰り返すことは社労士試験対策に必要なことですが、暗記のスピードと同時に理解のスピードを上げることが重要。

結論から言ってしまうと、理解のスピードを上げるのに必要なことは、

早く読む力を鍛えること。

 

参考書を読む時をはじめ、ノートを見直す時、問題を解く時には必ず文章を読んで理解しようとしていますよね?

読むスピードが遅ければ、1つのことを勉強するのにかかる時間も増えてしまうし、理解する力が弱ければ、ただの丸暗記になってしまうため、長い時間記憶に残すことができません。

 

そのため、早く理解することのできる速読力を鍛えれば、勉強のスピードを一気に加速することができるのです。一度この技術を身につけてしまえば、試験以外のあらゆるところで役立てることができるでしょう。

試験に役立つ速読力を鍛える方法はこちら

まとめ



























社労士試験のための暗記カードの使い方

・暗記カードの使い方その1 本当に暗記が必要な内容のみを書く ・暗記カードの使い方その2 大きめのカードに書いて何度も繰り返し見る ・暗記カードの使い方その3 わからなければ答えを先に覚える

いかがでしたか?暗記する量は増やそうとしないこと。意識して暗記しなくても早く理解する力をつけて、学習効率を上げて行きましょう。

 

社労士試験にゼロから短期一発合格するツボ式学習法 ~独学でも最短合格可能な完全プログラム~ 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です