効率的に学習するテクニック

記憶力を良くする方法 脳をストレスから解放して記憶力を高める方法を徹底解説

 

記憶力を良くする方法が分かれば、あなたの人生は確実に加速していきます。あなたは今、資格試験や昇進試験などの試験合格を目指していることと思いますが、なぜ記憶力を良くする方法が分かれば人生が加速すると思いますか?

それは、試験に合格して初めて、あなたが目指す人生のスタート地点に立つことができるから。試験に合格することは、単なる通過点でしかありません。

 

記憶力を鍛えるメリットは、集中力、理解力、発想力などを同時に鍛えることができるため、自然と頭の回転を速くする訓練ができるということ。

これらの力を身につけることによって、試験をクリアしたあなたが活躍できる場面が広がっていくのです。記憶力を鍛え、あなたの人生を加速させていきましょう。

 

今回の記事では、記憶力を良くする方法をまとめてご紹介していきます。

記憶力を良くするのに効果的な方法は?

 

結論から言ってしまうと、記憶力を良くする方法で効果的なのは、

脳をストレスから解放すること。

 

記憶のテクニックを身につける前に、脳を記憶しやすい状態に整えないことには、いくら覚えようとしてもしっかりと記憶することができません。

脳が新しいことを覚えやすい状態は、リラックスしているということ。というのも、脳はストレスを感じると覚える力が弱くなってしまうから。

 

脳にストレスを与える要素があるなら、それを取り除くことが記憶力を良くする近道です。では、脳のストレスを取り除くためには、どんなことをすればいいのでしょうか。

脳のストレスを取り除いて記憶力を良くする方法

 

ストレスの原因を取り除くことは、記憶力を良くする方法の基本。まずは、あなたの脳が心地いいと感じる状態を把握しておかなければなりません。

やりたくてもできなかったり、我慢しなければならないようなことがあると、脳はすぐにストレスを感じてしまうもの。

 

ルールが多いと窮屈に感じてしまうのと同じように、我慢することは脳にもストレスを与えてしまうのです。

まずは毎日の生活を見直し、どのようなことが脳にストレスを与えてしまっているのかを知ることから始めていきましょう。

睡眠時間は足りている?

 

しっかりと睡眠時間を確保することは、勉強をする上で重要なこと。というのも、いくら一生懸命新しいことを覚えても、それを記憶に残すことができなければ全く意味がないのです。

人間の記憶には、大きく分けると短期記憶と長期記憶という2種類の記憶があるのですが、勉強したことをしっかりと脳に定着させるためには、長期記憶を増やして行く必要があります。

 

勉強してすぐに理解したと感じるのは、新しい情報が短期記憶として認識されたから。しかし、短期記憶は文字からも分かるとおり、長い間覚えておくことができない記憶。

短期記憶を脳にしっかりと定着させて長期記憶へと変えていくためには、その情報が必要な情報であると脳に判断させる必要があるのです。

 

脳が必要な情報と判断するには、何度も繰り返して脳に呼びかけることが必要。命にかかわるような重要な情報は長期記憶として認識されますが、勉強したことを長期記憶として定着させるには、繰り返すことが重要なのです。

また、脳は睡眠中に記憶の整理をしており、短期記憶が長期記憶へと変えられていくのも睡眠中に行われているので、記憶力を良くしたいのであれば、睡眠時間を削ってまで勉強するのは逆効果。

 

睡眠を十分にとらずに眠い目をこすりながら勉強しても、勉強したことが頭に入ってこないばかりか、集中力が続かなかったり、イライラしたりするので、いいことはありません。

脳に十分な休息を与え、記憶の整理をする時間を作る睡眠時間を確保するほうが、記憶力を良くする最善の方法と言うことができるでしょう。

 

6時間以上睡眠時間を確保することができれば、脳もリフレッシュした状態になるため、ストレスなく新しいことを覚えることができるでしょう。

参考:睡眠は記憶の整理と定着の時間 睡眠と勉強の関係を理解して記憶力を高めよう

栄養は足りている?

 

記憶力を良くする方法は、勉強だけではありません。脳に栄養が足りていないと、脳に効率よく記憶を定着させる力も落ちてしまうのです。

脳に必要な栄養素を取り入れる食生活を意識することも、記憶力を良くする方法の1つ。時間のない朝も、しっかりと朝食をとって勉強すると勉強もはかどるでしょう。

 

特におすすめなのは、サバ、サンマ、イワシなどの青魚。脳を活性化させて血液をサラサラにする効果のあるDHAやEPAを豊富に含む青魚は、食べ続けることによって記憶力をアップさせる効果があるのです。

毎日食べることが難しい場合は、DHAやEPAのサプリメントから摂取するといいでしょう。

参考:記憶力がアップする食べ物 脳を活性化する食べ物で記憶力を高めよう

 

【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!?

 

好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね?

でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。

 

だけど・・・

やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか?

 

そうなんです。勉強するための時間や場所は確保することができても、あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。それが、

 

集中力。

 

とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。

今やるべきことは、限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。

 

そんなあなたにご紹介したいのが、サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、ADLER04(アドラーフォー)という集中力アップサプリメント。

 

ADLER04(アドラーフォー)ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。

このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。

 

植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。

このサプリメントのすごいところは、高次元集中力を3時間維持できるということ。

 

今なら期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。

 

 

あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください!

 

 

リラックスする時間は足りている?

 

脳をストレスから解放する時間を意識的に作るのも、記憶力を良くする方法。集中して勉強したら、必ず休憩時間を作り、脳をリフレッシュさせることが必要です。

クラシック音楽を聴いたり運動したりすることは、脳をリラックスさせる効果があるだけでなく、記憶力を高める効果もあるので、積極的に取り入れていくといいでしょう。

参考:暗記力を高めるには運動をすべき! 筋トレ直後は暗記効果が上がる?

まとめ


























記憶力を良くする方法

・記憶力を良くする方法その1 しっかりと睡眠をとる ・記憶力を良くする方法その2 しっかりと栄養をとる ・記憶力を良くする方法その3 リラックスする時間を作る


いかがでしたか?

机に向かって勉強し続けることだけが、記憶力を良くする方法ではありません。生活習慣を見直して、記憶しやすい生活スタイルを意識していきましょう。

参考:→忙しい社会人でも1日1時間で合格できる究極の勉強法

 

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です